脊振ハイカー vol.7【最後のピーク・九千部山】

2020.12.10(木) 日帰り
ゾノ
ゾノ

活動データ

タイム

02:43

距離

7.0km

上り

657m

下り

654m

活動詳細

もっと見る

今年やり残した事は今年の内に。 という事で脊振ハイカー最後のランドマーク九千部山へ。 これにて脊振ハイカーのバッチゲット‼️

九千部山・石谷山 [桜谷遊歩道]
グリーンピアなかがわ入口付近の駐車場に着き、すぐ側のここより入山。
[桜谷遊歩道] グリーンピアなかがわ入口付近の駐車場に着き、すぐ側のここより入山。
九千部山・石谷山 夏の豪雨や台風で荒れた登山道。
夏の豪雨や台風で荒れた登山道。
九千部山・石谷山 長~い階段を登ったり。
長~い階段を登ったり。
九千部山・石谷山 沢を渡ったり。
岩はつるんとしてて滑るので注意。
実際滑って危うい目に合ったのは私。
沢を渡ったり。 岩はつるんとしてて滑るので注意。 実際滑って危うい目に合ったのは私。
九千部山・石谷山 登りが続くよ、どこまでも。
登りが続くよ、どこまでも。
九千部山・石谷山 日が射すと綺麗な登山道。
日が射すと綺麗な登山道。
九千部山・石谷山 それでも樹林帯なので、終始鬱蒼としてる。
それでも樹林帯なので、終始鬱蒼としてる。
九千部山・石谷山 小さな滝見っけ。
小さな滝見っけ。
九千部山・石谷山 脊振山系はどこもこんな感じで、終始森が多い。
脊振山系はどこもこんな感じで、終始森が多い。
九千部山・石谷山 残りあと約半分。
残りあと約半分。
九千部山・石谷山 今日は少し肌寒い感じだけれど、インナー一枚で登れるちょうどいい暑さ。
今日は少し肌寒い感じだけれど、インナー一枚で登れるちょうどいい暑さ。
九千部山・石谷山 どんどん標高を上げて。
どんどん標高を上げて。
九千部山・石谷山 おおっ、木の感じが良さげの雰囲気ではないか。
おおっ、木の感じが良さげの雰囲気ではないか。
九千部山・石谷山 最後の登りを踏み締めて。
最後の登りを踏み締めて。
九千部山・石谷山 一旦車道に出た。
何やらここも車で楽々来れるみたい。
一旦車道に出た。 何やらここも車で楽々来れるみたい。
九千部山・石谷山 [九千部山]
さくっと登頂完了。
これにて脊振ハイカー全ピーク踏破でバッチゲッツ。
[九千部山] さくっと登頂完了。 これにて脊振ハイカー全ピーク踏破でバッチゲッツ。
九千部山・石谷山 山頂より福岡の街が一望できる。
見晴らしいいな。
山頂より福岡の街が一望できる。 見晴らしいいな。
九千部山・石谷山 展望台から山頂を見下ろす。
テーブルなどあって、休憩するには最高のロケーション。
展望台から山頂を見下ろす。 テーブルなどあって、休憩するには最高のロケーション。
九千部山・石谷山 博多湾方面。
福岡タワーとか目視できた。
博多湾方面。 福岡タワーとか目視できた。
九千部山・石谷山 脊振山方面。
電波塔が乱立してる。
脊振山方面。 電波塔が乱立してる。
九千部山・石谷山 展望台よりこれだけ見えます。
展望台よりこれだけ見えます。
九千部山・石谷山 NHKの電波塔。
この立地はいい経由地なのだろう。
NHKの電波塔。 この立地はいい経由地なのだろう。
九千部山・石谷山 [うるしが谷遊歩道]
下山はこちらへ。
[うるしが谷遊歩道] 下山はこちらへ。
九千部山・石谷山 ここも歩き易いきちんと整備された道。
ここも歩き易いきちんと整備された道。
九千部山・石谷山 [五ヶ山]
突如として現れた建造物は五ヶ山のピークだった。
しかし展望台からは樹木が邪魔して眺望なしで意味なし。
[五ヶ山] 突如として現れた建造物は五ヶ山のピークだった。 しかし展望台からは樹木が邪魔して眺望なしで意味なし。
九千部山・石谷山 山茶花💠
椿と似てるが、見分け方は椿が花から散るのに対して、山茶花は花びらから散る由。
山茶花💠 椿と似てるが、見分け方は椿が花から散るのに対して、山茶花は花びらから散る由。
九千部山・石谷山 秋が少し残ってた。
秋が少し残ってた。
九千部山・石谷山 [グリーンピアなかがわ]
冬季は閉園中との事。
[グリーンピアなかがわ] 冬季は閉園中との事。
九千部山・石谷山 [桜谷遊歩道]
今日も駐車場に着き、無事下山。
お疲れ山。
[桜谷遊歩道] 今日も駐車場に着き、無事下山。 お疲れ山。
九千部山・石谷山 [ヒナタの杜]
下山後のお楽しみ温泉♨️
今日は「ヒナタの杜」(850円)
ジャグジーで日頃の疲れを存分に癒しました👍✨
[ヒナタの杜] 下山後のお楽しみ温泉♨️ 今日は「ヒナタの杜」(850円) ジャグジーで日頃の疲れを存分に癒しました👍✨

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。