笹子駅〜黒岳〜河口湖 縦走

2020.12.05(土) 日帰り
TNG
TNG

活動データ

タイム

07:30

距離

18.0km

上り

1880m

下り

1624m

活動詳細

もっと見る

遅ればせながら富嶽三十六景ハイキングでYMAPバッジが貰えることを知ったので、北のバッジを頂きに行ってきた。受け取り場所は富士急ハイランドなので、下山後に立ち寄りやすい黒岳を目的地として、中央本線の笹子駅から河口湖まで縦走することにした。 朝、家を出たときは雨がちらついていたが、山梨は晴れという予報を信じて出発。7時過ぎに笹子駅に到着。しばらく甲州街道沿いに歩く。脇道に入ってもしばらくは舗装道。追分トンネルを過ぎたあたりで小雨が降り出す。 変電所を過ぎると、ようやく登山道になる。清八峠までの登りは結構急だ。雨は途中で止んだが、清八山頂上はガスで覆われて何も見えない。今日は富士山は見れないかと思いつつも先に進む。 御坂山までの道は概ね歩きやすいが、途中のちょっとした下りで足を滑らせて派手に転んでしまった。怪我は無かったが危うく斜面を滑落する所だった。気が緩んでいた様なので、改めて気を引き締める。 御坂山山頂もガスガスだったが、御坂峠まで行くと霧が晴れてきた。希望を胸に黒岳に向かうが、途中でまた霧が出てきた。もうダメかと思ったが、黒岳山頂南側の展望台に行くと富士山が見える!まさに頂上に着いたタイミングで晴れてくれたようだ。 下山路はそのまま展望台から河口湖方面に進む。途中にいくつも富士山と河口湖のビュースポットがあり、大満足。ただし、急で滑りやすい箇所がいくつかあるので要注意。 まだ余裕があったので途中の分岐で烏帽子岩を経由するバリルートを選択。テープなどの目印は少なかったが、地形はわかりやすかった。ただ、落ち葉の積もった急斜面の下りではかなり消耗させられた。河口湖畔のペンション村に下山して終了した。 下山後はバスで富士急ハイランドヘ。他の方の記録では園内の売店でバッジを貰ったそうだが、入り口の窓口でYMAPの画面を見せると、その場でバッジが貰えた。予想していたよりしっかりとしたバッジで、無料でいただけるとはYMAPと富士急に感謝だ。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす