京都一周トレイル2020.12.22-24

2020.12.22(火) 3 DAYS
六甲太郎次郎
六甲太郎次郎

活動データ

タイム

24:42

距離

63.7km

上り

4211m

下り

4091m

活動詳細

もっと見る

 GOTOトラベルを使い、京都のスーパーホテルに2泊し、2泊3日で京都一周トレイルにチャレンジした。トレイルの地図には、コースタイムが書かれているが、どの程度か不明であったので、問合せ先に確認を取った。登山される方には、ゆっくりペースと回答を得た。本コースは、バス停付近で切り上げるの一番である。変に行き過ぎるとコース外の道を歩くことになる。日没は16:30頃として計画を立てた。  初日は、京阪伏見桃山駅から、伏見・深草コースを含めて出発した。到着は、51の銀閣寺前又は59-3瓜生山 から一乗寺駅までを計画した。結果的には、51の銀閣寺前でストップした。言い訳としては、若干のロスタイムがあり、ここで16:30を迎えた。京都一周トレイルには、トレイル標識があり、この標識に記載されている地図のコース案内と波長が合う事が肝要である。14の標識の地図の所(国1をトンネルで潜る)でさまよった。デフォルメした地図と波長が合わなかった。渋谷街道を何回か徘徊した。私の後ろに来ていたハイカーの女性と探した。やっと見つかった。冷静に探せば、別の標識が2本もあった。トンネルを潜り、国1を渡った。気持ちでは2,30分のロスタイムと思われた。  2日目は、銀閣寺前から鞍馬駅までとした。叡電の市原駅~鞍馬駅が土砂崩れのため運行中止になっていた。振替バスで市原駅に行き、そこから叡電に乗った。トレイル標識とも波長が合い出し、歩を進めた。74ケーブル比叡辺りでは、雪が残っていた。横高山で残雪がマックスになった。軽アイゼンを持参したが、使用せず。  3日目は、高尾又は清滝までの予定であったが、高尾止まりとした。76-77の間が、がけ崩れのため通行止めになっていた。迂回路は、千束方向になっているので、迂回ではなく、終了となる。そこで、がけ崩れの様子を見に行くことにした。ダメであれば、そこで終了となる。がけ崩れがあり、道はなが、がけを迂回する踏み跡を発見した。3m程度の急斜面を登り少し水平移動して、少しくだった所に道があった。もちろん通行止めのロープがあった。YAMAPのつぶやきで79にも崩落があるので、トレイルコースを外れることになるが、沢山経由で仏栗峠を目指した。やはりメジャーコースではないので、倒木があり歩き難い。沢山を越えて、一安心したためか、Y字の分岐を判断ミスをして標高約90mを下った。念のために見たYAMAPが幸いし、90mの降下で済んだ。気を取り直して、分岐に戻る。するとどちらにもテープがあったが、正解道の踏み跡の方が薄い。これでは間違うと思った。通行止めを通過した報いかと思った。福ヶ谷林道の86を過ぎた辺りから雨が本降りとなった。そこで、高尾で終了と確信した。88の槙ノ尾のバス停まで行くと、運よくJRバスが来たので、車中の人となった。次回はここから出発の予定。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす