来年の干支!牛を求めて大菩薩嶺〜奥牛雁ヶ腹摺山縦走

2020.12.01(火) 日帰り
Chitra
Chitra

ずっと気になっていた「日本一長い名前の山」 牛奥ノ雁ヶ腹摺山(うしおくのがんがはらすりやま) 雁が腹を擦るように山の峠を越えていく様からその名前がついたのだそう。この界隈には500円札の富士山のモデルになった雁ヶ腹摺山、笹子雁ヶ腹摺山と、おなじ名前をもつ山も多い。 こんなご時世なのでなるべく公共交通機関は使わずマイカーで…となるとピストンか周遊か… 登山口を決めるのに地図と睨めっこ。 一昨日夜勤前に歩いた丹沢はガッスガスで 富士山が見えなかったので富士山も見たいなぁ、 YAMAPユーザーの方の投稿を見ながら 久しぶりに大菩薩嶺も歩きたいなぁと思い 上日川峠から大菩薩嶺〜牛奥ノ雁ヶ腹摺山へ縦走し 林道経由で上日川峠に戻るルートを選択。 冬山シーズンインを意識して 今回は15kgの歩荷トレ。 当日は本当に天気が良くて大当たり。 稜線からは富士山は1日を通して美しく雄大で 南アルプスはもちろん、八ヶ岳や遠く北アルプスまで 途中の樹林帯では笹が凍ってまっしろ 踏んでも沈まないほどの立派な霜柱! 清々しい初冬の空気を感じながらの山歩きでした。 牛奥ノ雁ヶ腹摺山から大菩薩湖に向かってくだる下山路では真っ白な立ち枯れの木々が青空に映えて美しかったー!!! 樹林帯から下はサクサク落ち葉の音を楽しみながら。 最後の柵とネットをくぐる所は一瞬「あれ?どこだ?」ってなったけれど、YAMAPユーザーさんたちの投稿で事前チェックしていたおかげですんなり通過できました。 もちろんちゃんと、紐は結びましたよー! 最後の林道歩きは… えー…あそこ登るのか…と延々続くガードレールにうんざりするも、実際に歩くと意外とすんなり歩けてしまいます。途中、コンクリート打ちの斜面の排水路から何本もタラの芽がニョキニョキ伸びていて、生命力の強さに、感動…!! 林道残りあと3キロ地点 最後の最後で、林道歩きに飽きて 右折して迂回する林道に行くのをやめ 左折して坂をくだり自然探索路を使って上日川峠を目指すことに…これが気分的に1番疲れました😅 素直に塗装路を歩いた方が速かったかな…。 ちょうど駐車場のトイレの裏手にニョキっと出て 無事に帰着しました。 ※写真の撮影時間が編集時間になってしまいました… ※上日川峠までの道は冬季閉鎖される区間がありますのでこれからの季節は各自十分ご確認の上、ご計画ください。

ロッヂ長兵衛。
バス停と駐車場。公衆トイレ(トイペあり)

ロッヂ長兵衛。 バス停と駐車場。公衆トイレ(トイペあり)

ロッヂ長兵衛。 バス停と駐車場。公衆トイレ(トイペあり)

登山開始
まだ日が当たらず、刺すような寒さ。

登山開始 まだ日が当たらず、刺すような寒さ。

登山開始 まだ日が当たらず、刺すような寒さ。

唐松尾根を登りはじめ30分…
このソールの持ち主は無事に下山できただろうか…

唐松尾根を登りはじめ30分… このソールの持ち主は無事に下山できただろうか…

唐松尾根を登りはじめ30分… このソールの持ち主は無事に下山できただろうか…

富士山、どどーん!!
一昨日は見られなかったから嬉しいなぁ。

富士山、どどーん!! 一昨日は見られなかったから嬉しいなぁ。

富士山、どどーん!! 一昨日は見られなかったから嬉しいなぁ。

唐松尾根最後のポイント。
もうすぐ雷岩。

唐松尾根最後のポイント。 もうすぐ雷岩。

唐松尾根最後のポイント。 もうすぐ雷岩。

雷岩から左手の樹林帯を進むと、ひっそりと大菩薩嶺。
樹林帯で眺望はなし。
景色のいい大菩薩峠とも反対方向。
それでも深田久弥がこの山を百名山に選んだのは、山頂の景観如何に留まらず、山自体の歴史的、文学的価値、そして親しみやすさや峠の眺望の良さなど総合的に評価しての事だったのだろうな…と思いながら、写真に収めてもと来た道を戻ります。
反対側には丸川峠におりるルートが続いているので、間違えないように注意。

雷岩から左手の樹林帯を進むと、ひっそりと大菩薩嶺。 樹林帯で眺望はなし。 景色のいい大菩薩峠とも反対方向。 それでも深田久弥がこの山を百名山に選んだのは、山頂の景観如何に留まらず、山自体の歴史的、文学的価値、そして親しみやすさや峠の眺望の良さなど総合的に評価しての事だったのだろうな…と思いながら、写真に収めてもと来た道を戻ります。 反対側には丸川峠におりるルートが続いているので、間違えないように注意。

雷岩から左手の樹林帯を進むと、ひっそりと大菩薩嶺。 樹林帯で眺望はなし。 景色のいい大菩薩峠とも反対方向。 それでも深田久弥がこの山を百名山に選んだのは、山頂の景観如何に留まらず、山自体の歴史的、文学的価値、そして親しみやすさや峠の眺望の良さなど総合的に評価しての事だったのだろうな…と思いながら、写真に収めてもと来た道を戻ります。 反対側には丸川峠におりるルートが続いているので、間違えないように注意。

大菩薩峠を目指し進みます。

大菩薩峠を目指し進みます。

大菩薩峠を目指し進みます。

南アルプスがくっきり見えています。
左端の黒っぼいのが甲斐駒ヶ岳、真ん中あたりの白く雪がついたのが北岳、間ノ岳、農鳥あたりかな?

南アルプスがくっきり見えています。 左端の黒っぼいのが甲斐駒ヶ岳、真ん中あたりの白く雪がついたのが北岳、間ノ岳、農鳥あたりかな?

南アルプスがくっきり見えています。 左端の黒っぼいのが甲斐駒ヶ岳、真ん中あたりの白く雪がついたのが北岳、間ノ岳、農鳥あたりかな?

賽の河原
一重積んでは父のため〜
二重積んでは母のため〜

賽の河原 一重積んでは父のため〜 二重積んでは母のため〜

賽の河原 一重積んでは父のため〜 二重積んでは母のため〜

大菩薩峠から南アルプス方面をのぞむ

大菩薩峠から南アルプス方面をのぞむ

大菩薩峠から南アルプス方面をのぞむ

介山荘
物販が超充実…!

介山荘 物販が超充実…!

介山荘 物販が超充実…!

物販が充実…!
可愛いYamasankaのピンバッジ4つと
オコジョの超可愛い手ぬぐい1枚を購入。
嬉しい〜😆
セキレイのカラビナも買えばよかったな〜(´・ω・`)

物販が充実…! 可愛いYamasankaのピンバッジ4つと オコジョの超可愛い手ぬぐい1枚を購入。 嬉しい〜😆 セキレイのカラビナも買えばよかったな〜(´・ω・`)

物販が充実…! 可愛いYamasankaのピンバッジ4つと オコジョの超可愛い手ぬぐい1枚を購入。 嬉しい〜😆 セキレイのカラビナも買えばよかったな〜(´・ω・`)

介山荘を過ぎて樹林帯歩き
踏んでも沈まないくらい立派な霜柱…!

介山荘を過ぎて樹林帯歩き 踏んでも沈まないくらい立派な霜柱…!

介山荘を過ぎて樹林帯歩き 踏んでも沈まないくらい立派な霜柱…!

樹林帯ののぼり
ここを抜ければ再び眺望のいい稜線歩き

樹林帯ののぼり ここを抜ければ再び眺望のいい稜線歩き

樹林帯ののぼり ここを抜ければ再び眺望のいい稜線歩き

石丸峠手前
ここは気持ちがよかったな〜☺️

石丸峠手前 ここは気持ちがよかったな〜☺️

石丸峠手前 ここは気持ちがよかったな〜☺️

小金沢山方面に進みます。
日のあたる所は霜柱がとけて、しばしグチャグチャ

小金沢山方面に進みます。 日のあたる所は霜柱がとけて、しばしグチャグチャ

小金沢山方面に進みます。 日のあたる所は霜柱がとけて、しばしグチャグチャ

ササ原と地図に書かれるだけあり、左右ずっと、笹…!!夏は大変そう〜😅

ササ原と地図に書かれるだけあり、左右ずっと、笹…!!夏は大変そう〜😅

ササ原と地図に書かれるだけあり、左右ずっと、笹…!!夏は大変そう〜😅

日陰や午前中日の当たらなかった場所はまだまだ真っ白!

日陰や午前中日の当たらなかった場所はまだまだ真っ白!

日陰や午前中日の当たらなかった場所はまだまだ真っ白!

まっしろに霜のついた笹

まっしろに霜のついた笹

まっしろに霜のついた笹

天狗棚山

天狗棚山

天狗棚山

日が高くなり気温も上がり、だんだん南アルプスも霞んできました。

日が高くなり気温も上がり、だんだん南アルプスも霞んできました。

日が高くなり気温も上がり、だんだん南アルプスも霞んできました。

稜線を辿って見えるピークが小金沢山です。

稜線を辿って見えるピークが小金沢山です。

稜線を辿って見えるピークが小金沢山です。

気持ちいいなぁ〜😆と、ゴキゲンで歩いています。

気持ちいいなぁ〜😆と、ゴキゲンで歩いています。

気持ちいいなぁ〜😆と、ゴキゲンで歩いています。

テンション上がって、ジャンプ!

テンション上がって、ジャンプ!

テンション上がって、ジャンプ!

日陰はまだまだ霜柱が溶けません。
霜柱のあがった地面は、溶けていなければ滑らないので歩きやすい…!

日陰はまだまだ霜柱が溶けません。 霜柱のあがった地面は、溶けていなければ滑らないので歩きやすい…!

日陰はまだまだ霜柱が溶けません。 霜柱のあがった地面は、溶けていなければ滑らないので歩きやすい…!

小金沢山への樹林帯の登り。

小金沢山への樹林帯の登り。

小金沢山への樹林帯の登り。

小金沢山到着〜
ぎりぎり富士山が見えています。

小金沢山到着〜 ぎりぎり富士山が見えています。

小金沢山到着〜 ぎりぎり富士山が見えています。

お腹が空いたので腹ごしらえ。
あと30分で牛奥ノ雁ヶ腹摺山なんですけどね…。
このカップラーメン、スープや火薬の小袋なしでお湯を注ぐだけなので楽チン。カップヌードルみたい!って思ったら日清の商品でした。
たぶん普段ならかなり塩っぱく感じるだろうけど、山歩きの時なら美味しく感じる🤤ちなみにかなりニンニク強め。スタミナつけて、残りもがんばるぞー!

お腹が空いたので腹ごしらえ。 あと30分で牛奥ノ雁ヶ腹摺山なんですけどね…。 このカップラーメン、スープや火薬の小袋なしでお湯を注ぐだけなので楽チン。カップヌードルみたい!って思ったら日清の商品でした。 たぶん普段ならかなり塩っぱく感じるだろうけど、山歩きの時なら美味しく感じる🤤ちなみにかなりニンニク強め。スタミナつけて、残りもがんばるぞー!

お腹が空いたので腹ごしらえ。 あと30分で牛奥ノ雁ヶ腹摺山なんですけどね…。 このカップラーメン、スープや火薬の小袋なしでお湯を注ぐだけなので楽チン。カップヌードルみたい!って思ったら日清の商品でした。 たぶん普段ならかなり塩っぱく感じるだろうけど、山歩きの時なら美味しく感じる🤤ちなみにかなりニンニク強め。スタミナつけて、残りもがんばるぞー!

来年の干支、牛のつく山
牛奥ノ雁ヶ腹摺山です。
日本一長い名前の山だそうです。

来年の干支、牛のつく山 牛奥ノ雁ヶ腹摺山です。 日本一長い名前の山だそうです。

来年の干支、牛のつく山 牛奥ノ雁ヶ腹摺山です。 日本一長い名前の山だそうです。

あー…富士山が…かろうじて…

あー…富士山が…かろうじて…

あー…富士山が…かろうじて…

牛奥ノ雁ヶ腹摺山からの下山路。
地図上では一応、破線ルートですが
しっかりしたルートで基本的には歩きやすいです。

牛奥ノ雁ヶ腹摺山からの下山路。 地図上では一応、破線ルートですが しっかりしたルートで基本的には歩きやすいです。

牛奥ノ雁ヶ腹摺山からの下山路。 地図上では一応、破線ルートですが しっかりしたルートで基本的には歩きやすいです。

立ち枯れがきれい☺️

立ち枯れがきれい☺️

立ち枯れがきれい☺️

樹林帯のくだりは森林浴☺️

樹林帯のくだりは森林浴☺️

樹林帯のくだりは森林浴☺️

こちらのフェンスにぶちあたったら、少しだけ左手にくだります。階段とピンクロープが目標。この張り紙がしてある場所が、ネットがくぐれるようになってます。
ポールを固定している紐をほどき、潜り終わったらポールを戻して紐を縛り直します。

こちらのフェンスにぶちあたったら、少しだけ左手にくだります。階段とピンクロープが目標。この張り紙がしてある場所が、ネットがくぐれるようになってます。 ポールを固定している紐をほどき、潜り終わったらポールを戻して紐を縛り直します。

こちらのフェンスにぶちあたったら、少しだけ左手にくだります。階段とピンクロープが目標。この張り紙がしてある場所が、ネットがくぐれるようになってます。 ポールを固定している紐をほどき、潜り終わったらポールを戻して紐を縛り直します。

樹林帯から林道に入るポイント。樹林帯方面を振り返った景色。

樹林帯から林道に入るポイント。樹林帯方面を振り返った景色。

樹林帯から林道に入るポイント。樹林帯方面を振り返った景色。

長いとは聞いていたけれども…な林道歩き

長いとは聞いていたけれども…な林道歩き

長いとは聞いていたけれども…な林道歩き

コンクリート打ちの斜面の排水路から伸びる、タラノメ!

コンクリート打ちの斜面の排水路から伸びる、タラノメ!

コンクリート打ちの斜面の排水路から伸びる、タラノメ!

本日最後の富士山。
1日ありがとう〜!

本日最後の富士山。 1日ありがとう〜!

本日最後の富士山。 1日ありがとう〜!

まだ3.2キロもあるのか〜なかなか縮まないな〜

まだ3.2キロもあるのか〜なかなか縮まないな〜

まだ3.2キロもあるのか〜なかなか縮まないな〜

上日川峠から3km地点の分岐
右にいけばそのまま塗装路
左に行くと橋を二つ越えたところに上日川峠に向かう自然探索路があります。川沿いを緩やかに登りますが、水辺だからか結構寒かったです。

上日川峠から3km地点の分岐 右にいけばそのまま塗装路 左に行くと橋を二つ越えたところに上日川峠に向かう自然探索路があります。川沿いを緩やかに登りますが、水辺だからか結構寒かったです。

上日川峠から3km地点の分岐 右にいけばそのまま塗装路 左に行くと橋を二つ越えたところに上日川峠に向かう自然探索路があります。川沿いを緩やかに登りますが、水辺だからか結構寒かったです。

意外と長い…

意外と長い…

意外と長い…

右手に見えるのが駐車場の公衆トイレ。

右手に見えるのが駐車場の公衆トイレ。

右手に見えるのが駐車場の公衆トイレ。

無事に帰着しました☺️

無事に帰着しました☺️

無事に帰着しました☺️

ロッヂ長兵衛。 バス停と駐車場。公衆トイレ(トイペあり)

登山開始 まだ日が当たらず、刺すような寒さ。

唐松尾根を登りはじめ30分… このソールの持ち主は無事に下山できただろうか…

富士山、どどーん!! 一昨日は見られなかったから嬉しいなぁ。

唐松尾根最後のポイント。 もうすぐ雷岩。

雷岩から左手の樹林帯を進むと、ひっそりと大菩薩嶺。 樹林帯で眺望はなし。 景色のいい大菩薩峠とも反対方向。 それでも深田久弥がこの山を百名山に選んだのは、山頂の景観如何に留まらず、山自体の歴史的、文学的価値、そして親しみやすさや峠の眺望の良さなど総合的に評価しての事だったのだろうな…と思いながら、写真に収めてもと来た道を戻ります。 反対側には丸川峠におりるルートが続いているので、間違えないように注意。

大菩薩峠を目指し進みます。

南アルプスがくっきり見えています。 左端の黒っぼいのが甲斐駒ヶ岳、真ん中あたりの白く雪がついたのが北岳、間ノ岳、農鳥あたりかな?

賽の河原 一重積んでは父のため〜 二重積んでは母のため〜

大菩薩峠から南アルプス方面をのぞむ

介山荘 物販が超充実…!

物販が充実…! 可愛いYamasankaのピンバッジ4つと オコジョの超可愛い手ぬぐい1枚を購入。 嬉しい〜😆 セキレイのカラビナも買えばよかったな〜(´・ω・`)

介山荘を過ぎて樹林帯歩き 踏んでも沈まないくらい立派な霜柱…!

樹林帯ののぼり ここを抜ければ再び眺望のいい稜線歩き

石丸峠手前 ここは気持ちがよかったな〜☺️

小金沢山方面に進みます。 日のあたる所は霜柱がとけて、しばしグチャグチャ

ササ原と地図に書かれるだけあり、左右ずっと、笹…!!夏は大変そう〜😅

日陰や午前中日の当たらなかった場所はまだまだ真っ白!

まっしろに霜のついた笹

天狗棚山

日が高くなり気温も上がり、だんだん南アルプスも霞んできました。

稜線を辿って見えるピークが小金沢山です。

気持ちいいなぁ〜😆と、ゴキゲンで歩いています。

テンション上がって、ジャンプ!

日陰はまだまだ霜柱が溶けません。 霜柱のあがった地面は、溶けていなければ滑らないので歩きやすい…!

小金沢山への樹林帯の登り。

小金沢山到着〜 ぎりぎり富士山が見えています。

お腹が空いたので腹ごしらえ。 あと30分で牛奥ノ雁ヶ腹摺山なんですけどね…。 このカップラーメン、スープや火薬の小袋なしでお湯を注ぐだけなので楽チン。カップヌードルみたい!って思ったら日清の商品でした。 たぶん普段ならかなり塩っぱく感じるだろうけど、山歩きの時なら美味しく感じる🤤ちなみにかなりニンニク強め。スタミナつけて、残りもがんばるぞー!

来年の干支、牛のつく山 牛奥ノ雁ヶ腹摺山です。 日本一長い名前の山だそうです。

あー…富士山が…かろうじて…

牛奥ノ雁ヶ腹摺山からの下山路。 地図上では一応、破線ルートですが しっかりしたルートで基本的には歩きやすいです。

立ち枯れがきれい☺️

樹林帯のくだりは森林浴☺️

こちらのフェンスにぶちあたったら、少しだけ左手にくだります。階段とピンクロープが目標。この張り紙がしてある場所が、ネットがくぐれるようになってます。 ポールを固定している紐をほどき、潜り終わったらポールを戻して紐を縛り直します。

樹林帯から林道に入るポイント。樹林帯方面を振り返った景色。

長いとは聞いていたけれども…な林道歩き

コンクリート打ちの斜面の排水路から伸びる、タラノメ!

本日最後の富士山。 1日ありがとう〜!

まだ3.2キロもあるのか〜なかなか縮まないな〜

上日川峠から3km地点の分岐 右にいけばそのまま塗装路 左に行くと橋を二つ越えたところに上日川峠に向かう自然探索路があります。川沿いを緩やかに登りますが、水辺だからか結構寒かったです。

意外と長い…

右手に見えるのが駐車場の公衆トイレ。

無事に帰着しました☺️

類似するルートを通った活動日記