初冬の那須岳(朝日岳・三本槍岳・茶臼岳)稜線歩き

2020.11.27(金) 日帰り

前日に早めに帰れなかったので、とりあえず行きたい山の天クラを見て今回は今年3度目の那須岳へ。 もう少し晴れると思ったけど、登山開始からほぼガスガス。途中でぱーっとガスが晴れても、写真を撮ってる間にまたガスガスになる感じ。峰の小屋付近も風は穏やか。まずは朝日岳、三本槍岳方面に向かうも登山道はチェーンスパイクすらいらない状態。その分靴に泥がつくため岩場は慎重にならざるを得なかったが。 霧氷に飾られてた朝日岳、山頂からは茶臼岳やこれから向かう三本槍岳への稜線までやっと見えるレベル。そそくさと三本槍岳方面にむかう。熊見曽根から先はプチアルペン気分を味わえる朝日岳へのルートと違い、東北っぽさを思わせる広々とした稜線が続く、が予想通りのドロドロ。三本槍岳の山頂では先着1名と会ったくらいのほぼ貸切!もガスガスで展望なし。 先行者は大峠から三斗小屋を廻ってくると言うが、茶臼岳での展望を期待して茶臼岳方面へ。途中で何組かにすれ違う程度で今日はホントに静かな那須岳。 茶臼岳についても結局はガスはほとんど晴れず、でも貸切の山頂と時々広がる青空にまあよしとしよう。 峰の小屋に戻る時に朝日岳方面がスッキリ晴れてなんと美しいこと。振り返ると茶臼岳はガスの中。次回は雪のルートを歩いてみたい。

登山開始。よろしくお願いします!

登山開始。よろしくお願いします!

登山開始。よろしくお願いします!

登山開始時にはややガスは晴れつつ

登山開始時にはややガスは晴れつつ

登山開始時にはややガスは晴れつつ

右手に見える朝日岳。荒々しいけど美しい

右手に見える朝日岳。荒々しいけど美しい

右手に見える朝日岳。荒々しいけど美しい

左手に茶臼岳の先端が

左手に茶臼岳の先端が

左手に茶臼岳の先端が

草も凍りついてる

草も凍りついてる

草も凍りついてる

ほどなく峠の茶屋。ガスはもうちょい

ほどなく峠の茶屋。ガスはもうちょい

ほどなく峠の茶屋。ガスはもうちょい

とりあえず朝日岳方面へ

とりあえず朝日岳方面へ

とりあえず朝日岳方面へ

剣が峰をトラバースした後ろ側に恵比寿大黒?

剣が峰をトラバースした後ろ側に恵比寿大黒?

剣が峰をトラバースした後ろ側に恵比寿大黒?

もう少し雪がついてると思ってたのに

もう少し雪がついてると思ってたのに

もう少し雪がついてると思ってたのに

岩には無精髭みたい

岩には無精髭みたい

岩には無精髭みたい

ここの歩きはプチアルペン気分を味わえるのでこのコースで一番好き

ここの歩きはプチアルペン気分を味わえるのでこのコースで一番好き

ここの歩きはプチアルペン気分を味わえるのでこのコースで一番好き

朝日岳が幻想的

朝日岳が幻想的

朝日岳が幻想的

朝日岳の肩から山頂に向かう

朝日岳の肩から山頂に向かう

朝日岳の肩から山頂に向かう

朝日岳山頂は貸切。

朝日岳山頂は貸切。

朝日岳山頂は貸切。

ほんの少しだけ茶臼岳が見えた!

ほんの少しだけ茶臼岳が見えた!

ほんの少しだけ茶臼岳が見えた!

そそくさと三本槍岳方面に

そそくさと三本槍岳方面に

そそくさと三本槍岳方面に

熊見曽根

熊見曽根

熊見曽根

ここから先は奥深く感じる

ここから先は奥深く感じる

ここから先は奥深く感じる

有名な1900m峰(笑)。今回初めて登山記録についてた!

有名な1900m峰(笑)。今回初めて登山記録についてた!

有名な1900m峰(笑)。今回初めて登山記録についてた!

三本槍岳方面はたおやかな雰囲気

三本槍岳方面はたおやかな雰囲気

三本槍岳方面はたおやかな雰囲気

清水平の木道

清水平の木道

清水平の木道

が、その先は予想通りのドロドロ

が、その先は予想通りのドロドロ

が、その先は予想通りのドロドロ

凍てつく氷の芸術は美しい

凍てつく氷の芸術は美しい

凍てつく氷の芸術は美しい

日が陰ると急に寒くなってくる

日が陰ると急に寒くなってくる

日が陰ると急に寒くなってくる

三本槍岳。ガスガスで何も見えず。ここではいつもこうなる気が…

三本槍岳。ガスガスで何も見えず。ここではいつもこうなる気が…

三本槍岳。ガスガスで何も見えず。ここではいつもこうなる気が…

ガスが晴れると本当に美しい

ガスが晴れると本当に美しい

ガスが晴れると本当に美しい

茶臼岳までもう少し

茶臼岳までもう少し

茶臼岳までもう少し

お鉢の向こうに山頂。今日は左回り

お鉢の向こうに山頂。今日は左回り

お鉢の向こうに山頂。今日は左回り

茶臼岳山頂。祠の先には三本槍岳方面

茶臼岳山頂。祠の先には三本槍岳方面

茶臼岳山頂。祠の先には三本槍岳方面

下界は雲海の中。遠くに日光の山が?

下界は雲海の中。遠くに日光の山が?

下界は雲海の中。遠くに日光の山が?

三倉山や三本槍岳の稜線が幻想的

三倉山や三本槍岳の稜線が幻想的

三倉山や三本槍岳の稜線が幻想的

帰り道、久々にクリアな朝日岳

帰り道、久々にクリアな朝日岳

帰り道、久々にクリアな朝日岳

峠の茶屋が見えてくると今回の旅もほぼおわり。でもこの稜線は大好き

峠の茶屋が見えてくると今回の旅もほぼおわり。でもこの稜線は大好き

峠の茶屋が見えてくると今回の旅もほぼおわり。でもこの稜線は大好き

締めは鹿の湯

締めは鹿の湯

締めは鹿の湯

登山開始。よろしくお願いします!

登山開始時にはややガスは晴れつつ

右手に見える朝日岳。荒々しいけど美しい

左手に茶臼岳の先端が

草も凍りついてる

ほどなく峠の茶屋。ガスはもうちょい

とりあえず朝日岳方面へ

剣が峰をトラバースした後ろ側に恵比寿大黒?

もう少し雪がついてると思ってたのに

岩には無精髭みたい

ここの歩きはプチアルペン気分を味わえるのでこのコースで一番好き

朝日岳が幻想的

朝日岳の肩から山頂に向かう

朝日岳山頂は貸切。

ほんの少しだけ茶臼岳が見えた!

そそくさと三本槍岳方面に

熊見曽根

ここから先は奥深く感じる

有名な1900m峰(笑)。今回初めて登山記録についてた!

三本槍岳方面はたおやかな雰囲気

清水平の木道

が、その先は予想通りのドロドロ

凍てつく氷の芸術は美しい

日が陰ると急に寒くなってくる

三本槍岳。ガスガスで何も見えず。ここではいつもこうなる気が…

ガスが晴れると本当に美しい

茶臼岳までもう少し

お鉢の向こうに山頂。今日は左回り

茶臼岳山頂。祠の先には三本槍岳方面

下界は雲海の中。遠くに日光の山が?

三倉山や三本槍岳の稜線が幻想的

帰り道、久々にクリアな朝日岳

峠の茶屋が見えてくると今回の旅もほぼおわり。でもこの稜線は大好き

締めは鹿の湯

類似するルートを通った活動日記