第三次「龍岩窟エリア探索」の下見

2020.11.19(木) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
5 時間 20
休憩時間
28
距離
11.3 km
上り / 下り
794 / 794 m
2

活動詳細

すべて見る

獅子窟寺の南側、谷奥エリアはかつて獅子窟寺の行場だったと云います。土生と書いて「どうじょう」はここが道場として利用されていたことの名残。そして、いつしか忘れられた存在になると、キツネ山、狸谷と恐れられるようになったと云います。 私市山手一丁目と四丁目の境を流れる土生川を遡ると、巨岩の居並ぶ面白いエリアとなります。2019年4月にくまなく歩こうと始めた「龍岩窟エリアの探索」 今シーズンで3回目となりました。 第一回 https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1787779.html 第二回 https://yamap.com/activities/6093804 第一回では、交野市石造文化財の資料にない獅子窟寺の旧墓地と石造遺物を発見。第二回は、恐らく行場の一つであったと思われる巨岩と、観音石仏を発見しました。さらに、探索をと思った矢先、とんでもないモノに遭遇するに至り、中断せざるを得ませんでした。 そこで、第三回に向けて、未踏のルートを歩いておこうと今回の山歩きとなりました。このエリアは、まだまだ面白いルートやお宝が眠ってますよ。狸に化かされて、谷奥に迷い込まないように心がけます。 では、では。

交野山・国見山 獅子窟寺周辺の案内図。右上あたりに面白いエリアがありますよ。今シーズンもここを探索します。
獅子窟寺周辺の案内図。右上あたりに面白いエリアがありますよ。今シーズンもここを探索します。
交野山・国見山 土生川の紅葉。土生と書いて「どうじょう」と読む。元は「道場」という字が充てられていたが、いつの間にか忘れ去られたと云う。
土生川の紅葉。土生と書いて「どうじょう」と読む。元は「道場」という字が充てられていたが、いつの間にか忘れ去られたと云う。
交野山・国見山 ちいさな公園の奥から尾根道へ。
ちいさな公園の奥から尾根道へ。
交野山・国見山 瘠せ尾根に倒木や折れ枝が覆いかぶさります。通せんぼの木を一本切った。
瘠せ尾根に倒木や折れ枝が覆いかぶさります。通せんぼの木を一本切った。
交野山・国見山 獅子窟寺方向を眺める。さながら遥拝所みたいです。
獅子窟寺方向を眺める。さながら遥拝所みたいです。
交野山・国見山 石標が三本並んでる。尾根道の先端部へ出た。
石標が三本並んでる。尾根道の先端部へ出た。
交野山・国見山 倒木に難儀しながら目的の分岐へ到着。
倒木に難儀しながら目的の分岐へ到着。
交野山・国見山 まっすぐ東へ尾根道を辿ると、無名のピーク(P248)に通じています。途中からは破線道となりルートは明瞭。
まっすぐ東へ尾根道を辿ると、無名のピーク(P248)に通じています。途中からは破線道となりルートは明瞭。
交野山・国見山 さて、本日は南方向に分岐するルートをチョイス。本日のお目当て。どこへ通じてるのか?
さて、本日は南方向に分岐するルートをチョイス。本日のお目当て。どこへ通じてるのか?
交野山・国見山 意外に明瞭なルートで、マーキングもあります。
意外に明瞭なルートで、マーキングもあります。
交野山・国見山 北方向を振り返り。なかなか良き尾根道でした。歩きやすい。
北方向を振り返り。なかなか良き尾根道でした。歩きやすい。
交野山・国見山 登りきるとピーク。尾根道の先端部ですね。
登りきるとピーク。尾根道の先端部ですね。
交野山・国見山 ココが最高地点のようでした。地形図とは全く異なる様相に驚く。
ココが最高地点のようでした。地形図とは全く異なる様相に驚く。
交野山・国見山 尾根道をさらに南下し進んでいくと、やや道幅が広くなって踏み跡の判読が難しい。
尾根道をさらに南下し進んでいくと、やや道幅が広くなって踏み跡の判読が難しい。
交野山・国見山 黄色のペイントが目印。今の時期は落ち葉で踏み跡を隠すから厄介。
黄色のペイントが目印。今の時期は落ち葉で踏み跡を隠すから厄介。
交野山・国見山 ゆっくりと西向きにカーブしながら尾根の先端部へ来ました。左右どちらも行けそうですが、右の木にテープ。
ゆっくりと西向きにカーブしながら尾根の先端部へ来ました。左右どちらも行けそうですが、右の木にテープ。
交野山・国見山 最後はお決まりの急斜面。舗装されたハイキング道に着地
最後はお決まりの急斜面。舗装されたハイキング道に着地
交野山・国見山 ここから斜めに突っ込めば大丈夫そうですね。次回は登りでチャレンジ。
ここから斜めに突っ込めば大丈夫そうですね。次回は登りでチャレンジ。
交野山・国見山 織姫ノ滝
織姫ノ滝
交野山・国見山 月輪滝
月輪滝
交野山・国見山 スイレン池の紅葉
スイレン池の紅葉
交野山・国見山 浮見堂から見る紅葉
浮見堂から見る紅葉
交野山・国見山 草原広場ゲートの紅葉。ピッタリのタイミングでした。
草原広場ゲートの紅葉。ピッタリのタイミングでした。
交野山・国見山 前回来たときは、まだ緑一色でした。
前回来たときは、まだ緑一色でした。
交野山・国見山 目の前で手に取って眺めることのできる紅葉です。
目の前で手に取って眺めることのできる紅葉です。
交野山・国見山 昼寝石を通過。
昼寝石を通過。
交野山・国見山 管理道の紅葉。くろんど池へ向かいます
管理道の紅葉。くろんど池へ向かいます
交野山・国見山 くろんど池への広々としたルート。
くろんど池への広々としたルート。
交野山・国見山 さわわたりの路と分岐
さわわたりの路と分岐
交野山・国見山 恐らくこれはサザンカ。山茶花は英語でSasanquaと書く。
恐らくこれはサザンカ。山茶花は英語でSasanquaと書く。
交野山・国見山 さんさくの路を初めて歩きます。
さんさくの路を初めて歩きます。
交野山・国見山 一本足の休憩所
一本足の休憩所
交野山・国見山 ここが林間広場ですね。誰もいない静かな場所。気に入りました。
ここが林間広場ですね。誰もいない静かな場所。気に入りました。
交野山・国見山 送電線直下を歩く。見えているのは新生駒線13号鉄塔と思われます。
送電線直下を歩く。見えているのは新生駒線13号鉄塔と思われます。
交野山・国見山 なるほどー。立ち入り禁止ってワケじゃありませんね。
なるほどー。立ち入り禁止ってワケじゃありませんね。
交野山・国見山 鉄塔巡視路の尾根道に通じてるようです。
鉄塔巡視路の尾根道に通じてるようです。
交野山・国見山 では、では。本日の下山路です。
では、では。本日の下山路です。
交野山・国見山 北河内線68号鉄塔の直下。とても良い香りがする。どの花でしょうか。
北河内線68号鉄塔の直下。とても良い香りがする。どの花でしょうか。
交野山・国見山 竹林はバッサリ。自然林だけ残されてます。
竹林はバッサリ。自然林だけ残されてます。
交野山・国見山 まむし道との分岐に到着。今日は暑かったので、水が気持ちよかった。
まむし道との分岐に到着。今日は暑かったので、水が気持ちよかった。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。