古秋田街道国見峠 土のぼっと一里塚

2020.11.27(金) 日帰り
しんちゃん
しんちゃん

 トンネル無しで国見峠をこえる旧49号線は”仙岩峠の茶屋”向かいから分岐する。むろん車両通行止めだ。ゲートから歩き始めるとヘルメット姿の監視員が出現。道路にかぶった樹木の伐採作業中なので安全に通過するまで見守っていただいた。この先の標高750m付近までには送電線の鉄塔や無線中継塔などのライフラインが集中する。このラインの保守・管理道路が現在の旧49号線の役目のようだ。その維持のおかげで快適なハイキングが楽しめる。ありがとうございます。  無線中継塔から先は、いにしえの”秋田街道”で藩境塚の設置された”国見峠”まで伸びる古道。根曲り竹が古道をおおい、あくなき繁茂力が道を侵食していく。最低限の目標の”土のぼっと”一里塚がなんとか姿を現してくれた。監視員さんとの約束時間はもうまもなくだ。もどろう。

国道は現在維持作業中でお店は大繁盛のようです

国道は現在維持作業中でお店は大繁盛のようです

国道は現在維持作業中でお店は大繁盛のようです

高所作業車など機動力のある伐採作業でした

高所作業車など機動力のある伐採作業でした

高所作業車など機動力のある伐採作業でした

旧国道から無線中継所へ向かう急こう配の作業道。

旧国道から無線中継所へ向かう急こう配の作業道。

旧国道から無線中継所へ向かう急こう配の作業道。

無線中継所

無線中継所

無線中継所

田沢湖が眼下に

田沢湖が眼下に

田沢湖が眼下に

さてこの尾根を詰めます。駒ヶ岳もだいぶ雪が増えました

さてこの尾根を詰めます。駒ヶ岳もだいぶ雪が増えました

さてこの尾根を詰めます。駒ヶ岳もだいぶ雪が増えました

こんな素晴らしい古道はごく一部です。でも本来の道はこんなもの。なにせ名馬が歩いた道ですから。

こんな素晴らしい古道はごく一部です。でも本来の道はこんなもの。なにせ名馬が歩いた道ですから。

こんな素晴らしい古道はごく一部です。でも本来の道はこんなもの。なにせ名馬が歩いた道ですから。

根曲り竹から突然出現した”土のぼっと”一里塚。平成3年建立でした。

根曲り竹から突然出現した”土のぼっと”一里塚。平成3年建立でした。

根曲り竹から突然出現した”土のぼっと”一里塚。平成3年建立でした。

この先のうっそうとした根曲り竹の古道。地面はやや凹んでいるので道の判定は可能

この先のうっそうとした根曲り竹の古道。地面はやや凹んでいるので道の判定は可能

この先のうっそうとした根曲り竹の古道。地面はやや凹んでいるので道の判定は可能

古道脇に植樹されたような気配です

古道脇に植樹されたような気配です

古道脇に植樹されたような気配です

生保内の町が眼下に
。生保内川の蛇行がきれい。

生保内の町が眼下に 。生保内川の蛇行がきれい。

生保内の町が眼下に 。生保内川の蛇行がきれい。

機動力がすさまじい

機動力がすさまじい

機動力がすさまじい

やはりこれが圧倒的

やはりこれが圧倒的

やはりこれが圧倒的

これも使ってました

これも使ってました

これも使ってました

国道は現在維持作業中でお店は大繁盛のようです

高所作業車など機動力のある伐採作業でした

旧国道から無線中継所へ向かう急こう配の作業道。

無線中継所

田沢湖が眼下に

さてこの尾根を詰めます。駒ヶ岳もだいぶ雪が増えました

こんな素晴らしい古道はごく一部です。でも本来の道はこんなもの。なにせ名馬が歩いた道ですから。

根曲り竹から突然出現した”土のぼっと”一里塚。平成3年建立でした。

この先のうっそうとした根曲り竹の古道。地面はやや凹んでいるので道の判定は可能

古道脇に植樹されたような気配です

生保内の町が眼下に 。生保内川の蛇行がきれい。

機動力がすさまじい

やはりこれが圧倒的

これも使ってました