表妙義縦走20201206

2020.12.06(日) 日帰り
HBたか
HBたか

今日は、へっぽこトリオで宿題の鷹返しを見てきた。中間道は崩落で通行止めだった。デポ作戦で良かった。

へっぽこトリオが妙義神社から行く。昨日の酒が抜けきっていない。しかも寝坊してスタートが遅れてしまった。

へっぽこトリオが妙義神社から行く。昨日の酒が抜けきっていない。しかも寝坊してスタートが遅れてしまった。

へっぽこトリオが妙義神社から行く。昨日の酒が抜けきっていない。しかも寝坊してスタートが遅れてしまった。

基本、「危」マークのところを歩く。

基本、「危」マークのところを歩く。

基本、「危」マークのところを歩く。

大のポージング。

大のポージング。

大のポージング。

奥の院は荘厳だ。

奥の院は荘厳だ。

奥の院は荘厳だ。

序の口。

序の口。

序の口。

浅間山が美しい。

浅間山が美しい。

浅間山が美しい。

榛名山と赤城山

榛名山と赤城山

榛名山と赤城山

まあ、想定内。

まあ、想定内。

まあ、想定内。

白雲山山頂より。手前の裏妙義もいずれ行ってみたい。

白雲山山頂より。手前の裏妙義もいずれ行ってみたい。

白雲山山頂より。手前の裏妙義もいずれ行ってみたい。

浅間山アップ

浅間山アップ

浅間山アップ

相馬岳山頂より。あそこへ行くのか。遠いな。その向こうは特徴的な荒船山だ。

相馬岳山頂より。あそこへ行くのか。遠いな。その向こうは特徴的な荒船山だ。

相馬岳山頂より。あそこへ行くのか。遠いな。その向こうは特徴的な荒船山だ。

一応。

一応。

一応。

ここまでは余裕だ。

ここまでは余裕だ。

ここまでは余裕だ。

激下りだ。

激下りだ。

激下りだ。

怖いので腹這いで覗く。

怖いので腹這いで覗く。

怖いので腹這いで覗く。

鷹返しはここらしい。看板や案内はない。結構な高度差だ。

鷹返しはここらしい。看板や案内はない。結構な高度差だ。

鷹返しはここらしい。看板や案内はない。結構な高度差だ。

鷹返し終点かな。鎖が切れたらさようならだ。積極的にお薦めできない。

鷹返し終点かな。鎖が切れたらさようならだ。積極的にお薦めできない。

鷹返し終点かな。鎖が切れたらさようならだ。積極的にお薦めできない。

浅間山は美しい。

浅間山は美しい。

浅間山は美しい。

あっちから来た。

あっちから来た。

あっちから来た。

テンションは高い。

テンションは高い。

テンションは高い。

う~ん、マンダム。

う~ん、マンダム。

う~ん、マンダム。

今度は垂直の下りだ。

今度は垂直の下りだ。

今度は垂直の下りだ。

なかなかスリリングだが、下りは楽だ。

なかなかスリリングだが、下りは楽だ。

なかなかスリリングだが、下りは楽だ。

あそこの溝を降りた。降りている人が見える。

あそこの溝を降りた。降りている人が見える。

あそこの溝を降りた。降りている人が見える。

う~ん、マンダム。

う~ん、マンダム。

う~ん、マンダム。

駐車場が見えた。

駐車場が見えた。

駐車場が見えた。

何度も浅間山を撮ってしまう。富士山の次に好きな山だ。

何度も浅間山を撮ってしまう。富士山の次に好きな山だ。

何度も浅間山を撮ってしまう。富士山の次に好きな山だ。

微妙なバランスの岩だ。
28/52

微妙なバランスの岩だ。

微妙なバランスの岩だ。

下る。

下る。

下る。

浮かれている。
30/52

浮かれている。

浮かれている。

う~ん、最高。マンダム。

う~ん、最高。マンダム。

う~ん、最高。マンダム。

気分は最高だ。

気分は最高だ。

気分は最高だ。

ここが最後のピークで、後は下るのみだ。

ここが最後のピークで、後は下るのみだ。

ここが最後のピークで、後は下るのみだ。

見える山1

見える山1

見える山1

見える山2

見える山2

見える山2

見える山3

見える山3

見える山3

あそこは行けないようだ。ちょっと残念だ。

あそこは行けないようだ。ちょっと残念だ。

あそこは行けないようだ。ちょっと残念だ。

台形の荒船山がそそる。

台形の荒船山がそそる。

台形の荒船山がそそる。

嬉しそうだ。

嬉しそうだ。

嬉しそうだ。

まだまだ油断出来ない。
40/52

まだまだ油断出来ない。

まだまだ油断出来ない。

全集中だ。

全集中だ。

全集中だ。

全集中。

全集中。

全集中。

あそこを降りた。

あそこを降りた。

あそこを降りた。

あそこにいたんだな。
44/52

あそこにいたんだな。

あそこにいたんだな。

神社の石段を降りる。

神社の石段を降りる。

神社の石段を降りる。

中之嶽神社

中之嶽神社

中之嶽神社

さしみこんにゃく。さっぱりしていて美味しい。きよちゃん、下仁田もこんな感じかな?

さしみこんにゃく。さっぱりしていて美味しい。きよちゃん、下仁田もこんな感じかな?

さしみこんにゃく。さっぱりしていて美味しい。きよちゃん、下仁田もこんな感じかな?

カラフルだ。

カラフルだ。

カラフルだ。

無事に帰還した。

無事に帰還した。

無事に帰還した。

ノンアルでほっとする。

ノンアルでほっとする。

ノンアルでほっとする。

炭水化物チャージ。

炭水化物チャージ。

炭水化物チャージ。

左目上をけがしたにゃん。
52/52

左目上をけがしたにゃん。

左目上をけがしたにゃん。

へっぽこトリオが妙義神社から行く。昨日の酒が抜けきっていない。しかも寝坊してスタートが遅れてしまった。

基本、「危」マークのところを歩く。

大のポージング。

奥の院は荘厳だ。

序の口。

浅間山が美しい。

榛名山と赤城山

まあ、想定内。

白雲山山頂より。手前の裏妙義もいずれ行ってみたい。

浅間山アップ

相馬岳山頂より。あそこへ行くのか。遠いな。その向こうは特徴的な荒船山だ。

一応。

ここまでは余裕だ。

激下りだ。

怖いので腹這いで覗く。

鷹返しはここらしい。看板や案内はない。結構な高度差だ。

鷹返し終点かな。鎖が切れたらさようならだ。積極的にお薦めできない。

浅間山は美しい。

あっちから来た。

テンションは高い。

う~ん、マンダム。

今度は垂直の下りだ。

なかなかスリリングだが、下りは楽だ。

あそこの溝を降りた。降りている人が見える。

う~ん、マンダム。

駐車場が見えた。

何度も浅間山を撮ってしまう。富士山の次に好きな山だ。

微妙なバランスの岩だ。

下る。

浮かれている。

う~ん、最高。マンダム。

気分は最高だ。

ここが最後のピークで、後は下るのみだ。

見える山1

見える山2

見える山3

あそこは行けないようだ。ちょっと残念だ。

台形の荒船山がそそる。

嬉しそうだ。

まだまだ油断出来ない。

全集中だ。

全集中。

あそこを降りた。

あそこにいたんだな。

神社の石段を降りる。

中之嶽神社

さしみこんにゃく。さっぱりしていて美味しい。きよちゃん、下仁田もこんな感じかな?

カラフルだ。

無事に帰還した。

ノンアルでほっとする。

炭水化物チャージ。

左目上をけがしたにゃん。

類似するルートを通った活動日記