初・大崩山 アケボノツツジ満開

2014.05.03

活動詳細

詳しく見る
【山行日】2014.5.3 【ルート】大崩登山口〜湧塚コース〜大崩山山頂〜坊主尾根コース(リンドウの丘経由)〜大崩登山口 08:15 大崩登山口 08:50 大崩山荘 09:17 湧塚コース徒渉ポイント 10:36 袖ダキ展望台 〜10:44 11:57 上ワク塚 〜12:16 13:06 大崩山山頂・大休止 〜13:56 14:01 石塚 〜14:18 14:38 坊主尾根分岐 14:41 避難岩 14:48 リンドウの丘 〜14:52 15:23 小積ダキ 〜15:28 15:38 象岩 16:21 坊主岩 17:10 坊主尾根コース徒渉ポイント・小休止 〜17:18 17:21 大崩山荘 17:45 大崩登山口 九州百名山の本を見て一目惚れしていた大崩山に行ってきました! 金曜日の午後7時半に移動して大崩研修棟に前泊。6時に起床して7時過ぎに登山口へ移動しましたが、既に登山口近くの路肩には停められず、徒歩7分程度の所にようやくスペースを見つけて駐車することが出来ました。 朝方に福岡を出たH.Yさん達も8時に到着し,8時15分に登山開始となりました。 ※大崩山は,美人の湯の駐車場や登山口で前泊して,早朝から登り始める方が多いようです。初心者でしかも山頂も取ろうという人が8時に登山開始するのは無謀のようです。せめて7時には登山開始しましょう(^^) ⭕️湧塚コース…行き 【祝子川の徒渉】 岩から岩に飛び移るのが超楽しかった〜 【袖ダキ展望台】 谷の向かい側にそそり立つ小積ダキの大岩壁,下ワク塚の勇敢な岩峰もアケボノツツジで装飾されて絶景でした。 【上ワク塚】 下ワク塚と中ワク塚に立ち寄らないという痛恨のミスは有りましたが,上ワク塚には難関のロープ場を登って絶景を楽しみました。 【大崩山頂】 「大崩山の山頂には一度行けば良い。つまらないから。」と袖ダキ展望台で(三俣山で一緒にラッセルをした)再会を果たしたADさんから言われるも,じゃ,一度は行きましょうということで,山頂にも行きました。さぞや寂しいだろうと思っていましたが、団体さんで賑わっていました。団体さんが帰った後の空いたスペースで昼食を摂りました。山頂の展望は良くありません。 【石塚】 山頂のすぐ下の石塚は展望が広がっていて,祖母山や傾山,遠くは九重連山や由布岳を望むことが出来ました。 ⭕️坊主尾根コース…帰り 【リンドウの丘】 アケボノツツジに包まれた湧塚コースの全貌が見渡すことが出来ました。とくかく絶景でした。ここには水場があるようで,テントが3張設営されていました。 【小積ダキ】 倒木の根のオブジェが印象的でした。岩に登るとこれから行く象岩が目の前に!トラバースしている人の姿も見ることが出来ました。 【象岩のトラバース】 最も危険な箇所だと思っていましたが,アスレチック気分でかなり楽しかったです。 【坊主岩】 お坊さんの頭の形だから? ピーナッツのような形です。坊主岩はさすがに登れません。 【ハシゴ&ロープ】 とにかくハシゴ&ロープの連続でした。しかも、揺れるハシゴも有り。でも、全面的に信じて下りました〜(*^^*) 【祝子川の徒渉】 丸石の上を渡って行くのですが、この日は5cmの水位でしたので、濡れずに渡ることが出来ました。でも、バランスを崩したHさんは丸石から落ちて足首まで水に浸かられました^^; 17時45分に無事に下山しました。 活動時間は9時間30分。長時間の山行で、最後は膝はガクガクでした。^^; 天気が良くて、アケボノツツジの満開時期にあたり、最高の登山となりました。 次回は、下ワク塚、中ワク塚にも登りたいです。そのためには、前泊して早朝に登山開始しないといけませんね(u_u)
0時過ぎに到着して泊まった研修棟を7時過ぎに出ました
中はこんなにきれいです 1人1泊500円 美人の湯に予約・下山後支払
登山届を書いて出発しました  写っているのは違うグループの方達
最初はこんなに歩きやすい道
大丈夫かなー…思う木の橋  この山の橋やハシゴはすべてですが(;_:)
祝子川渓谷  美しいです
帰りにはここにいくつかテントが張られていました
古い丸太橋  私は渡らずに上の方から回り込みましたがH.Yさんは渡ります  
大崩山荘です  行きは覗かずに通過しました
登りはワク塚コースを行きます 三里河原方面へ(ワク塚コースと書いていないので悩みました)
危険そうに見えるトラバースも簡単に渡れました
湧塚尾根・三里河原分岐  ここは三里河原に向けてはいけません!湧塚尾根方面へ
ワク塚コースの祝子川の徒渉地点に来ました
以前はここに橋が架かっていたらしい  ここは渡らずに
少し上流から渡ります 岩から岩へ飛んで渡る所も有り 超楽しかった!
徒渉してすぐにこの岩が有ります  お決まりのポーズをやってみる
岩の間を抜けて行きます  そんなに狭くはありません
アルミハシゴを登る
袖ダキ分岐  ロープを使って岩場を登ります
袖ダキ展望台に着きました!  小積ダキがど~んと視界に迫ってきます
袖ダキ展望所から下ワク塚の岩峰を望む  大崩山と言えばこの写真ですね(^o^)
迫り出した大きな岩  名前があるのかな?
坊主岩が見えます
袖ダキは大勢の人で賑わっていました  ここで三俣山で一緒にラッセルしたADさんと再会する お互いビックリ!
アケボノツツジをアップで
アルミハシゴ
下ワク塚分岐 大崩山頂の案内に従い行ってしまった…下ワク塚から山頂に行くのだそうだ…下ワク塚に寄っていないという痛恨のミス(・.・;)
見落としていた分岐点  間違って左のハシゴを登って行ってました 
上ワク塚の足元に来ました 右手から巻いて登ります
上ワク塚への最後のロープ場
上ワク塚からの眺望1
上ワク塚でハイポーズ (^_−)−☆
上ワク塚で眺望を眺める二人
山頂まであと45分のようです
坊主尾根分岐に来ました あともう少し
あれがピークか!と思ったら
まだまだでした  スズ竹の藪漕ぎします
山頂にようやく到着  団体客で賑わっていました
大崩山山頂  団体客のガイドさんから撮ってもらう
山頂からの眺望1 木が邪魔してあまり良く見えません
山頂からの眺望2
昼食後、山頂を後にする
石塚に立ち寄りました
石塚からの眺望1  あれはたぶん傾山
石塚からの眺望2  あれはたぶん祖母山
石塚からの眺望3
石塚からの眺望4  少しズームアップ
石塚からの眺望5  黄色い花がヒカゲツツジでは?
小積尾根コースの案内板 迷ったけどここからは降りずに
この案内板の所から坊主尾根コースに入ります リンドウの丘に立ち寄るにはこのコースです!
避難岩
リンドウの丘からの眺望1
リンドウの丘からの眺望2  左が中ワク塚で低いのが下ワク塚
テラス?からの眺望  アケボノツツジと下和久塚
仲良くハイポーズ
小積ダキに寄ります
木の根のオブジェ
小積ダキの岩
小積ダキからの象岩方面
象岩をズームアップ
前向き降りかよ(-.-)
ロープ場も沢山あります
象岩のトラバース
カラビナは使用せずに行きました  というか持っていません(+o+)
全く怖くありませんでした  でも雨上がりは怖いかも
坊主尾根だけでもアルミハシゴは20数か所あるとか(-.-)
岩の上を歩き
ロープ~ハシゴ~ロープです  
岩の下をくぐる
岩の間を行く
坊主岩です
林道への分岐点 上祝子登山口方面へ
急坂が続きます
坊主尾根コースの徒渉ポイントです
徒渉する前にしばし休憩  岩峰を眺めるH.Yさん
H.Yさんは無事に渡る
よっぴーさんもふざけながら渡っていく
おーっととと
ボッチャン あーあ^^;
大崩山荘を覗きに行きます
中には10名ほど入らっしゃいました 前泊でしょう
登山口に無事に帰ってきました
登山届に下山報告
登山口から7分位歩いたところの路肩(駐車していた所)に到着

コメント

読み込み中...

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。