雪の三嶺へ遠足!

2020.12.20(日) 日帰り
sanrei30
sanrei30

カヤハゲ(東熊山)・三嶺 2〜3日前からの降雪❄️で山が白くなった⛄️ 元々の予定は「岡ノ内から平家ノ岩屋を経て大磯の平〜勘定山〜井地山〜口西山辺りまで」の計画だったが、雪が積もったらヤブ山歩きをしている場合ではない❗️ 「三嶺に行かなくちゃ❗️」 ということでカヤハゲ西尾根から三嶺を目指して「let's go❗️」 なのであった😃 三嶺は2006年からの登頂回数が221回(それ以前は不明)となった💦 ■行先・位置 三嶺(二等三角点 [三嶺] 1893.6m) 高知県香美市・徳島県三好市/北緯33度50分22秒・東経133度59分16秒 ■(*)コースタイム 光石登山口 7:00(15分)→ 堂床谷出合 7:15(26分)→ 登山道・尾根分岐 7:41(27分)→ カヤハゲ西尾根1320m地点 8:08(ハードシェル着用)8:16(8分)→ フスベヨリ谷⇔さおりが原登山道交差 8:24(1時間13分)→ 1520m地点 8:52/8:56(10分)→ 1590m地点 9:06/9:09(28分)→ カヤハゲ 9:37/9:42(1時間15分)→ 1720m地点 10:19/10:22(35分)→ 三嶺 10:57/11:01(10分)→ 三嶺の池 11:11/11:13(2分)→ 三嶺ヒュッテ 11:15(昼食)/12:05(12分)→ 三嶺 12:17/12:18(7分)→ 稜線分岐 12:25/12:28(17分)→ 沢(水場下1720m地点)12:45(電池交換・ピッケル準備)/12:53(1時間00分)→ 渡渉点③ 13:53(2分)→ さおりが原分岐 13:55(5分)→ 渡渉点② 14:00(5分)→ ヌスビト沢 14:05(ハードシェル脱衣)/14:13(13分)→ 渡渉点① 14:26(25分)→ 吊り橋 14:51(14分)→ 八丁ヒュッテ 15:05/15:12(16分)→ 堂床谷出合 15:28(5分)→ 堂床野営場 15:33(ピッケル水洗い)/15:36(9分)→ 光石登山口 15:45 【往路 3時間46分 復路 3時間10分 計 6時間56分(三嶺ヒュッテまでの往復)】 (*)コースタイムポイント(/あり)での休憩時間は含まない ■コース水平距離 13.9㎞ ■天気 曇り時々雪 ■楽しさ ★★★★★(満点!)

ルートマップ
1/72

ルートマップ

ルートマップ

垂直プロファイル
2/72

垂直プロファイル

垂直プロファイル

7時の光石登山口

7時の光石登山口

7時の光石登山口

長笹谷出合の橋

長笹谷出合の橋

長笹谷出合の橋

堂床谷出合の分岐をさおりが原方面へとる

堂床谷出合の分岐をさおりが原方面へとる

堂床谷出合の分岐をさおりが原方面へとる

トレースはジムニーの人?

トレースはジムニーの人?

トレースはジムニーの人?

登山道を離れる

登山道を離れる

登山道を離れる

カヤハゲ西尾根とブナの広場

カヤハゲ西尾根とブナの広場

カヤハゲ西尾根とブナの広場

カヤハゲ西尾根は寒い🥶
ハードシェルを着ることにした

カヤハゲ西尾根は寒い🥶 ハードシェルを着ることにした

カヤハゲ西尾根は寒い🥶 ハードシェルを着ることにした

西熊山南尾根とお亀岩付近

西熊山南尾根とお亀岩付近

西熊山南尾根とお亀岩付近

「フスベヨリ谷⇔さおりが原」の登山道が左右に

「フスベヨリ谷⇔さおりが原」の登山道が左右に

「フスベヨリ谷⇔さおりが原」の登山道が左右に

GPSは記録用なのであまり見ない
「フスベヨリ谷⇔さおりが原」の登山道と交差

GPSは記録用なのであまり見ない 「フスベヨリ谷⇔さおりが原」の登山道と交差

GPSは記録用なのであまり見ない 「フスベヨリ谷⇔さおりが原」の登山道と交差

大岩は尾根の目印

大岩は尾根の目印

大岩は尾根の目印

文は一服(1520m地点)

文は一服(1520m地点)

文は一服(1520m地点)

冬は基本、尾根通し

冬は基本、尾根通し

冬は基本、尾根通し

凍てつくブナ

凍てつくブナ

凍てつくブナ

雪庇はまだ小さい

雪庇はまだ小さい

雪庇はまだ小さい

カヤハゲ北斜面

カヤハゲ北斜面

カヤハゲ北斜面

クリスマスツリー!

クリスマスツリー!

クリスマスツリー!

これだけの雪は初めてらしい

これだけの雪は初めてらしい

これだけの雪は初めてらしい

霧氷!

霧氷!

霧氷!

大岩(天狗岩)

大岩(天狗岩)

大岩(天狗岩)

大岩直下

大岩直下

大岩直下

大岩のクサリ場

大岩のクサリ場

大岩のクサリ場

大岩上部

大岩上部

大岩上部

ここを抜けると

ここを抜けると

ここを抜けると

山頂直下まで来た

山頂直下まで来た

山頂直下まで来た

クサリ場

クサリ場

クサリ場

今回は割と楽だった

今回は割と楽だった

今回は割と楽だった

もう少し

もう少し

もう少し

光石から4時間で山頂到着!

光石から4時間で山頂到着!

光石から4時間で山頂到着!

<基準点の概要>
基準点コード:TR25033670901
等級種別:二等三角点
冠字選点番号:興28
基準点名:三嶺
標高(m):1893.63m

<基準点の概要> 基準点コード:TR25033670901 等級種別:二等三角点 冠字選点番号:興28 基準点名:三嶺 標高(m):1893.63m

<基準点の概要> 基準点コード:TR25033670901 等級種別:二等三角点 冠字選点番号:興28 基準点名:三嶺 標高(m):1893.63m

腹減った

腹減った

腹減った

エビの尻尾

エビの尻尾

エビの尻尾

やっと見えた池と小屋

やっと見えた池と小屋

やっと見えた池と小屋

池の真ん中まで歩いてみた!

池の真ん中まで歩いてみた!

池の真ん中まで歩いてみた!

三嶺ヒュッテで昼メシ

三嶺ヒュッテで昼メシ

三嶺ヒュッテで昼メシ

シーフードヌードルと菓子パン

シーフードヌードルと菓子パン

シーフードヌードルと菓子パン

再び山頂へ

再び山頂へ

再び山頂へ

天気がよくないのでフスベを下ることにした

天気がよくないのでフスベを下ることにした

天気がよくないのでフスベを下ることにした

このルートもくせ者

このルートもくせ者

このルートもくせ者

深い💦

深い💦

深い💦

とりあえず道が分かる自分が先頭

とりあえず道が分かる自分が先頭

とりあえず道が分かる自分が先頭

腰まで埋まってもがく💦

腰まで埋まってもがく💦

腰まで埋まってもがく💦

こうなったらシリセード!

こうなったらシリセード!

こうなったらシリセード!

200回以上登っていると・・・

200回以上登っていると・・・

200回以上登っていると・・・

道がなくても道は分かる

道がなくても道は分かる

道がなくても道は分かる

こっちこっち!

こっちこっち!

こっちこっち!

ここはちょっとね・・・

ここはちょっとね・・・

ここはちょっとね・・・

武器投入!
なくても特に問題なし😅

武器投入! なくても特に問題なし😅

武器投入! なくても特に問題なし😅

登ったら大変だ💦

登ったら大変だ💦

登ったら大変だ💦

麓の方まで雪が降っている

麓の方まで雪が降っている

麓の方まで雪が降っている

「先に行ってみいや」

「先に行ってみいや」

「先に行ってみいや」

文「道はどっちです?」
自分「左下!」

文「道はどっちです?」 自分「左下!」

文「道はどっちです?」 自分「左下!」

崩壊地に出た

崩壊地に出た

崩壊地に出た

「正規ルートで行くぞ~」

「正規ルートで行くぞ~」

「正規ルートで行くぞ~」

③渡渉点

③渡渉点

③渡渉点

対岸の「さおりが原分岐」

対岸の「さおりが原分岐」

対岸の「さおりが原分岐」

②渡渉点

②渡渉点

②渡渉点

ヌスビト沢(盗人沢)出合で一服(-.-)y-~~

ヌスビト沢(盗人沢)出合で一服(-.-)y-~~

ヌスビト沢(盗人沢)出合で一服(-.-)y-~~

82kgでもたぶん大丈夫

82kgでもたぶん大丈夫

82kgでもたぶん大丈夫

出合付近は荒れている

出合付近は荒れている

出合付近は荒れている

あれ!とうせんぼ💦

あれ!とうせんぼ💦

あれ!とうせんぼ💦

「増水時新道」なんだと!
②③渡渉点のバイパスだ!

「増水時新道」なんだと! ②③渡渉点のバイパスだ!

「増水時新道」なんだと! ②③渡渉点のバイパスだ!

①渡渉点

①渡渉点

①渡渉点

崩れていた場所

崩れていた場所

崩れていた場所

落ちるとやばい⚠

落ちるとやばい⚠

落ちるとやばい⚠

吊り橋はワイヤーがあるので落ちる心配無し

吊り橋はワイヤーがあるので落ちる心配無し

吊り橋はワイヤーがあるので落ちる心配無し

ここにも高巻き道ができていた!

ここにも高巻き道ができていた!

ここにも高巻き道ができていた!

八丁ヒュッテ

八丁ヒュッテ

八丁ヒュッテ

トレースがたくさん!

トレースがたくさん!

トレースがたくさん!

15時45分に帰還!
文はスマホを探しに行った

15時45分に帰還! 文はスマホを探しに行った

15時45分に帰還! 文はスマホを探しに行った

ルートマップ

垂直プロファイル

7時の光石登山口

長笹谷出合の橋

堂床谷出合の分岐をさおりが原方面へとる

トレースはジムニーの人?

登山道を離れる

カヤハゲ西尾根とブナの広場

カヤハゲ西尾根は寒い🥶 ハードシェルを着ることにした

西熊山南尾根とお亀岩付近

「フスベヨリ谷⇔さおりが原」の登山道が左右に

GPSは記録用なのであまり見ない 「フスベヨリ谷⇔さおりが原」の登山道と交差

大岩は尾根の目印

文は一服(1520m地点)

冬は基本、尾根通し

凍てつくブナ

雪庇はまだ小さい

カヤハゲ北斜面

クリスマスツリー!

これだけの雪は初めてらしい

霧氷!

大岩(天狗岩)

大岩直下

大岩のクサリ場

大岩上部

ここを抜けると

山頂直下まで来た

クサリ場

今回は割と楽だった

もう少し

光石から4時間で山頂到着!

<基準点の概要> 基準点コード:TR25033670901 等級種別:二等三角点 冠字選点番号:興28 基準点名:三嶺 標高(m):1893.63m

腹減った

エビの尻尾

やっと見えた池と小屋

池の真ん中まで歩いてみた!

三嶺ヒュッテで昼メシ

シーフードヌードルと菓子パン

再び山頂へ

天気がよくないのでフスベを下ることにした

このルートもくせ者

深い💦

とりあえず道が分かる自分が先頭

腰まで埋まってもがく💦

こうなったらシリセード!

200回以上登っていると・・・

道がなくても道は分かる

こっちこっち!

ここはちょっとね・・・

武器投入! なくても特に問題なし😅

登ったら大変だ💦

麓の方まで雪が降っている

「先に行ってみいや」

文「道はどっちです?」 自分「左下!」

崩壊地に出た

「正規ルートで行くぞ~」

③渡渉点

対岸の「さおりが原分岐」

②渡渉点

ヌスビト沢(盗人沢)出合で一服(-.-)y-~~

82kgでもたぶん大丈夫

出合付近は荒れている

あれ!とうせんぼ💦

「増水時新道」なんだと! ②③渡渉点のバイパスだ!

①渡渉点

崩れていた場所

落ちるとやばい⚠

吊り橋はワイヤーがあるので落ちる心配無し

ここにも高巻き道ができていた!

八丁ヒュッテ

トレースがたくさん!

15時45分に帰還! 文はスマホを探しに行った

類似するルートを通った活動日記