鋸山・小鋸山

2020.11.27(金) 日帰り
えいち
えいち

先日の埼玉県に続き、今日は千葉県の山に初登頂。鋸山と小鋸山、走るつもりがコースがハード過ぎてほとんど走れず… 下山してから保田〜金谷で海を見ながら走れたからヨシとしよう。

スタートは金谷のフェリーターミナル。コインロッカー、空いていて一安心。

スタートは金谷のフェリーターミナル。コインロッカー、空いていて一安心。

スタートは金谷のフェリーターミナル。コインロッカー、空いていて一安心。

途中、浜金谷駅へ寄り道。電車の時間を一応確認。

途中、浜金谷駅へ寄り道。電車の時間を一応確認。

途中、浜金谷駅へ寄り道。電車の時間を一応確認。

鋸山へは“関東ふれあいの道”を選ぶも階段ばかり。なかなかふれあえない?

鋸山へは“関東ふれあいの道”を選ぶも階段ばかり。なかなかふれあえない?

鋸山へは“関東ふれあいの道”を選ぶも階段ばかり。なかなかふれあえない?

観月台へ到着。夜に月を観に来る風流な方はいるのだろうか?

観月台へ到着。夜に月を観に来る風流な方はいるのだろうか?

観月台へ到着。夜に月を観に来る風流な方はいるのだろうか?

観月台から金谷港と対岸の三浦半島。天気が良ければ富士山も見えるとか。今日は曇り空で残念。

観月台から金谷港と対岸の三浦半島。天気が良ければ富士山も見えるとか。今日は曇り空で残念。

観月台から金谷港と対岸の三浦半島。天気が良ければ富士山も見えるとか。今日は曇り空で残念。

元々は屋根がある四阿だったのかしら…?

元々は屋根がある四阿だったのかしら…?

元々は屋根がある四阿だったのかしら…?

採石場跡。重力に逆らっていないか?

採石場跡。重力に逆らっていないか?

採石場跡。重力に逆らっていないか?

同じく採石場跡。よく崩落しないなぁ…

同じく採石場跡。よく崩落しないなぁ…

同じく採石場跡。よく崩落しないなぁ…

展望台着。またもや金谷方面と三浦半島。

展望台着。またもや金谷方面と三浦半島。

展望台着。またもや金谷方面と三浦半島。

こちらは保田方面。鋸山で遮断されているのがよく分かる。

こちらは保田方面。鋸山で遮断されているのがよく分かる。

こちらは保田方面。鋸山で遮断されているのがよく分かる。

鋸山山頂着。いわゆる観光地である日本寺の方は混み合っている模様も、こちらはガラガラ…

鋸山山頂着。いわゆる観光地である日本寺の方は混み合っている模様も、こちらはガラガラ…

鋸山山頂着。いわゆる観光地である日本寺の方は混み合っている模様も、こちらはガラガラ…

小鋸山に向かう途中にて。採石場跡も緑に覆われつつある模様。

小鋸山に向かう途中にて。採石場跡も緑に覆われつつある模様。

小鋸山に向かう途中にて。採石場跡も緑に覆われつつある模様。

もうちょいアップで。なんとなく底なし沼っぽい?

もうちょいアップで。なんとなく底なし沼っぽい?

もうちょいアップで。なんとなく底なし沼っぽい?

保田方面へ繋がる林道口に到達。千葉県知事…森田健作じゃないのね。

保田方面へ繋がる林道口に到達。千葉県知事…森田健作じゃないのね。

保田方面へ繋がる林道口に到達。千葉県知事…森田健作じゃないのね。

小鋸山への登山道で少し迷うも、保田小学校方面へ少し降りたところに看板あり。公的な山じゃないとのことだから、看板も手作りで(^^;;

小鋸山への登山道で少し迷うも、保田小学校方面へ少し降りたところに看板あり。公的な山じゃないとのことだから、看板も手作りで(^^;;

小鋸山への登山道で少し迷うも、保田小学校方面へ少し降りたところに看板あり。公的な山じゃないとのことだから、看板も手作りで(^^;;

コースにはリボンが巻かれているので迷うことは無さそう。手入れをしてくださっている方々に感謝です。

コースにはリボンが巻かれているので迷うことは無さそう。手入れをしてくださっている方々に感謝です。

コースにはリボンが巻かれているので迷うことは無さそう。手入れをしてくださっている方々に感謝です。

痩せた尾根道を進む。誰ともすれ違わないので、ちょっと不安。

痩せた尾根道を進む。誰ともすれ違わないので、ちょっと不安。

痩せた尾根道を進む。誰ともすれ違わないので、ちょっと不安。

倒木の根にリボンが巻かれているのは珍しいパターンかしら…?

倒木の根にリボンが巻かれているのは珍しいパターンかしら…?

倒木の根にリボンが巻かれているのは珍しいパターンかしら…?

鎌倉の切通みたい? ここは伏兵よりも山賊が出てきそうな雰囲気かも。

鎌倉の切通みたい? ここは伏兵よりも山賊が出てきそうな雰囲気かも。

鎌倉の切通みたい? ここは伏兵よりも山賊が出てきそうな雰囲気かも。

悪路に苦戦しつつも小鋸山到着。やはり看板は手作り。

悪路に苦戦しつつも小鋸山到着。やはり看板は手作り。

悪路に苦戦しつつも小鋸山到着。やはり看板は手作り。

小鋸山山頂より。去年の台風の爪痕かしら…

小鋸山山頂より。去年の台風の爪痕かしら…

小鋸山山頂より。去年の台風の爪痕かしら…

小鋸山で振り返ってみると鋸山。けっこう進んできたな〜

小鋸山で振り返ってみると鋸山。けっこう進んできたな〜

小鋸山で振り返ってみると鋸山。けっこう進んできたな〜

房州グランドキャニオンを目指しつつ、振り返ると小鋸山。山頂は見えない?

房州グランドキャニオンを目指しつつ、振り返ると小鋸山。山頂は見えない?

房州グランドキャニオンを目指しつつ、振り返ると小鋸山。山頂は見えない?

採石場が廃れて、そのまま自然に返る…ってところかしら? 確かにグランドキャニオンに見えなくもない。
“手付かずの自然”ではなく、“人が手を入れた後に自然に返りつつあるところ”っていうのも不思議な感じ…

採石場が廃れて、そのまま自然に返る…ってところかしら? 確かにグランドキャニオンに見えなくもない。 “手付かずの自然”ではなく、“人が手を入れた後に自然に返りつつあるところ”っていうのも不思議な感じ…

採石場が廃れて、そのまま自然に返る…ってところかしら? 確かにグランドキャニオンに見えなくもない。 “手付かずの自然”ではなく、“人が手を入れた後に自然に返りつつあるところ”っていうのも不思議な感じ…

その後は砂利道を下り、民家とアスファルト舗装が見えてきて一安心。そのまま保田駅へ。10分後に来る木更津行きの誘惑に打ち勝って、海沿いの127号線を進むことに。

その後は砂利道を下り、民家とアスファルト舗装が見えてきて一安心。そのまま保田駅へ。10分後に来る木更津行きの誘惑に打ち勝って、海沿いの127号線を進むことに。

その後は砂利道を下り、民家とアスファルト舗装が見えてきて一安心。そのまま保田駅へ。10分後に来る木更津行きの誘惑に打ち勝って、海沿いの127号線を進むことに。

金谷に向かう途中には元名海水浴場。泳いでいる人は…いないか。

金谷に向かう途中には元名海水浴場。泳いでいる人は…いないか。

金谷に向かう途中には元名海水浴場。泳いでいる人は…いないか。

海を見ながら走れるのは気持ちいいも、国道127号は歩道が無いエリアも多いのであまりオススメしません…

海を見ながら走れるのは気持ちいいも、国道127号は歩道が無いエリアも多いのであまりオススメしません…

海を見ながら走れるのは気持ちいいも、国道127号は歩道が無いエリアも多いのであまりオススメしません…

ゴールは金谷港の“恋人の聖地” こちらは寂しくソロ登山ですが… 何はともあれお疲れ様でした。

ゴールは金谷港の“恋人の聖地” こちらは寂しくソロ登山ですが… 何はともあれお疲れ様でした。

ゴールは金谷港の“恋人の聖地” こちらは寂しくソロ登山ですが… 何はともあれお疲れ様でした。

スタートは金谷のフェリーターミナル。コインロッカー、空いていて一安心。

途中、浜金谷駅へ寄り道。電車の時間を一応確認。

鋸山へは“関東ふれあいの道”を選ぶも階段ばかり。なかなかふれあえない?

観月台へ到着。夜に月を観に来る風流な方はいるのだろうか?

観月台から金谷港と対岸の三浦半島。天気が良ければ富士山も見えるとか。今日は曇り空で残念。

元々は屋根がある四阿だったのかしら…?

採石場跡。重力に逆らっていないか?

同じく採石場跡。よく崩落しないなぁ…

展望台着。またもや金谷方面と三浦半島。

こちらは保田方面。鋸山で遮断されているのがよく分かる。

鋸山山頂着。いわゆる観光地である日本寺の方は混み合っている模様も、こちらはガラガラ…

小鋸山に向かう途中にて。採石場跡も緑に覆われつつある模様。

もうちょいアップで。なんとなく底なし沼っぽい?

保田方面へ繋がる林道口に到達。千葉県知事…森田健作じゃないのね。

小鋸山への登山道で少し迷うも、保田小学校方面へ少し降りたところに看板あり。公的な山じゃないとのことだから、看板も手作りで(^^;;

コースにはリボンが巻かれているので迷うことは無さそう。手入れをしてくださっている方々に感謝です。

痩せた尾根道を進む。誰ともすれ違わないので、ちょっと不安。

倒木の根にリボンが巻かれているのは珍しいパターンかしら…?

鎌倉の切通みたい? ここは伏兵よりも山賊が出てきそうな雰囲気かも。

悪路に苦戦しつつも小鋸山到着。やはり看板は手作り。

小鋸山山頂より。去年の台風の爪痕かしら…

小鋸山で振り返ってみると鋸山。けっこう進んできたな〜

房州グランドキャニオンを目指しつつ、振り返ると小鋸山。山頂は見えない?

採石場が廃れて、そのまま自然に返る…ってところかしら? 確かにグランドキャニオンに見えなくもない。 “手付かずの自然”ではなく、“人が手を入れた後に自然に返りつつあるところ”っていうのも不思議な感じ…

その後は砂利道を下り、民家とアスファルト舗装が見えてきて一安心。そのまま保田駅へ。10分後に来る木更津行きの誘惑に打ち勝って、海沿いの127号線を進むことに。

金谷に向かう途中には元名海水浴場。泳いでいる人は…いないか。

海を見ながら走れるのは気持ちいいも、国道127号は歩道が無いエリアも多いのであまりオススメしません…

ゴールは金谷港の“恋人の聖地” こちらは寂しくソロ登山ですが… 何はともあれお疲れ様でした。

類似するルートを通った活動日記