関東ふれあいの道(東京-1) 湖のみち 2/3 大垂水峠から梅の木平バス停へ

2020.12.06(日) 日帰り
まふぃっく
まふぃっく

活動データ

タイム

07:20

距離

10.1km

上り

621m

下り

843m

活動詳細

もっと見る

関東ふれあいの道 東京-1「湖のみち」  友人家族と遊びに行ってきました。大体コースタイムの1.5倍は時間がかかるため、標高の高い大垂水峠から梅の木平に向かう下り基調としました。高尾山口からのバスは本数が少なく開始時間が遅くなるため、今日はタクシーに乗って大垂水峠まで。高尾山口駅のタクシー乗り場にある番号から電話で呼んだところ5分くらいで配車。峠までは2,700円でした。  大垂水峠から大洞山に向かう最初の登りが、結構きつく、道幅が狭く片側が甲州街道に向かって急傾斜、濡れた落ち葉、滑るローム、すれ違いもあり、小さな子を連れてくるには注意が必要です(もちろん大人も!)  大洞山からはほぼ下りと考えていましたが、まき道を使わない場合、急登箇所がいくつかあります。(といってもものの数分ですが)。全体に大菩薩の唐松尾根登ったよりもきつかったなぁ。という印象(もっとも今回の大半は後ろに重量物が乗っていたのですが)。あとトイレありません。  関東ふれあいの道の指導標は、道間違いしそうな箇所には設置されていました。今回、距離が長かったですが子供達よく頑張りました。

メンバー

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす