2020年末、冬晴れの中、丹沢主脈・表尾根を久しぶりに歩く

2020.12.26(土) 日帰り
hiroki
hiroki

活動データ

タイム

07:50

距離

25.0km

上り

2489m

下り

2570m

活動詳細

もっと見る

 今日は仕事納め後の週末、神奈川の未踏ピークのハントを淡々としようかなと思っていましたが、天候も良いようなので、久しぶりに丹沢主脈と表尾根を歩いてみることにしました。もちろん素晴らしい眺望狙いです。蛭ヶ岳以北の主脈線は、焼山登山口から蛭ヶ岳ピストンを今春していましたが、蛭ヶ岳ー丹沢山の素晴らしい稜線歩きは前回は2年半以上前、表尾根に至ってはほぼ3年前に歩いた以来でした。サボったつもりは無いのですが、、、これはひどい。。。w😵  焼山の径路は表向きは不通区間があり、今春歩いていることから、今回は東野バス停下車して青根から八丁坂ノ頭経由で主脈線に乗り蛭ヶ岳、丹沢山、塔ノ岳と歩き、そこから表尾根で下山することとしました。素晴らしい眺望を期待してますよ。。。 1)青根ー八丁坂ノ頭ー蛭ヶ岳  東野バス停下車し、しばらく林道歩きした後に登山道に入り、八丁坂ノ頭で主脈線に合流します。裏丹沢に多いカラマツ林の中の登山道は歩きやすく軽快に歩けました。はじめのお楽しみの姫次でのカラマツ越しの富士山も良く見えました。満足です。😁この時すでに南アルプスも良く見えており、蛭ヶ岳山頂からも良く見えることが期待できました。姫次から一旦下ってから登り返して、山頂近くの階段で一気に標高を上げて山頂に到着!階段をのぼりながら右手にいつも富士山と西丹沢の雄の山々が見えるので辛くない!蛭ヶ岳まで3時間かからず到着できました。今春焼山登山口から登ったときは4時間くらい、多分塩水橋からでも4時間くらいかかるので、おそらく最短で蛭ヶ岳に登れるルートでしょう。蛭ヶ岳からは予想通りの眺望を見ることができ、満足!2つ目のお楽しみの蛭カレーでエナジーチャージしてから、主脈線の旅を続けます。👍 2)蛭ヶ岳ー丹沢山-塔ノ岳  蛭ヶ岳と丹沢山の間の稜線歩きのすばらしさに異論はないでしょう、これで天気が良ければ言うことなし!何度かある登り返しも苦も無く歩くことができました。丹沢山から塔ノ岳の間は人も増えてきますが、気持ちのいい稜線歩きは続きます。😋塔ノ岳は安定の人気、あいにく富士山には雲がかかってしまいましたが、海側はキラキラ輝く相模湾が良く見えました。やはりここからの方が近くに見えますね。やっぱり大倉尾根から登ってくる人、下って行く人は短い間見ているだけでも多いですね。考えてみれば全身全霊?を傾けて大倉尾根を登ったこと無いかも。。。ホームが丹沢と言っていてこれはどうなの?一番足が向かない理由はやっぱり混んでいるということかな。。。近いうち歩いてみよう、、かな?😅 3)表尾根ーヤビツー蓑毛  最近身近で人気の表尾根、調べてみたら最後に歩いたのが3年前、今回はここから下山です。径も所々メンテされているようで、混んでおらずマイペースで歩けました。。三ノ塔から雲の取れた富士山も見れました。😄大山を正面に見ながら二ノ塔から下って、ヤビツに到着、まだ時間が早かったので蓑毛まで歩いて下りてフィニッシュです。  冬晴れの日に丹沢主脈・表尾根を歩くことができ満足でした。これでしばらくホームは丹沢と謳ってよろしいでしょうか?w😅今回で本年の山行が最後になるか分かりませんが、ご挨拶をさせて頂きます。皆様のいいね!コメントが励みになり、楽しい山行を今年も続けることができました。ありがとうございました。🙇‍♂️世の中色々と大変ですが、皆様と同様、来年も引き続き素晴らしい山行ができるよう祈っております。来年もよろしくお願いいたします。🙇‍♂️

丹沢山 橋本駅からバスを乗り継いて東野で下車。しばらく林道歩きで、ここから八丁坂ノ頭に向けて初めて歩く登山道を登っていきます。
橋本駅からバスを乗り継いて東野で下車。しばらく林道歩きで、ここから八丁坂ノ頭に向けて初めて歩く登山道を登っていきます。
丹沢山 もうすぐ丹沢主脈線に出ます。裏丹沢の特徴のカラマツが美しい登山道でした。
もうすぐ丹沢主脈線に出ます。裏丹沢の特徴のカラマツが美しい登山道でした。
丹沢山 主脈線に出ました。まずは写真中央の蛭ヶ岳を目指します。
主脈線に出ました。まずは写真中央の蛭ヶ岳を目指します。
丹沢山 ほどなく大好きな姫次に到着です。丹沢ブルーに映えるカラマツ。
ほどなく大好きな姫次に到着です。丹沢ブルーに映えるカラマツ。
丹沢山 そしてカラマツ越しの富士山。これが見れただけで来た甲斐があったというもの。
そしてカラマツ越しの富士山。これが見れただけで来た甲斐があったというもの。
丹沢山 アップ。冠雪は少なめだけどやっぱりいいね~。
アップ。冠雪は少なめだけどやっぱりいいね~。
丹沢山 ちょっと袖平山の方に移動して主稜線を見てみます。左から蛭ヶ岳~右の檜洞丸。檜洞丸の左隣は同角ノ頭。
ちょっと袖平山の方に移動して主稜線を見てみます。左から蛭ヶ岳~右の檜洞丸。檜洞丸の左隣は同角ノ頭。
丹沢山 富士山の前にまたがる左の檜洞丸から右に一番低い犬越路を経て大室山に連なる稜線。
富士山の前にまたがる左の檜洞丸から右に一番低い犬越路を経て大室山に連なる稜線。
丹沢山 さあ先へ進みましょう。地蔵平のあたりのブナ林も好きなポイントです。
さあ先へ進みましょう。地蔵平のあたりのブナ林も好きなポイントです。
丹沢山 名物の天空への階段。一気に高度が上がります。
名物の天空への階段。一気に高度が上がります。
丹沢山 檜洞丸と富士山が重なるポイントがあります。青ヶ岳山荘も見えます。
檜洞丸と富士山が重なるポイントがあります。青ヶ岳山荘も見えます。
丹沢山 蛭ヶ岳山荘が見えて、蛭ヶ岳に着いたことが分かります。
蛭ヶ岳山荘が見えて、蛭ヶ岳に着いたことが分かります。
丹沢山 蛭ヶ岳山頂からの富士山。これまで見えなかった山中湖が見えるようになります。
蛭ヶ岳山頂からの富士山。これまで見えなかった山中湖が見えるようになります。
丹沢山 蛭ヶ岳から南ア1。白峰三山。
蛭ヶ岳から南ア1。白峰三山。
丹沢山 蛭ヶ岳から南ア2。南ア南深部。来年は行けるか?
蛭ヶ岳から南ア2。南ア南深部。来年は行けるか?
丹沢山 蛭ヶ岳南側の熊木沢。南陵直登も残件。。。
蛭ヶ岳南側の熊木沢。南陵直登も残件。。。
丹沢山 真鶴、伊豆半島方向も良かったです。
真鶴、伊豆半島方向も良かったです。
丹沢山 一応定番の構図。
一応定番の構図。
丹沢山 蛭カレーを頂きます。僕は福神漬よりらっきょう派なんですが。。。今回はらっきょうが無かったです。。。残念。。
蛭カレーを頂きます。僕は福神漬よりらっきょう派なんですが。。。今回はらっきょうが無かったです。。。残念。。
丹沢山 エネルギー補給して出発!宮ケ瀬湖から相模原・東京方面。
エネルギー補給して出発!宮ケ瀬湖から相模原・東京方面。
丹沢山 丹沢山へと連なる天空の稜線。ボーナスステージです。でも2年半以上ぶりです。。。
丹沢山へと連なる天空の稜線。ボーナスステージです。でも2年半以上ぶりです。。。
丹沢山 鬼ヶ岩ノ頭が見えてきました。人が上り下りしています。
鬼ヶ岩ノ頭が見えてきました。人が上り下りしています。
丹沢山 定番の鬼ヶ岩越しの富士山。この構図も久しぶり。。。
定番の鬼ヶ岩越しの富士山。この構図も久しぶり。。。
丹沢山 不動ノ峰から正面に丹沢山。この登り返しが結構きついのを思い出しました。。。
不動ノ峰から正面に丹沢山。この登り返しが結構きついのを思い出しました。。。
丹沢山 振り返ると蛭ヶ岳もすっかり小さく。。。(右奥)この時はまだ何とか富士山頂も見えていましたが。。。
振り返ると蛭ヶ岳もすっかり小さく。。。(右奥)この時はまだ何とか富士山頂も見えていましたが。。。
丹沢山 丹沢山で流行りの全部入り?いやっ、富士山が雲隠れしてしまった。。。
丹沢山で流行りの全部入り?いやっ、富士山が雲隠れしてしまった。。。
丹沢山 引き続いて塔ノ岳へ。
引き続いて塔ノ岳へ。
丹沢山 安定の人気ぶりw
安定の人気ぶりw
丹沢山 塔ノ岳からの富士も雲隠れでした。
塔ノ岳からの富士も雲隠れでした。
丹沢山 こっちからの方がやっぱり近く見えますね真鶴、伊豆半島
こっちからの方がやっぱり近く見えますね真鶴、伊豆半島
丹沢山 塔ノ岳から表尾根と大山。今日は三年ぶりに表尾根に行ってみます。
塔ノ岳から表尾根と大山。今日は三年ぶりに表尾根に行ってみます。
丹沢山 表尾根はそれほど混んでいなく、マイペースで歩けました。
表尾根はそれほど混んでいなく、マイペースで歩けました。
丹沢山 鳥尾山から三ノ塔への登り返しも忘れていました。。。w久しぶり。
鳥尾山から三ノ塔への登り返しも忘れていました。。。w久しぶり。
丹沢山 三ノ塔のお地蔵さんの横にトラロープが。。。富士山もまた顔出している。。。
三ノ塔のお地蔵さんの横にトラロープが。。。富士山もまた顔出している。。。
丹沢山 三ノ塔へ到着。
三ノ塔へ到着。
丹沢山 富士山。ちょっと暖かくなって霞んでいるように見えます。
富士山。ちょっと暖かくなって霞んでいるように見えます。
丹沢山 一気に二ノ塔を経てヤビツへ。この間歩いた大山主脈?北尾根も良く見えます。
一気に二ノ塔を経てヤビツへ。この間歩いた大山主脈?北尾根も良く見えます。
丹沢山 ヤビツ峠に到着。時間が早かったので蓑毛まで歩くことに。
ヤビツ峠に到着。時間が早かったので蓑毛まで歩くことに。
丹沢山 蓑毛まで結構長いのね。他の人とは会わなかったけど。。。
蓑毛まで結構長いのね。他の人とは会わなかったけど。。。
丹沢山 蓑毛バス停でフィニッシュ!朝は寒かったけど、お昼からは温かく、良い日和でした。ありがとうございます!
蓑毛バス停でフィニッシュ!朝は寒かったけど、お昼からは温かく、良い日和でした。ありがとうございます!

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす