大船山朝駆け ちょっとだけよの朝日と、雪と霧氷と青空満喫

2020.12.20(日) 日帰り
ゴマ
ゴマ

雪と霧氷の大船を計画。 GPVの天気予報を見ると、午後は曇りそう。 ならば朝駆けしますか! 吉部駐車場に2:00集合。 前日大船に行かれたシメオンさんご夫妻に、霧氷と雪はたっぷりという情報をいただいていたので、 ワクワクしながら山頂をめざす。 しかし、段原に上がるとなぜかガス。雪もチラチラ・・・ 朝日は撃沈かと思われたが、なんと一瞬のドラマが! なかなかガスが晴れないし、強風で寒いので、一旦避難小屋に降りて食事をする。 食後、ザックをデポして、再び山頂へ。 朝の強風がウソのように落ち着き、青空もガスの合間に頻繁に顔を出すようになった。 山頂手前のボフボフの霧氷と、フカフカの雪を楽しんで、完全凍結御池も堪能。 今日のGPV予報は完全にはずれたが、最高に楽しい一日となったからオッケー! ※吉部登山口から雪が残っています。大船登山口からも雪が残っています。登りでは、私は5合目から、仲間は段原からチェーンアイゼンを履きました。下山は、坊がつるでアイゼンをはずし、暮雨の滝入り口から再びアイゼンを履きました。  道路の状態は、夜中の2時の時点では、道の駅あさじから男池経由で吉部をめざしましたが、凍結はありませんでした。仲間が瀬の本から牧の戸峠経由で吉部に行きましたが、こちらもほとんど凍結なしでした。  道路の状態は、天気と気温で毎日変わります。  結論としては・・・行ってみなけりゃわからない!です!

九歩さんの帽子に氷がついている。

九歩さんの帽子に氷がついている。

九歩さんの帽子に氷がついている。

日の出前の山頂。ガスガスですぐ下の御池も見えなかった。

日の出前の山頂。ガスガスですぐ下の御池も見えなかった。

日の出前の山頂。ガスガスですぐ下の御池も見えなかった。

お?

お?

お?

おおお!

おおお!

おおお!

太陽がガスの向こうに見えた!御池もうっすら!

太陽がガスの向こうに見えた!御池もうっすら!

太陽がガスの向こうに見えた!御池もうっすら!

ガスが流れて染まり、

ガスが流れて染まり、

ガスが流れて染まり、

周りの霧氷も一瞬染まった!

周りの霧氷も一瞬染まった!

周りの霧氷も一瞬染まった!

あっという間のショーだった・・・

あっという間のショーだった・・・

あっという間のショーだった・・・

その後なかなかガスが晴れず・・・一旦避難小屋へ下る。

その後なかなかガスが晴れず・・・一旦避難小屋へ下る。

その後なかなかガスが晴れず・・・一旦避難小屋へ下る。

できたてのシャープな霧氷

できたてのシャープな霧氷

できたてのシャープな霧氷

ビシビシ!

ビシビシ!

ビシビシ!

避難小屋の窓には氷が不思議で繊細な模様を描いていた。

避難小屋の窓には氷が不思議で繊細な模様を描いていた。

避難小屋の窓には氷が不思議で繊細な模様を描いていた。

とても美しい。

とても美しい。

とても美しい。

刺繍のよう

刺繍のよう

刺繍のよう

食事のあと再び山頂へ

食事のあと再び山頂へ

食事のあと再び山頂へ

山頂直下の霧氷はすごいボリューム!

山頂直下の霧氷はすごいボリューム!

山頂直下の霧氷はすごいボリューム!

霧氷に埋もれて歩く。撮ってもらった。

霧氷に埋もれて歩く。撮ってもらった。

霧氷に埋もれて歩く。撮ってもらった。

時折ガスが流れて青空がでて日差しが降り注ぐ。
真っ白に輝く霧氷。

時折ガスが流れて青空がでて日差しが降り注ぐ。 真っ白に輝く霧氷。

時折ガスが流れて青空がでて日差しが降り注ぐ。 真っ白に輝く霧氷。

御池もくっきり!

御池もくっきり!

御池もくっきり!

九歩さんは、九重連山が顔を出すのを待っている。

九歩さんは、九重連山が顔を出すのを待っている。

九歩さんは、九重連山が顔を出すのを待っている。

霧氷はどこを撮っても美しい。

霧氷はどこを撮っても美しい。

霧氷はどこを撮っても美しい。

霧氷に埋もれている。

霧氷に埋もれている。

霧氷に埋もれている。

御池に降りてみた。完全凍結の湖面は歩ける。

御池に降りてみた。完全凍結の湖面は歩ける。

御池に降りてみた。完全凍結の湖面は歩ける。

凍った池には不思議なものがたくさん。氷の中の月と星。

凍った池には不思議なものがたくさん。氷の中の月と星。

凍った池には不思議なものがたくさん。氷の中の月と星。

立ち枯れのヤマアジサイも氷に閉じ込められた。

立ち枯れのヤマアジサイも氷に閉じ込められた。

立ち枯れのヤマアジサイも氷に閉じ込められた。

御池の周りの雪はフカフカ!

御池の周りの雪はフカフカ!

御池の周りの雪はフカフカ!

今季は真っ白な御池を早々と見ることができてラッキー!

今季は真っ白な御池を早々と見ることができてラッキー!

今季は真っ白な御池を早々と見ることができてラッキー!

米窪もすばらしい!

米窪もすばらしい!

米窪もすばらしい!

山頂直下の霧氷も素晴らしい!

山頂直下の霧氷も素晴らしい!

山頂直下の霧氷も素晴らしい!

段原への登山道、頭上にも霧氷と青空!

段原への登山道、頭上にも霧氷と青空!

段原への登山道、頭上にも霧氷と青空!

最高~!

最高~!

最高~!

段原で大船にさよなら

段原で大船にさよなら

段原で大船にさよなら

坊がつるまでの登山道も雪を被っていた。

坊がつるまでの登山道も雪を被っていた。

坊がつるまでの登山道も雪を被っていた。

坊がつるの雪は溶けいていたが、野営場の水道には不思議なつららが・・・

坊がつるの雪は溶けいていたが、野営場の水道には不思議なつららが・・・

坊がつるの雪は溶けいていたが、野営場の水道には不思議なつららが・・・

今日も楽しい一日だったな~

今日も楽しい一日だったな~

今日も楽しい一日だったな~

九歩さんの帽子に氷がついている。

日の出前の山頂。ガスガスですぐ下の御池も見えなかった。

お?

おおお!

太陽がガスの向こうに見えた!御池もうっすら!

ガスが流れて染まり、

周りの霧氷も一瞬染まった!

あっという間のショーだった・・・

その後なかなかガスが晴れず・・・一旦避難小屋へ下る。

できたてのシャープな霧氷

ビシビシ!

避難小屋の窓には氷が不思議で繊細な模様を描いていた。

とても美しい。

刺繍のよう

食事のあと再び山頂へ

山頂直下の霧氷はすごいボリューム!

霧氷に埋もれて歩く。撮ってもらった。

時折ガスが流れて青空がでて日差しが降り注ぐ。 真っ白に輝く霧氷。

御池もくっきり!

九歩さんは、九重連山が顔を出すのを待っている。

霧氷はどこを撮っても美しい。

霧氷に埋もれている。

御池に降りてみた。完全凍結の湖面は歩ける。

凍った池には不思議なものがたくさん。氷の中の月と星。

立ち枯れのヤマアジサイも氷に閉じ込められた。

御池の周りの雪はフカフカ!

今季は真っ白な御池を早々と見ることができてラッキー!

米窪もすばらしい!

山頂直下の霧氷も素晴らしい!

段原への登山道、頭上にも霧氷と青空!

最高~!

段原で大船にさよなら

坊がつるまでの登山道も雪を被っていた。

坊がつるの雪は溶けいていたが、野営場の水道には不思議なつららが・・・

今日も楽しい一日だったな~