一位ヶ岳 ロードバイク&登山

2017.06.03(土) 日帰り
ハマKBT
ハマKBT

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

 日曜日は地区の奉仕作業。土曜日1日のフリー。ということで、金曜日の夜から車中泊で、今回は、山口県長門の一位ヶ岳に、ロードバイク&登山をすることにした。油谷の運動公園の駐車場で車中泊。感謝。  朝の準備をして、ビアンキでスタート。国道191から491へ入る。しばらくして県道38号へ。ここからが、グネグネ道。上りも結構きつい。俵山温泉と反対側に一位ヶ岳の登山口がある。看板をしっかり確認。標高は672mと低山ではあるが、山頂まで6.6キロと少々距離がある。最初は、舗装道。緩やかな坂なので、回りの草木を楽しみながら進む。途中、山口国体2011年の幟があったが。しかも、この幟6年前のものとは思えないほど、新しく感じた。最近立てたのだろうか?なぜ?  花瀬峠。展望はよくない。ここで、リュックに入れていた水分を補給。この後、坂がだんだんきつくなり、ところどころロープが張ってあり、それを支えに登る。  そして、6.6キロ、ついに山頂。今日は、快晴。展望は見事だった。油谷湾や向津具(むかつく)半島も見える。ほぼ、360度見渡せる。ここで、昼食。最近は、山登りをすると、たいがい登山者に会うのだが、今日は、私一人。あまりメジャーな山ではないからか・・・でも、山頂からの眺めはすばらし。お勧め。  下りは、椎ノ木ルートから。こちらは、急斜面。これを登って来るのはなかなか大変そう。他の方の活動日記にときどき出てくるビクター君という犬。今日は登場しなかったな~と思っていると、椎ノ木ルートの登山口あたりで登場してくれ、お見送り。サンキュー。  ここから、花瀬ルートの登山口まで徒歩。舗装道路を黙々と歩く。これが結構距離があった。  再び、ビアンキに乗り次へ進む。まずは、俵山温泉。以前、ここの温泉で宿泊したことがある、思いでの温泉だ。やはり、いい雰囲気。新しくなったところもあったが、以前の面影もしっかり残っていた。  次に向かったのは、豊田湖。カヌーなどで遊べる湖という印象があるが、カヌーは見かけなかった。それでも、水のある風景というのはやはりいい。一周したが、思ったよりも小さかった。途中、安徳天皇西市御陵墓もあった。こんなところに・・・・びっくり。近くのバス停もなんと、「天皇様」これもびっくり。  帰りは違う道を進もうと思い、途中から県道281号に入る。すると、入ってすぐのところに麻羅観音が・・・・なんと、男性そのものの観音が・・・。ここにもびっくり。  この後、300mぐらいの峠を越え、下り。気持ちよく。ゴールすることができた。  今回も、バイクとトレッキングをしっかり堪能。次はどこへ行こう。         

動画

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす