吉田の山城巡り&ピーク4座

2020.12.26(土) 日帰り
こーきち
こーきち

活動データ

タイム

07:03

距離

29.4km

上り

1508m

下り

1529m

活動詳細

もっと見る

戦国大名毛利元就のお膝元、旧吉田町方面の山城跡を中心に軌跡を北に延ばしてきました😁 今回のルート 入江BS(広電バス)⇒桂城跡⇒星ケ城跡⇒烏帽子山⇒多治比猿掛城跡⇒光井山(光井山城跡)⇒郡山城登山道⇒甲山⇒高小屋山⇒妻坂峠⇒五龍城跡⇒甲立駅 トレランシューズちびるのケチって、ランニング用と交互に履き替えたから荷物が重くてパンパン💦 やっぱロードとトレイル(しかも道無し💦)のごちゃ混ぜはシンドイな😅 いずれのピークも地図読みが必要なためレベルを中級者にしてます。

千代田堂床山 まずは江の川を眺めながらスタート!
まずは江の川を眺めながらスタート!
千代田堂床山 今日はここを起点に北に軌跡を延ばしますよ🎵
この標識が何のレポで出てきたか分かった人はよく読み込んでくれてる証拠😆
今日はここを起点に北に軌跡を延ばしますよ🎵 この標識が何のレポで出てきたか分かった人はよく読み込んでくれてる証拠😆
千代田堂床山 さっそく最初の山城が見えてきた🎵
さっそく最初の山城が見えてきた🎵
千代田堂床山 まずは桂城へ登城🏃
毛利氏家臣、桂広澄によって築かれたらしい。
まずは桂城へ登城🏃 毛利氏家臣、桂広澄によって築かれたらしい。
千代田堂床山 標高差が少なくてすぐ着きそう🎵
標高差が少なくてすぐ着きそう🎵
千代田堂床山 稜線に出ると説明板があった🎵
稜線に出ると説明板があった🎵
千代田堂床山 三角点のある東城から攻めてみよう😁
三角点のある東城から攻めてみよう😁
千代田堂床山 広々~🎵
広々~🎵
千代田堂床山 四等三角点 中山城(なかやまじょう) 294.80m
四等三角点 中山城(なかやまじょう) 294.80m
千代田堂床山 江の川を挟んでこっち側は表桂、対岸は向桂っていう地名みたいです🎵
江の川を挟んでこっち側は表桂、対岸は向桂っていう地名みたいです🎵
千代田堂床山 お次は反対側の西城へ、こっちには矢竹も生えてました!
どちらも整備が行き届いてますね😄
お次は反対側の西城へ、こっちには矢竹も生えてました! どちらも整備が行き届いてますね😄
千代田堂床山 次は国道を挟んで星ヶ城跡へ🏃
次は国道を挟んで星ヶ城跡へ🏃
千代田堂床山 お寺の掲示板は、いつも見かける内容とちょっと違う感じ(笑)
お寺の掲示板は、いつも見かける内容とちょっと違う感じ(笑)
千代田堂床山 ここを開けて進入😁
ちなみに車でも入れますよ☝️
ここを開けて進入😁 ちなみに車でも入れますよ☝️
千代田堂床山 おお👀‼️櫓付きの立派な城門ですね✨
おお👀‼️櫓付きの立派な城門ですね✨
千代田堂床山 ここからが登山道🎵
ここからが登山道🎵
千代田堂床山 階段がちと歩きにくい💦
階段がちと歩きにくい💦
千代田堂床山 展望台へ🏃
展望台へ🏃
千代田堂床山 桜の木がたくさんあるのでお花見🌸シーズンに良さそう🎵
桜の木がたくさんあるのでお花見🌸シーズンに良さそう🎵
千代田堂床山 さっき登った桂城も見下ろせます🎵
さっき登った桂城も見下ろせます🎵
千代田堂床山 星ヶ城跡の説明板
星ヶ城跡の説明板
千代田堂床山 秋は秋で🍁楽しめそうじゃね(^^♪
秋は秋で🍁楽しめそうじゃね(^^♪
千代田堂床山 下山は別コースで降りま~す🎵
でも倒木が多かった💦
下山は別コースで降りま~す🎵 でも倒木が多かった💦
千代田堂床山 いきなり目の前になんか現れたヨ👀‼️
いきなり目の前になんか現れたヨ👀‼️
千代田堂床山 櫓の再現ですかね‼️
鐘も吊るされてて登れそうだけど老朽化してそうだからやめとく😅
櫓の再現ですかね‼️ 鐘も吊るされてて登れそうだけど老朽化してそうだからやめとく😅
千代田堂床山 次の山目指しま~す🏃
ってロード長いんじゃ~😩💦
次の山目指しま~す🏃 ってロード長いんじゃ~😩💦
千代田堂床山 やっと次の登山口💦
やっと次の登山口💦
千代田堂床山 峠近くまではコンクリ道
峠近くまではコンクリ道
千代田堂床山 水道施設かな?フェンスの向こうから取り付く、ここから2つ目の鉄塔までは道無し。
水道施設かな?フェンスの向こうから取り付く、ここから2つ目の鉄塔までは道無し。
千代田堂床山 巨大風呂、いやプールサイズでした‼️🐗さん一家は上流家庭かな?羨ましい~😁
巨大風呂、いやプールサイズでした‼️🐗さん一家は上流家庭かな?羨ましい~😁
千代田堂床山 鉄塔があって巡視路に期待したけど進みたい方向には無かった😅
鉄塔があって巡視路に期待したけど進みたい方向には無かった😅
千代田堂床山 そしてめっちゃ急登💦
そしてめっちゃ急登💦
千代田堂床山 烏帽子山までは地図に現れないようなピークが3、4つありその度に騙されました💦
烏帽子山までは地図に現れないようなピークが3、4つありその度に騙されました💦
千代田堂床山 そしてやっと鬱陶しい松や灌木の中に三角点発見👀
そしてやっと鬱陶しい松や灌木の中に三角点発見👀
千代田堂床山 三等三角点 中島(なかじま) 528.76m
三等三角点 中島(なかじま) 528.76m
千代田堂床山 時折、鹿と遭遇します💦
こんなに下草が生えてないのは鹿の食害のせいでもあるんかなー?
時折、鹿と遭遇します💦 こんなに下草が生えてないのは鹿の食害のせいでもあるんかなー?
千代田堂床山 この山2つ目の鉄塔の所で開けました🎵
この山2つ目の鉄塔の所で開けました🎵
千代田堂床山 この方向の麓らへんに吉田サッカー公園があります。仕事移動の休憩の際に立ち寄ると、サンフレッチェ広島の選手が練習してます⚽
この方向の麓らへんに吉田サッカー公園があります。仕事移動の休憩の際に立ち寄ると、サンフレッチェ広島の選手が練習してます⚽
千代田堂床山 ここから巡視路があるんだけど、粘土質でズルズル滑るし途中から不明瞭になった💦
ここから巡視路があるんだけど、粘土質でズルズル滑るし途中から不明瞭になった💦
千代田堂床山 尾根に出て仕切り直し😁
尾根に出て仕切り直し😁
千代田堂床山 次の鉄塔を過ぎてしばらく進むと、
次の鉄塔を過ぎてしばらく進むと、
千代田堂床山 溝状の地形が、この特徴的な地形は堀切じゃないかな?👀
溝状の地形が、この特徴的な地形は堀切じゃないかな?👀
千代田堂床山 おお~やっぱり!説明板見っけ🎵
おお~やっぱり!説明板見っけ🎵
千代田堂床山 多治比猿掛城の南端部にあたる物見丸跡でした✨
多治比猿掛城の南端部にあたる物見丸跡でした✨
千代田堂床山 続いて本丸へ向かいます😁
続いて本丸へ向かいます😁
千代田堂床山 本丸は侵入者を寄せ付けないほど急斜面で反り立ってました💦
本丸は侵入者を寄せ付けないほど急斜面で反り立ってました💦
千代田堂床山 右側から攻略しました😁
右側から攻略しました😁
千代田堂床山 元就が幼少期から青年期を過ごしたお城🎵
元就が幼少期から青年期を過ごしたお城🎵
千代田堂床山 説明板のとおり、ここから郡山城が見えます✨
説明板のとおり、ここから郡山城が見えます✨
千代田堂床山 寺屋敷曲輪群の説明
寺屋敷曲輪群の説明
千代田堂床山 こんな感じ😁
こんな感じ😁
千代田堂床山 文部省の境界杭ですね、これは吉田郡山城でも見かけたな😆
文部省の境界杭ですね、これは吉田郡山城でも見かけたな😆
千代田堂床山 教善寺側の登山口に下りてきました
教善寺側の登山口に下りてきました
千代田堂床山 ついでに出丸跡にも寄ってみます🎵
ついでに出丸跡にも寄ってみます🎵
千代田堂床山 出丸跡の説明板
出丸跡の説明板
千代田堂床山 本丸、物見丸跡を見上げるとこんな感じです🎵
本丸、物見丸跡を見上げるとこんな感じです🎵
千代田堂床山 またまたロードの大移動🏃💦
次の光井山はあれだな🤓
またまたロードの大移動🏃💦 次の光井山はあれだな🤓
千代田堂床山 ここから取り付いてみよう!
ここから取り付いてみよう!
千代田堂床山 入ってすぐは道がありましたが、
入ってすぐは道がありましたが、
千代田堂床山 山頂方面には無いので登りやすそうな場所を適当に登っていきます😁
山頂方面には無いので登りやすそうな場所を適当に登っていきます😁
千代田堂床山 ピークのやや北東側に三角点がありました
ピークのやや北東側に三角点がありました
千代田堂床山 三等三角点 向山(一)(むかいやま) 366.77m
三等三角点 向山(一)(むかいやま) 366.77m
千代田堂床山 ピークは吉田郡山城の戦いで、毛利氏と敵対する尼子氏が築いたとされる光井山城跡
ピークは吉田郡山城の戦いで、毛利氏と敵対する尼子氏が築いたとされる光井山城跡
千代田堂床山 よく見ると石組みの基礎のようなものが、ここに何か立ってたのかな?
よく見ると石組みの基礎のようなものが、ここに何か立ってたのかな?
千代田堂床山 南東斜面を適当に下ります😁
南東斜面を適当に下ります😁
千代田堂床山 対面には双子の青山城跡があるのですが、時間が無さそうなのでやめました😅
対面には双子の青山城跡があるのですが、時間が無さそうなのでやめました😅
千代田堂床山 そしてYAMAPで2回来た事がある日本百名城郡山城へ🏃
これでポツンと島状になってた軌跡とも繋がりました😆🎵
そしてYAMAPで2回来た事がある日本百名城郡山城へ🏃 これでポツンと島状になってた軌跡とも繋がりました😆🎵
千代田堂床山 さきほどの光井山と青山の説明が、
総称して青光井山というらしい
さきほどの光井山と青山の説明が、 総称して青光井山というらしい
千代田堂床山 こんな感じ~🎵
左は登ってないけど(笑)
こんな感じ~🎵 左は登ってないけど(笑)
千代田堂床山 毛利元就のお墓に立ち寄っていきます
毛利元就のお墓に立ち寄っていきます
千代田堂床山 こんなに荒らしたのは🐗の仕業かな💦
右が郡山城に続くメイン道ですが2回登ったので今回はパス(笑)
左の山部方面に向かいます😁
こんなに荒らしたのは🐗の仕業かな💦 右が郡山城に続くメイン道ですが2回登ったので今回はパス(笑) 左の山部方面に向かいます😁
千代田堂床山 途中道がアヤシくなったがなんとか道路に出た😁
途中道がアヤシくなったがなんとか道路に出た😁
千代田堂床山 次の甲山に向かいます。
どこからでも登れそうなので、この辺から適当に取り付きます😆
次の甲山に向かいます。 どこからでも登れそうなので、この辺から適当に取り付きます😆
千代田堂床山 主稜線に出ると踏み跡や赤テープもあり、前半の烏帽子山よりも歩きやすいです😁
主稜線に出ると踏み跡や赤テープもあり、前半の烏帽子山よりも歩きやすいです😁
千代田堂床山 西側に山部の集落が見えました🎵
あの向こうは登ってきた烏帽子山だな
西側に山部の集落が見えました🎵 あの向こうは登ってきた烏帽子山だな
千代田堂床山 甲山に到着~🎵
甲山に到着~🎵
千代田堂床山 こんな感じ😁
毛利方の策略に嵌らず、尼子方が郡山の背後の甲山に陣取っていたなら形勢が違ってたかもしれない
こんな感じ😁 毛利方の策略に嵌らず、尼子方が郡山の背後の甲山に陣取っていたなら形勢が違ってたかもしれない
千代田堂床山 ちょっと進んで、四等三角点 甲山(かぶとやま) 425.43m
ちょっと進んで、四等三角点 甲山(かぶとやま) 425.43m
千代田堂床山 割と新しめ1995年の設置で軽量コンクリ製。とはいえ20㎏はある💦
山頂とズレた位置にあるし地籍調査の基準として設置したのかな?
ちなみに一等三角点の重量は花崗岩の柱石90㎏、その下部に盤石45㎏💦💦
割と新しめ1995年の設置で軽量コンクリ製。とはいえ20㎏はある💦 山頂とズレた位置にあるし地籍調査の基準として設置したのかな? ちなみに一等三角点の重量は花崗岩の柱石90㎏、その下部に盤石45㎏💦💦
千代田堂床山 あれが次に向かう高小屋山かな?
あれが次に向かう高小屋山かな?
千代田堂床山 途中の鉄塔
途中の鉄塔
千代田堂床山 この辺も明瞭🎵
この辺も明瞭🎵
千代田堂床山 かなりピークに近い位置にある溜池、水がキレイでした✨
かなりピークに近い位置にある溜池、水がキレイでした✨
千代田堂床山 池を過ぎると地形が複雑になってやや不明瞭になりましたが、
池を過ぎると地形が複雑になってやや不明瞭になりましたが、
千代田堂床山 高小屋山に到着🎵
高小屋山に到着🎵
千代田堂床山 二等三角点 甲立(こおたち) 520.43m
二等三角点 甲立(こおたち) 520.43m
千代田堂床山 そこからは下っていくほどだんだん道らしくなってきて、
そこからは下っていくほどだんだん道らしくなってきて、
千代田堂床山 中国自然歩道の妻坂峠に下りてきました!
時間があれば東陵の△462.0を経由して甲立方面に下りたかったのですが、
中国自然歩道の妻坂峠に下りてきました! 時間があれば東陵の△462.0を経由して甲立方面に下りたかったのですが、
千代田堂床山 楽して自然歩道を下ります😆
しかし谷=道となってるのでガレてます💦💦
楽して自然歩道を下ります😆 しかし谷=道となってるのでガレてます💦💦
千代田堂床山 やっと谷と道が分かれたのでマシになりました😁
やっと谷と道が分かれたのでマシになりました😁
千代田堂床山 ん?これは👀‼️
ん?これは👀‼️
千代田堂床山 皆さん、もう年賀状は投函されましたか?😁🎵
皆さん、もう年賀状は投函されましたか?😁🎵
千代田堂床山 さてここから何回目かのランニングシューズに履き替えてラストスパートじゃ(笑)
さてここから何回目かのランニングシューズに履き替えてラストスパートじゃ(笑)
千代田堂床山 どんな願いも一つだけ叶えてやろう🐉
どんな願いも一つだけ叶えてやろう🐉
千代田堂床山 五龍城跡か~、当初ここに下りてくる予定だったんだよね😅
五龍城跡か~、当初ここに下りてくる予定だったんだよね😅
千代田堂床山 よしよし😁時間がもうちょっとありそうなので急いで行ってこよ(^^♪
よしよし😁時間がもうちょっとありそうなので急いで行ってこよ(^^♪
千代田堂床山 その前に途中の五龍稲荷にちょっとご挨拶🙏
その前に途中の五龍稲荷にちょっとご挨拶🙏
千代田堂床山 山城の真下に国道トンネルが通過している
山城の真下に国道トンネルが通過している
千代田堂床山 本丸まであと310mじゃ!急いで攻め込むぞ~🏃
本丸まであと310mじゃ!急いで攻め込むぞ~🏃
千代田堂床山 いくつかの曲輪を進んで~
いくつかの曲輪を進んで~
千代田堂床山 キタキタ本丸‼️
ちなみに五龍城の名は、城中の水が不足したため五龍王を勧請して祈願したところ、たちまち井戸の水が湧き出したからだそうな。
キタキタ本丸‼️ ちなみに五龍城の名は、城中の水が不足したため五龍王を勧請して祈願したところ、たちまち井戸の水が湧き出したからだそうな。
千代田堂床山 本丸より先も続いてますが、ここからスパッと切れ落ちてるし時間ないので戻りま~す😁
本丸より先も続いてますが、ここからスパッと切れ落ちてるし時間ないので戻りま~す😁
千代田堂床山 両サイドが急崖ですね~!
山城にはもってこいの地形🎵
両サイドが急崖ですね~! 山城にはもってこいの地形🎵
千代田堂床山 甲立方面がチラチラっと
甲立方面がチラチラっと
千代田堂床山 最後にもう一回、江の川を眺めて~😁
最後にもう一回、江の川を眺めて~😁
千代田堂床山 甲立駅に到着~🎵
甲立駅に到着~🎵

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす