大普賢岳から七曜岳、無双洞

2017.06.03(土) 2 DAYS Nara
hiroyuki
hiroyuki

活動データ

タイム

07:36

距離

10.2km

上り

1,082m

下り

1,082m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

国見岳のシャクナゲはどうかな〜と思って、和佐又から周回してきました。 一昨日の雨のせいか、かなり花びらが落ちてしまっていたのが残念。国見岳はシャクナゲの山ですね、今年は花の付きが悪いみたいですが、シャクナゲだらけでした。 花にもまして、森の美しさに圧倒されました。とにかく、樹が立派で、新緑の緑色の光の量も他の山とは違いますね〜。 七曜岳からの下りと無双洞からの登り、かなりキツイコースですが、疲れて座って森を眺めていると幸せな気持ちになりました。 この日は、男性の3人組、若い男女のペア、同年代のご夫婦、ソロの男性に女性と、けっこうたくさんこのコースを歩かれていて、抜きつ抜かれつ、途中、写真も撮ってもらいましたが、皆さん無事に帰ってきていました。

7時前に、既にこれだけの車がとまっていました
快晴を期待してたのに、大普賢岳の山頂にガスがどんどん上がってきます
日本岳までは穏やかな登り
すごい絶壁の下に窟があります
日本岳のコルを過ぎるとイワカガミやシロヤシオ、シャクナゲなど花が咲いていました
石ノ鼻に着いた頃には、東から上がってくるガスで山頂が見えません
小普賢岳を過ぎるとシャクナゲが増えてきました
大普賢岳の山頂から 今日は、山上ケ岳から稲村ケ岳がすごく近くに感じました
山また山です
八経から釈迦への稜線もきれいに見えました
とりあえず、手前の国見岳に向かいます
日本岳から和佐又山?
大普賢岳の山頂
水太覗から、今から向かう谷底を望む
国見岳まで、しばらくは穏やかな稜線歩き
国見岳、このあたりからシャクナゲが増えてきます
国見岳の山頂直下、斜面には一面シャクナゲが咲いていました
このあたりから七曜岳の間は結構険しい道です
激下りの後の稚児泊、絶好の休憩ポイントです。ここからまた七曜岳まで登ります
七曜岳への途中、大普賢岳がきれいに見える場所がありました
水太覗の下が、こんな絶壁になっているとは! これから、あの場所に行くのが少し怖くなりました。
七ツ池の直前、ザ大峰といった雰囲気
七曜岳からの眺めも迫力です
稲村が岳とバリゴヤの頭
これからの激下りに備えて、みなさん、ここでしばらく休憩されていました
七曜岳からの激下りが終わると、感じの良い森になります
無双洞の水はほんとに美味しいです、 でも、同行してたみなさんは誰も飲んでませんでした
水簾滝
無双洞からしばらく行くと、鎖場の急登
急登を終えると、気持ちの良い森が続きます
樹もとにかくでかいです
七曜岳、激下りと激登りの後なので、少し感慨が
和佐又に戻ってきた、ずっと森の中だったので、青空が懐かしい

類似する活動日記

この活動日記で通った山

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。