雪のない山とピンバッジを求めて三ッ峠山

2020.12.18(金) 日帰り
たか
たか

活動データ

タイム

04:52

距離

8.3km

上り

740m

下り

743m

活動詳細

もっと見る

3月に登った足和田山のように、富士山が大きく見える山に登りたいと相方。 百名山の大菩薩嶺か、YAMAP&富士急コラボの富嶽三十六景ハイキング企画のピンバッジをゲットしながら三ッ峠山へ行くか直前まで悩みましたが、当日はどちらも極寒と強風の予報だったので寒いのが嫌いな長野県民は、標高が低い三ッ峠山を選択したのでありました。^_^ 前夜、長野は寒さと雪で真っ白のなか当日は山梨はぴーかん☀️ だけど寒い🥶 旧御坂峠の富士河口湖町側の登山口からスタート! 他の方の山行記を見ると、ひたすらジープロードを歩くとのことだったので、行きは途中まで尾根を直登するルートをチョイス(コースタイムも、10分短い)。 ジープロードに合流してからは、こんなとこジープ登れるのか?って思うほど車が走るところとしては急な坂道をひたすら歩く。 そんなこんなで、木無山→開運山(三ッ峠山)では目的の富士山🗻どーん!で満喫。 天気良く、南アルプスの山々もよく見えました。風も冷たいけれど強くなく、陽もさして気温の割には思っていたほど寒さも感じず、第一目的達成‼️ 相方のペースも予定通りで順調だったので、御巣鷹山のアンテナ施設脇でお昼を食べて、大幡八丁峠まで縦走?→林道→🅿️駐車場と帰ってきました。 山頂では、山荘のトイレとか公衆トイレがあるとの情報でしたが、山荘は不在で利用出来ず公衆トイレは冬期閉鎖でした。 🅿️の駐車場は利用しませんでしたが、他の方が暖房もあって快適と話してました。 これからの季節、トイレ事情は切実です。 (男性は、まぁどうにでもなりますが…) 下山後は、3月に登った足和田山と合わせて北エリア2座登頂完了なので、富士急ハイランドへピンバッチをいただきに。 寒風吹き荒む中、『ええじゃないか』に絶叫あげて乗る若者達を頭上に見ながらピンバッチゲットです。 帰路には、少しお休みしていた一ノ宮詣りで浅間神社に無事登山の報告をして御朱印いただき、更に冷えた身体を温めに近くの『モモの里温泉♨️』に行き地元のおっちゃん達と親睦を深め、(たぶん)今年最後の遠征山登りは終わるのでした。

三ッ峠山・本社ヶ丸・鶴ヶ鳥屋山 登山口へ向かう県道708号線の木々の隙間からスッキリ富士山🗻
思ったほど、頭が白くなってない。
登山口へ向かう県道708号線の木々の隙間からスッキリ富士山🗻 思ったほど、頭が白くなってない。
三ッ峠山・本社ヶ丸・鶴ヶ鳥屋山 登山口の駐車場からスタート。
登山口の駐車場からスタート。
三ッ峠山・本社ヶ丸・鶴ヶ鳥屋山 一度はジープロードを歩くも、山歩き感が無いので急登ルートへ。
一度はジープロードを歩くも、山歩き感が無いので急登ルートへ。
三ッ峠山・本社ヶ丸・鶴ヶ鳥屋山 結構、急登です。
結構、急登です。
三ッ峠山・本社ヶ丸・鶴ヶ鳥屋山 約20分くらいでジープロードに合流します。
約20分くらいでジープロードに合流します。
三ッ峠山・本社ヶ丸・鶴ヶ鳥屋山 たまにこんな感じで平な箇所もあります。
たまにこんな感じで平な箇所もあります。
三ッ峠山・本社ヶ丸・鶴ヶ鳥屋山 山頂手前で、三ッ峠山への直ルート(左)と、木無山経由ルートとの分岐。
(でも、ほとんど同じとこに出ます。)
山頂手前で、三ッ峠山への直ルート(左)と、木無山経由ルートとの分岐。 (でも、ほとんど同じとこに出ます。)
三ッ峠山・本社ヶ丸・鶴ヶ鳥屋山 木無山への分岐から直ぐに展望広場があり富士山がお出迎え。(ここまでのルート上は富士山🗻は見えず)
木無山への分岐から直ぐに展望広場があり富士山がお出迎え。(ここまでのルート上は富士山🗻は見えず)
三ッ峠山・本社ヶ丸・鶴ヶ鳥屋山 木無山
明確なピークが無かった。
木無山 明確なピークが無かった。
三ッ峠山・本社ヶ丸・鶴ヶ鳥屋山 立っている場所が、結構高度感がありびびってます。🤣
立っている場所が、結構高度感がありびびってます。🤣
三ッ峠山・本社ヶ丸・鶴ヶ鳥屋山 開運山、御巣鷹山、木無山の三山で三ッ峠山。
開運山、御巣鷹山、木無山の三山で三ッ峠山。
三ッ峠山・本社ヶ丸・鶴ヶ鳥屋山 富士山🗻カッコ良すぎて中々進めません。^_^
富士山🗻カッコ良すぎて中々進めません。^_^
三ッ峠山・本社ヶ丸・鶴ヶ鳥屋山 屏風岩と開運山
屏風岩と開運山
三ッ峠山・本社ヶ丸・鶴ヶ鳥屋山 お休みでした。
この時期は、週末しかやらないのかな?
お休みでした。 この時期は、週末しかやらないのかな?
三ッ峠山・本社ヶ丸・鶴ヶ鳥屋山 自販機は、動いていました。
自販機は、動いていました。
三ッ峠山・本社ヶ丸・鶴ヶ鳥屋山 南アルプスも、良く見えていた。
甲斐駒、鳳凰三山、仙丈ヶ岳、北岳、間ノ岳、農鳥山、etc…
南アルプスも、良く見えていた。 甲斐駒、鳳凰三山、仙丈ヶ岳、北岳、間ノ岳、農鳥山、etc…
三ッ峠山・本社ヶ丸・鶴ヶ鳥屋山 八ヶ岳連峰の頭は雲の中。
八ヶ岳連峰の頭は雲の中。
三ッ峠山・本社ヶ丸・鶴ヶ鳥屋山 管理人さん不在でトイレ(200円)使えない。
この裏にある公衆トイレもトイレ閉鎖中。
管理人さん不在でトイレ(200円)使えない。 この裏にある公衆トイレもトイレ閉鎖中。
三ッ峠山・本社ヶ丸・鶴ヶ鳥屋山 開運山山頂手前の階段。
これを見た時に笑いました。^_^
開運山山頂手前の階段。 これを見た時に笑いました。^_^
三ッ峠山・本社ヶ丸・鶴ヶ鳥屋山 本日の目標地に到着。
写真以上に富士山🗻大きく見えます。
本日の目標地に到着。 写真以上に富士山🗻大きく見えます。
三ッ峠山・本社ヶ丸・鶴ヶ鳥屋山 写真で撮るとこんな感じですが…
写真で撮るとこんな感じですが…
三ッ峠山・本社ヶ丸・鶴ヶ鳥屋山 肉眼で見た感じは、このくらいの大きさ。
肉眼で見た感じは、このくらいの大きさ。
三ッ峠山・本社ヶ丸・鶴ヶ鳥屋山 いつまでも見ていたいけれどこれで最後にして降ります。
いつまでも見ていたいけれどこれで最後にして降ります。
三ッ峠山・本社ヶ丸・鶴ヶ鳥屋山 御巣鷹山は、アンテナ施設だらけで写真撮り忘れてしまった。建物の脇でお昼を食べて急登を降ります。
御巣鷹山は、アンテナ施設だらけで写真撮り忘れてしまった。建物の脇でお昼を食べて急登を降ります。
三ッ峠山・本社ヶ丸・鶴ヶ鳥屋山 茶臼山から富士山🗻
茶臼山から富士山🗻
三ッ峠山・本社ヶ丸・鶴ヶ鳥屋山 振り返ると、御巣鷹山のアンテナが見える。
水平距離が短く、高低差があるのでかなりの急登でした。逆周りは、きつそう。
振り返ると、御巣鷹山のアンテナが見える。 水平距離が短く、高低差があるのでかなりの急登でした。逆周りは、きつそう。
三ッ峠山・本社ヶ丸・鶴ヶ鳥屋山 大幡山山頂〜
大幡山山頂〜
三ッ峠山・本社ヶ丸・鶴ヶ鳥屋山 ここからも富士山🗻
葉が有ると見えないね。
ここからも富士山🗻 葉が有ると見えないね。
三ッ峠山・本社ヶ丸・鶴ヶ鳥屋山 鉄塔で鞍部が開けてます。
その下を通っていくと…
鉄塔で鞍部が開けてます。 その下を通っていくと…
三ッ峠山・本社ヶ丸・鶴ヶ鳥屋山 大幡八丁峠に。
帰ってきてよく見たら、清八山は直ぐそこだった。^_^
大幡八丁峠に。 帰ってきてよく見たら、清八山は直ぐそこだった。^_^
三ッ峠山・本社ヶ丸・鶴ヶ鳥屋山 林道終点
🅿️は有りますが、一般車は入れません。
林道終点 🅿️は有りますが、一般車は入れません。
三ッ峠山・本社ヶ丸・鶴ヶ鳥屋山 こんな林道をノンビリ降って登山口駐車場🅿️へ。
こんな林道をノンビリ降って登山口駐車場🅿️へ。
三ッ峠山・本社ヶ丸・鶴ヶ鳥屋山 ここでもチラリと富士山🗻
ここでもチラリと富士山🗻
三ッ峠山・本社ヶ丸・鶴ヶ鳥屋山 ゲート脇を通り登山口に到着。
ゲート脇を通り登山口に到着。
三ッ峠山・本社ヶ丸・鶴ヶ鳥屋山 富士急ハイランド目指す道中の河口湖からの富士山🗻
富士山撮り飽きない〜🤣
富士急ハイランド目指す道中の河口湖からの富士山🗻 富士山撮り飽きない〜🤣
三ッ峠山・本社ヶ丸・鶴ヶ鳥屋山 あんなの乗れてすげ〜な〜って、『ええじゃないか』に乗る人達の雄叫びを聞きながら、この寒空に靴を脱いで、後ろ向き、足つかない状態で乗れる人達にリスペクト。
あんなの乗れてすげ〜な〜って、『ええじゃないか』に乗る人達の雄叫びを聞きながら、この寒空に靴を脱いで、後ろ向き、足つかない状態で乗れる人達にリスペクト。
三ッ峠山・本社ヶ丸・鶴ヶ鳥屋山 帰路に、甲斐国一ノ宮浅間神社⛩に無事登頂の報告と帰路の安全祈願。
帰路に、甲斐国一ノ宮浅間神社⛩に無事登頂の報告と帰路の安全祈願。
三ッ峠山・本社ヶ丸・鶴ヶ鳥屋山 ゲットしたピンバッチ。(北エリア)
ゲットしたピンバッチ。(北エリア)
三ッ峠山・本社ヶ丸・鶴ヶ鳥屋山 浅間神社⛩の御朱印。
昔の本宮(現 山宮)は時間切れで行かれないのでそちらの御朱印はまたの機会に。
浅間神社⛩の御朱印。 昔の本宮(現 山宮)は時間切れで行かれないのでそちらの御朱印はまたの機会に。

活動の装備

メンバー

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。