意外と快適、新緑の難所ヶ滝

2014.05.03 日帰り Fukuoka

活動データ

タイム

04:09

距離

9.2km

上り

1,315m

下り

1,331m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

今回連休の中日に急な東北の出張があったため、連休本番は予定なし。これでは相方が許してくれません。確かにこの季節に家で大人しくしていることは絶好の機会を外すことになり、二日酔いで疲れた体に鞭打って取り急ぎ近場の宝満山方面へ足を延ばすことに。下道で昭和の森を目指しましたが、さすがに連休初日ともあって大渋滞、地元の利を生かして裏道経由で無事当着。しかし、当然上の駐車場は満杯で下の駐車場からアプローチしました。昭和の森(一本松公園)はいつも閑散としているのですが、多くのキャンパーで賑わっていました。単純に宝満山を目指しても面白くないので難所ヶ滝経由で稜線に出て宝満山往復、うさぎ道経由で下山というコースを取りました。これが大正解で難所ヶ滝は冬場の氷結観賞が常識ですが、5月はわずかな滝の落水と眼前に拡がる新緑、野鳥のさえずり、心地よい風の音など五感に響く状況を我々独り占めで満喫できました。稜線に出たら敢えて三郡は目指さず(というよりも疲れていたため)、宝満山方面へ向いました。シロモジの新緑のトンネル、時折あるコバノミツバツツジが目を楽しませてくれました。宝満山への最後の岩場はさすがに混んでいて初心者のグループを心配したベテラン登山者が下り方を教えていました。最近は私も危なっかしい登山者にコツを教えることもあります。挨拶はもちろんですが登山者同士お互いに安全を声掛け合うことも大事ですね。一期一会のヤマでの人との触れ合いは日常と離れた一服の清涼剤です。今日は来て良かったと感じました。

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。