大平山〜登り納めはお散歩で

2020.12.31(木) 日帰り
バンビ
バンビ

大晦日。 改めてアップしますが二日連続の大平山。 今回は仁井田神社から散歩に行ってまいりました。 仁井田地区の方々は津波の際の避難路となるわけですが……結構、傾斜、キツいっス。 愛宕山経由ではなく大平山直登、砲台跡から引き返し、アスレチックな下りへ。 小学校には向かわず再び登り、愛宕山まで。 ここも急登なので、小学生の避難路としてはキツいかも。 愛宕山から観る種崎は最高だわ! 帰り、夕日が沈むのを観に五台山へ。 んが、雲に隠れてしまいましたとさ……。 寒波でめっちゃ寒い年末年始になりそうです。 皆様、風邪っひきには気をつけて良いお年をお迎えください!

仁井田神社から東にある登山口。

仁井田神社から東にある登山口。

仁井田神社から東にある登山口。

取り付きは竹林。

取り付きは竹林。

取り付きは竹林。

階段と土の道が続きます。

階段と土の道が続きます。

階段と土の道が続きます。

岩々しい道。歩きやすい。

岩々しい道。歩きやすい。

岩々しい道。歩きやすい。

左に行くと愛宕山、今回はトラバースで山頂へ。

左に行くと愛宕山、今回はトラバースで山頂へ。

左に行くと愛宕山、今回はトラバースで山頂へ。

稜線に合流。

稜線に合流。

稜線に合流。

東へ向かいます。

東へ向かいます。

東へ向かいます。

山頂。ひっそり。

山頂。ひっそり。

山頂。ひっそり。

相方は、サッサと行ってしまうのであった……。

相方は、サッサと行ってしまうのであった……。

相方は、サッサと行ってしまうのであった……。

三角点と四国山地。

三角点と四国山地。

三角点と四国山地。

剣山方面は雪雲に覆われています。

剣山方面は雪雲に覆われています。

剣山方面は雪雲に覆われています。

サクッと砲台跡へ。怖い展望台。

サクッと砲台跡へ。怖い展望台。

サクッと砲台跡へ。怖い展望台。

床、若干グラつきます。

床、若干グラつきます。

床、若干グラつきます。

嶺北は雪が無さそう。

嶺北は雪が無さそう。

嶺北は雪が無さそう。

砲台跡。

砲台跡。

砲台跡。

今日は昨日以上に視界くっきり。地元が見えます。

今日は昨日以上に視界くっきり。地元が見えます。

今日は昨日以上に視界くっきり。地元が見えます。

仁井田のビニールハウス群から宇佐方面まで綺麗に見えます。

仁井田のビニールハウス群から宇佐方面まで綺麗に見えます。

仁井田のビニールハウス群から宇佐方面まで綺麗に見えます。

帰りはアスレチック。

帰りはアスレチック。

帰りはアスレチック。

所々落ち葉が深い場所も。

所々落ち葉が深い場所も。

所々落ち葉が深い場所も。

手書き!

手書き!

手書き!

藤井のツヨロン(笑)。胴綱を使ってロープ代わりにしちゅうがな。

藤井のツヨロン(笑)。胴綱を使ってロープ代わりにしちゅうがな。

藤井のツヨロン(笑)。胴綱を使ってロープ代わりにしちゅうがな。

左に行くと三里小学校。

左に行くと三里小学校。

左に行くと三里小学校。

手書きだよ!

手書きだよ!

手書きだよ!

キツい下りからのキツい登り。

キツい下りからのキツい登り。

キツい下りからのキツい登り。

壁だわ。

壁だわ。

壁だわ。

木段を過ぎると……

木段を過ぎると……

木段を過ぎると……

分岐へ。

分岐へ。

分岐へ。

次の分岐を愛宕山へ。左に行くと登山口。

次の分岐を愛宕山へ。左に行くと登山口。

次の分岐を愛宕山へ。左に行くと登山口。

観音堂。

観音堂。

観音堂。

また撮る。

また撮る。

また撮る。

歴史を感じる。

歴史を感じる。

歴史を感じる。

意味を知りたい。

意味を知りたい。

意味を知りたい。

帰路。朽ちた神社跡。

帰路。朽ちた神社跡。

帰路。朽ちた神社跡。

住宅地まで下りて来ました。

住宅地まで下りて来ました。

住宅地まで下りて来ました。

遊歩道にしてはキツいわ(笑)。

遊歩道にしてはキツいわ(笑)。

遊歩道にしてはキツいわ(笑)。

帰りに寄った仁井田神社。御神木の楠がハンパねぇ。

帰りに寄った仁井田神社。御神木の楠がハンパねぇ。

帰りに寄った仁井田神社。御神木の楠がハンパねぇ。

700歳です。

700歳です。

700歳です。

手水。コロナ対策が取られ、優雅に花を浮かべていたり。

手水。コロナ対策が取られ、優雅に花を浮かべていたり。

手水。コロナ対策が取られ、優雅に花を浮かべていたり。

立派。

立派。

立派。

五台山からは夕焼けを楽しみましたが、クソ寒いので早々に撤退。

五台山からは夕焼けを楽しみましたが、クソ寒いので早々に撤退。

五台山からは夕焼けを楽しみましたが、クソ寒いので早々に撤退。

一応、市内方面。

一応、市内方面。

一応、市内方面。

仁井田神社から東にある登山口。

取り付きは竹林。

階段と土の道が続きます。

岩々しい道。歩きやすい。

左に行くと愛宕山、今回はトラバースで山頂へ。

稜線に合流。

東へ向かいます。

山頂。ひっそり。

相方は、サッサと行ってしまうのであった……。

三角点と四国山地。

剣山方面は雪雲に覆われています。

サクッと砲台跡へ。怖い展望台。

床、若干グラつきます。

嶺北は雪が無さそう。

砲台跡。

今日は昨日以上に視界くっきり。地元が見えます。

仁井田のビニールハウス群から宇佐方面まで綺麗に見えます。

帰りはアスレチック。

所々落ち葉が深い場所も。

手書き!

藤井のツヨロン(笑)。胴綱を使ってロープ代わりにしちゅうがな。

左に行くと三里小学校。

手書きだよ!

キツい下りからのキツい登り。

壁だわ。

木段を過ぎると……

分岐へ。

次の分岐を愛宕山へ。左に行くと登山口。

観音堂。

また撮る。

歴史を感じる。

意味を知りたい。

帰路。朽ちた神社跡。

住宅地まで下りて来ました。

遊歩道にしてはキツいわ(笑)。

帰りに寄った仁井田神社。御神木の楠がハンパねぇ。

700歳です。

手水。コロナ対策が取られ、優雅に花を浮かべていたり。

立派。

五台山からは夕焼けを楽しみましたが、クソ寒いので早々に撤退。

一応、市内方面。

類似するルートを通った活動日記