石割山・一ノ砂ノ沢ノ頭・平尾山・大窪山・イモ山・大平山・飯盛山・長池山

2020.12.05(土) 日帰り

塔ノ岳に行くつもりで玄関を出たらまさかの雨☔️、晴れのはずだったが予報を確認したら塔ノ岳は雨のち曇りでした。 今日はやめるかと思いながら車に乗ってスマホで調べていたら、9月に雨で登らなかったため候補となっていた山中湖周辺の山なら午前から晴れそうなので、登山計画も石割山にチェンジし、山中湖に向かいました。 平尾山、大平山、飯盛山は数年前家族で歩いたコースですが、その時、富士山が大きく見えて感動したことを覚えています。 長池親水公園駐車場に車を停めて、バスを待つこと1時間、なかなか止まなかった雨もバスに乗る頃には小雨になっていました。

なかなか雨が止みません。予報を信じて待ちます。

なかなか雨が止みません。予報を信じて待ちます。

なかなか雨が止みません。予報を信じて待ちます。

バス🚌の本数は少なく、丁度雨が止む一時間後。
レインウェアの下持ってこなかったので、バス降りてから降りはじめても引き返せません。

バス🚌の本数は少なく、丁度雨が止む一時間後。 レインウェアの下持ってこなかったので、バス降りてから降りはじめても引き返せません。

バス🚌の本数は少なく、丁度雨が止む一時間後。 レインウェアの下持ってこなかったので、バス降りてから降りはじめても引き返せません。

バスや電車が来る写真撮るの好きかも。

バスや電車が来る写真撮るの好きかも。

バスや電車が来る写真撮るの好きかも。

石割山ハイキングコース入り口からしばらく車道を歩きます。

石割山ハイキングコース入り口からしばらく車道を歩きます。

石割山ハイキングコース入り口からしばらく車道を歩きます。

9月はここまで来ました。

9月はここまで来ました。

9月はここまで来ました。

長い階段、奥に行くほど傾斜が急になっています。

長い階段、奥に行くほど傾斜が急になっています。

長い階段、奥に行くほど傾斜が急になっています。

石割神社⛩到着

石割神社⛩到着

石割神社⛩到着

3回石の隙間を通ると開運が生まれるそうですが、とりあえず1回だけ、結構狭いです。

3回石の隙間を通ると開運が生まれるそうですが、とりあえず1回だけ、結構狭いです。

3回石の隙間を通ると開運が生まれるそうですが、とりあえず1回だけ、結構狭いです。

3つに割れているんですね。

3つに割れているんですね。

3つに割れているんですね。

さらに登って石割山、雨は止みましたが雲であまり景色は見えません。

さらに登って石割山、雨は止みましたが雲であまり景色は見えません。

さらに登って石割山、雨は止みましたが雲であまり景色は見えません。

石割山山頂です?晴れ間が出てきましたが富士山は雲の中

石割山山頂です?晴れ間が出てきましたが富士山は雲の中

石割山山頂です?晴れ間が出てきましたが富士山は雲の中

水捌けが悪い急な降り、靴のソールがもう交換時期なので怖い。

水捌けが悪い急な降り、靴のソールがもう交換時期なので怖い。

水捌けが悪い急な降り、靴のソールがもう交換時期なので怖い。

別荘地から登るルートと合流

別荘地から登るルートと合流

別荘地から登るルートと合流

富士山はたまに雲が晴れて姿を見せます。

富士山はたまに雲が晴れて姿を見せます。

富士山はたまに雲が晴れて姿を見せます。

大平山に向かいます。

大平山に向かいます。

大平山に向かいます。

雲は少なくなりました。湖越しの富士山は絵になります。

雲は少なくなりました。湖越しの富士山は絵になります。

雲は少なくなりました。湖越しの富士山は絵になります。

飯盛山は狭い山頂にベンチが一つ、小さなアップダウンが続きます。

飯盛山は狭い山頂にベンチが一つ、小さなアップダウンが続きます。

飯盛山は狭い山頂にベンチが一つ、小さなアップダウンが続きます。

車道に出ますが左に踏み跡の少ない登山道があるので降りて行きます。

車道に出ますが左に踏み跡の少ない登山道があるので降りて行きます。

車道に出ますが左に踏み跡の少ない登山道があるので降りて行きます。

当初ののルートから外れていましたが、ピンクテープがあるので辿っていきます。

当初ののルートから外れていましたが、ピンクテープがあるので辿っていきます。

当初ののルートから外れていましたが、ピンクテープがあるので辿っていきます。

別荘地を抜け湖畔に出ました。駐車場はすぐそこでした。

別荘地を抜け湖畔に出ました。駐車場はすぐそこでした。

別荘地を抜け湖畔に出ました。駐車場はすぐそこでした。

石割山に登ったので石割の湯で汗を流します。

石割山に登ったので石割の湯で汗を流します。

石割山に登ったので石割の湯で汗を流します。

なかなか雨が止みません。予報を信じて待ちます。

バス🚌の本数は少なく、丁度雨が止む一時間後。 レインウェアの下持ってこなかったので、バス降りてから降りはじめても引き返せません。

バスや電車が来る写真撮るの好きかも。

石割山ハイキングコース入り口からしばらく車道を歩きます。

9月はここまで来ました。

長い階段、奥に行くほど傾斜が急になっています。

石割神社⛩到着

3回石の隙間を通ると開運が生まれるそうですが、とりあえず1回だけ、結構狭いです。

3つに割れているんですね。

さらに登って石割山、雨は止みましたが雲であまり景色は見えません。

石割山山頂です?晴れ間が出てきましたが富士山は雲の中

水捌けが悪い急な降り、靴のソールがもう交換時期なので怖い。

別荘地から登るルートと合流

富士山はたまに雲が晴れて姿を見せます。

大平山に向かいます。

雲は少なくなりました。湖越しの富士山は絵になります。

飯盛山は狭い山頂にベンチが一つ、小さなアップダウンが続きます。

車道に出ますが左に踏み跡の少ない登山道があるので降りて行きます。

当初ののルートから外れていましたが、ピンクテープがあるので辿っていきます。

別荘地を抜け湖畔に出ました。駐車場はすぐそこでした。

石割山に登ったので石割の湯で汗を流します。

類似するルートを通った活動日記