木曽駒ヶ岳 爆風で撤退-2021-01-03

2021.01.03(日) 日帰り
デラ坊や
デラ坊や

活動詳細

もっと見る

2021年の登り始めは木曽駒ヶ岳へ山友A氏と。 西駒山荘を使って、桂小場へ下山する1泊2日の予定。 駒ヶ根駅前に車を止めて、バスでロープウェイのしらび平駅へ。乗ったのは我々2人のみ。 しかし、菅の台でチェーン付のバスに乗り換えると、マイカー組がドッと乗ってきて満車に。 ロープウェイ乗り場で待機している時に装備を見ると、ほとんどが日帰りのようです。泊は我々含めても2組くらいか? あっという間に標高2612m。気温ー16℃。一歩外に出れば厳寒の冬山です。ロープウェイの力は偉大です。 風はほとんどなく、視界も先に登っている人が確認できるレベルです。さっそく登り始めますが、トレースの脇は余裕で膝以上の積雪。年末年始の人で踏み固められていることを期待していましたが、新雪が予想以上で今日の先頭の人はかなり大変だったと思います。事実、乗越浄土を前に大渋滞、止まっていることが多く宝剣山荘まで1h30mかかりました。 ところが、ここから立っているのも難儀するくらいの爆風。山荘の軒下で休憩し再出発しますが、正直方向を見失うくらい。心が完全に折れて「撤退かなぁ」と思っていると、山友A氏から「中岳まで頑張ろうか?」という発言が!!ハイ、行きます、師匠が行くなら。 しかし、風はすさまじくゴーグルを持っていない自分はまともに目が明けられず、山友A氏はゴーグル内が凍って見づらく、やむなく撤退となりました。 下山も仲間?!が多く、正直あのロープウェイに乗っていた人の中で何人が先に行ったんだろう? 撤退は悔しいが、安全第一ですから仕方ないです。いろいろと課題も見つかり、いい経験になった2021年登り始めでした。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす