【雪の医王山大沼】見上峠から深雪ラッセル

2020.12.20(日) 日帰り
tom32
tom32

氷結した大沼と雪に覆われたトンビ岩は、壮麗で厳しく美しい . いままで雪の大沼(おおいけ)を見に行くという発想はなかった。 . 冬季、医王山のこのエリアには人がほとんど立ち入らない。積雪がまだ中途半端なこの時期はヤブ漕ぎラッセルが目に見えている。かといってドッカリ積もってしまったら夏道は雪崩の巣。大沼はただの雪原になってしまい面白味に欠ける。タイミングが難しい。 . 以前、猟師から積雪でクマは大沼のまわりへと移動するという話も聞いていたのも冬の大沼へ行かない理由のひとつだった。 . 見上峠に駐車、林道入口から歩きだしたときには、せいぜいシガラクビから白兀山に登ってダオテラスあたりで雪中コーヒー。奥医王山でランチ、あわよくば小原尾根を回って帰ってこようと、ゆるハイクのつもりで考えていた。 . 見上峠から約1時間の林道歩き。西尾平休憩所につくと見覚えのある人影…。見上峠で車は見て入山しているのは知っていた山友。聞けば覗から降りて雪の大沼を見に行くのだという。 とりあえず同行程で覗まで。覗から先は白兀山方面も大沼方面もノートレースで夏道にはひどくヤブが倒伏していた。 . 今シーズンバリルートばかり歩いてきた山友と違って、ヤブ歩きが好きではない私にとっても、【雪の大沼】というキーワードはじゅうぶん魅力的で、覗につくまでには、気持ちは大沼へと向かっていた。 . 覗から大沼へのヤブヤブは予想どおりなかなか手強く、新雪をヒザラッセルしながら腰までの踏み抜き多数、ルートファインディングしながらの斜面下降にはかなりの時間を要した。シャーベット状の大沼を見られるのは積雪初期のこの時期だけですが、夏道は倒伏したヤブに覆われ、周囲の新雪もヤブの上にのっているだけで至るところ踏み抜き地獄です。 . スノーシーズンの大沼へは通常は積雪が増えてヤブが埋まり、雪が締まって落ち着いた頃に見に行くことをオススメします。雪崩の起きやすい斜面もありますので、ルートファインディングができる方と同行してください。 山行記録はヤマレコにもあります https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-2813132.html

わだちではありません。林道にはもう車は入れません。見上峠からスタート。

わだちではありません。林道にはもう車は入れません。見上峠からスタート。

わだちではありません。林道にはもう車は入れません。見上峠からスタート。

林道に多数生息するまつ毛の長いリスお嬢。今年も一匹ずつご挨拶しながらハイクアップ

林道に多数生息するまつ毛の長いリスお嬢。今年も一匹ずつご挨拶しながらハイクアップ

林道に多数生息するまつ毛の長いリスお嬢。今年も一匹ずつご挨拶しながらハイクアップ

一瞬ガスが晴れて谷底が別世界のように

一瞬ガスが晴れて谷底が別世界のように

一瞬ガスが晴れて谷底が別世界のように

医王の里オートキャンプ場のえっへんドヤ顔リス君にもご挨拶

医王の里オートキャンプ場のえっへんドヤ顔リス君にもご挨拶

医王の里オートキャンプ場のえっへんドヤ顔リス君にもご挨拶

キャンプ場の菅池も凍結

キャンプ場の菅池も凍結

キャンプ場の菅池も凍結

今日はフワフワの新雪なのでスノーシュー

今日はフワフワの新雪なのでスノーシュー

今日はフワフワの新雪なのでスノーシュー

くれぐれもわだちではありません

くれぐれもわだちではありません

くれぐれもわだちではありません

今のところソロ

今のところソロ

今のところソロ

青空、一瞬だけ

青空、一瞬だけ

青空、一瞬だけ

夕霧峠から奥医王山がうっすらと

夕霧峠から奥医王山がうっすらと

夕霧峠から奥医王山がうっすらと

霧氷ではなく着雪

霧氷ではなく着雪

霧氷ではなく着雪

西尾平に到着すると見覚えのある人影。お久しぶりの山友さんでした

西尾平に到着すると見覚えのある人影。お久しぶりの山友さんでした

西尾平に到着すると見覚えのある人影。お久しぶりの山友さんでした

山友は雪の大沼を見に行くという…。とりあえず覗までは同行程

山友は雪の大沼を見に行くという…。とりあえず覗までは同行程

山友は雪の大沼を見に行くという…。とりあえず覗までは同行程

白兀山が見えてくるとそろそろシガラクビ。向かいからスキーの若者が…。夕霧峠でテン泊したそうだ

白兀山が見えてくるとそろそろシガラクビ。向かいからスキーの若者が…。夕霧峠でテン泊したそうだ

白兀山が見えてくるとそろそろシガラクビ。向かいからスキーの若者が…。夕霧峠でテン泊したそうだ

シガラクビ。なんとまだ登山道はノートレース

シガラクビ。なんとまだ登山道はノートレース

シガラクビ。なんとまだ登山道はノートレース

覗乗越の分岐からはおそらく西尾から入山したスキートレース

覗乗越の分岐からはおそらく西尾から入山したスキートレース

覗乗越の分岐からはおそらく西尾から入山したスキートレース

道は広めですが覗までもそこそこの倒伏したヤブ

道は広めですが覗までもそこそこの倒伏したヤブ

道は広めですが覗までもそこそこの倒伏したヤブ

覗の手前で後続の数人に抜かされるが、先行していたスキーヤー共に、覗から先白兀山方面のヤブをみて引き返していった。覗乗越から白兀山へ登り返すのだろうか?

覗の手前で後続の数人に抜かされるが、先行していたスキーヤー共に、覗から先白兀山方面のヤブをみて引き返していった。覗乗越から白兀山へ登り返すのだろうか?

覗の手前で後続の数人に抜かされるが、先行していたスキーヤー共に、覗から先白兀山方面のヤブをみて引き返していった。覗乗越から白兀山へ登り返すのだろうか?

山友の【雪の大沼】というキーワードは魅力的で、覗に到着する頃には自分もすっかり行く気に…。覗休憩舎は板で閉鎖されてます

山友の【雪の大沼】というキーワードは魅力的で、覗に到着する頃には自分もすっかり行く気に…。覗休憩舎は板で閉鎖されてます

山友の【雪の大沼】というキーワードは魅力的で、覗に到着する頃には自分もすっかり行く気に…。覗休憩舎は板で閉鎖されてます

覗休憩舎のすぐ下は、どこに夏道があるかもわからないくらいの倒伏したヤブ雪。とりあえず両側から覆い被さってるあたりが夏道なんだろう

覗休憩舎のすぐ下は、どこに夏道があるかもわからないくらいの倒伏したヤブ雪。とりあえず両側から覆い被さってるあたりが夏道なんだろう

覗休憩舎のすぐ下は、どこに夏道があるかもわからないくらいの倒伏したヤブ雪。とりあえず両側から覆い被さってるあたりが夏道なんだろう

地蔵峠からの広い道に出たところ。ここまでの100メートルくらいがヤブヤブで踏み抜き多数、写真もまともなのを撮ってない😅

地蔵峠からの広い道に出たところ。ここまでの100メートルくらいがヤブヤブで踏み抜き多数、写真もまともなのを撮ってない😅

地蔵峠からの広い道に出たところ。ここまでの100メートルくらいがヤブヤブで踏み抜き多数、写真もまともなのを撮ってない😅

広い道に出てもヤブは断続的に続くのでからだ中雪だらけ

広い道に出てもヤブは断続的に続くのでからだ中雪だらけ

広い道に出てもヤブは断続的に続くのでからだ中雪だらけ

ひたすらラッセル

ひたすらラッセル

ひたすらラッセル

ガンバってるでしょ

ガンバってるでしょ

ガンバってるでしょ

ジグザグ道は斜面をショートカット

ジグザグ道は斜面をショートカット

ジグザグ道は斜面をショートカット

大沼の手前の池

大沼の手前の池

大沼の手前の池

沢水が流れ込むポイントだけ水面

沢水が流れ込むポイントだけ水面

沢水が流れ込むポイントだけ水面

リフレクションが美しい

リフレクションが美しい

リフレクションが美しい

そして、大沼(おおいけ)。なんと積雪はなくシャーベット状の池面の色の美しいこと

そして、大沼(おおいけ)。なんと積雪はなくシャーベット状の池面の色の美しいこと

そして、大沼(おおいけ)。なんと積雪はなくシャーベット状の池面の色の美しいこと

縦位置もカッコいい

縦位置もカッコいい

縦位置もカッコいい

トンビ岩の岩壁も厳しく美しい

トンビ岩の岩壁も厳しく美しい

トンビ岩の岩壁も厳しく美しい

大池平の「この木なんの木🎶」。イタヤカエデ。休憩舎のトイレは閉鎖されてますが、屋根の下のベンチとテーブルは使えます

大池平の「この木なんの木🎶」。イタヤカエデ。休憩舎のトイレは閉鎖されてますが、屋根の下のベンチとテーブルは使えます

大池平の「この木なんの木🎶」。イタヤカエデ。休憩舎のトイレは閉鎖されてますが、屋根の下のベンチとテーブルは使えます

来たものは帰らねば。斜面ショートカットポイント。

来たものは帰らねば。斜面ショートカットポイント。

来たものは帰らねば。斜面ショートカットポイント。

あっさり着いてますがかなり踏み抜きに苦戦しながら覗に帰着

あっさり着いてますがかなり踏み抜きに苦戦しながら覗に帰着

あっさり着いてますがかなり踏み抜きに苦戦しながら覗に帰着

覗から白兀山方面、すぐ先から倒伏したヤブ。今日は誰もここから行かなかったようです。

覗から白兀山方面、すぐ先から倒伏したヤブ。今日は誰もここから行かなかったようです。

覗から白兀山方面、すぐ先から倒伏したヤブ。今日は誰もここから行かなかったようです。

覗からの帰り道はトレースバッチリの楽々高速道路

覗からの帰り道はトレースバッチリの楽々高速道路

覗からの帰り道はトレースバッチリの楽々高速道路

シガラクビに帰着

シガラクビに帰着

シガラクビに帰着

今日は行かなかった白兀山

今日は行かなかった白兀山

今日は行かなかった白兀山

林道歩きは楽々

林道歩きは楽々

林道歩きは楽々

少し日の光が射して神々しい風景にうっとり

少し日の光が射して神々しい風景にうっとり

少し日の光が射して神々しい風景にうっとり

山あいの幻想的な雪景色。お疲れさんでした

山あいの幻想的な雪景色。お疲れさんでした

山あいの幻想的な雪景色。お疲れさんでした

わだちではありません。林道にはもう車は入れません。見上峠からスタート。

林道に多数生息するまつ毛の長いリスお嬢。今年も一匹ずつご挨拶しながらハイクアップ

一瞬ガスが晴れて谷底が別世界のように

医王の里オートキャンプ場のえっへんドヤ顔リス君にもご挨拶

キャンプ場の菅池も凍結

今日はフワフワの新雪なのでスノーシュー

くれぐれもわだちではありません

今のところソロ

青空、一瞬だけ

夕霧峠から奥医王山がうっすらと

霧氷ではなく着雪

西尾平に到着すると見覚えのある人影。お久しぶりの山友さんでした

山友は雪の大沼を見に行くという…。とりあえず覗までは同行程

白兀山が見えてくるとそろそろシガラクビ。向かいからスキーの若者が…。夕霧峠でテン泊したそうだ

シガラクビ。なんとまだ登山道はノートレース

覗乗越の分岐からはおそらく西尾から入山したスキートレース

道は広めですが覗までもそこそこの倒伏したヤブ

覗の手前で後続の数人に抜かされるが、先行していたスキーヤー共に、覗から先白兀山方面のヤブをみて引き返していった。覗乗越から白兀山へ登り返すのだろうか?

山友の【雪の大沼】というキーワードは魅力的で、覗に到着する頃には自分もすっかり行く気に…。覗休憩舎は板で閉鎖されてます

覗休憩舎のすぐ下は、どこに夏道があるかもわからないくらいの倒伏したヤブ雪。とりあえず両側から覆い被さってるあたりが夏道なんだろう

地蔵峠からの広い道に出たところ。ここまでの100メートルくらいがヤブヤブで踏み抜き多数、写真もまともなのを撮ってない😅

広い道に出てもヤブは断続的に続くのでからだ中雪だらけ

ひたすらラッセル

ガンバってるでしょ

ジグザグ道は斜面をショートカット

大沼の手前の池

沢水が流れ込むポイントだけ水面

リフレクションが美しい

そして、大沼(おおいけ)。なんと積雪はなくシャーベット状の池面の色の美しいこと

縦位置もカッコいい

トンビ岩の岩壁も厳しく美しい

大池平の「この木なんの木🎶」。イタヤカエデ。休憩舎のトイレは閉鎖されてますが、屋根の下のベンチとテーブルは使えます

来たものは帰らねば。斜面ショートカットポイント。

あっさり着いてますがかなり踏み抜きに苦戦しながら覗に帰着

覗から白兀山方面、すぐ先から倒伏したヤブ。今日は誰もここから行かなかったようです。

覗からの帰り道はトレースバッチリの楽々高速道路

シガラクビに帰着

今日は行かなかった白兀山

林道歩きは楽々

少し日の光が射して神々しい風景にうっとり

山あいの幻想的な雪景色。お疲れさんでした

類似するルートを通った活動日記