空木岳(池山登山口)

2020.11.23(月) 日帰り
河原崎幸成
河原崎幸成

活動詳細

もっと見る

2020年締めのロングコース。 歩き応えがあり、無理のない範囲を考え空木岳へ。 前回よりも5kg太っていたため疲れた。 ダイエットしなければいけないなと痛感。 以下、山行記録 ・前回の反省を生かして、登山口前駐車場へ。  他の人の動きを見ながら6:00まで車で待機。 ・6:00になり出発、熊含む動物の気配は無し。  しかしながら一人だとなんだかんだ怖いので  スマホで音楽を流しながら突き進む。 ・前日の疲れもあり、池山到着時点でそこそこ疲れた。  空に広がる厚い雲も心を折るには十分だった。  前登ったし...とリタイヤを考えたが、  これだけで帰って入る銭湯は気持ちいいか?と  自分に尋ね、もう少し行くことに。 ・空木岳は長い長い樹林帯をひたすら歩くが、  ヤセ尾根までは本当に歩きやすい道なので、  標準コースタイムより早くなる印象。 ・予想以上に暑く、かなり汗をかいてしまった。 ・標高2,300m付近で登山道に雪が出始めた。  樹林帯の雪は硬く凍っていたため注意が必要。 ・稜線に出ると想定外の雪景色。  風が強く、一気に体感温度が下がったので、  ここでバラクラバ、厚手の手袋を装備。  モンベルの温度計では-3℃くらいだった。 ・別の登山者の方が言うには、  「昨夜降っていた雨が雪に変わったらしいですよ」  とのこと。  「雨は夜更け過ぎに 雪へと変わるだろう〜♪」が  思い浮かんだ(クリスマス・イブ/山下達郎) ・稜線の雪は柔らかく歩きやすかった。  今回は雪山装備が無くても問題なく行けたが、  そろそろ道具がないと厳しくなりそう。 ・南駒ヶ岳方面を見ると、まるで映画のような光景。  夏に来たときとは違う表情が見られてよかった。 ・かなり汗をかいてミネラルが不足したためか、  下山時に足をつってしまった。  偶然持ってきたデカビタで塩分補給したら治った。  普段は水しか持っていかないが、  登山中にミネラル補給は必須だと反省。 ・下山は基本早歩きで移動し休憩もしていないので、  次回登る際にはあまり参考にしない。 予想外の雪景色も見ることができ、 空木岳に決めてよかったとしみじみ😊 ♢ 服装 ・半袖 ・フリース ・アウターシェル ・ロングパンツ ・レインパンツ ・薄手の手袋 ・厚手の手袋@稜線 ・バラクラバ@稜線 ・登山靴(スポルティバ) ♢食料 ・ハンバーガー ・あんドーナツ ・牛乳パン ・ランチパック(たまご) ・水2ℓ (飲み干した)+水場 ・デカビタ500mℓ ♢下山後 ・こまくさの湯 ¥610  サウナは温度高め(105℃前後)、6人まで  露天風呂からは木曽駒ヶ岳が望める

木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 6:00前時点はまだ暗くて怖かった
ストレッチするフリをしながら、
他の人が来ないか10分くらいウロウロ
6:00前時点はまだ暗くて怖かった ストレッチするフリをしながら、 他の人が来ないか10分くらいウロウロ
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 @林道終点
南アルプス方面には厚い雲がかかっていた
@林道終点 南アルプス方面には厚い雲がかかっていた
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 駐車場930m→林道終点駐車場1,369m
そんなに登ったか?ってなった
駐車場930m→林道終点駐車場1,369m そんなに登ったか?ってなった
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 知らないうちに点線ルートに突入
嫌いな藪漕ぎで少し萎えた
知らないうちに点線ルートに突入 嫌いな藪漕ぎで少し萎えた
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 熊棚?
熊棚?
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 池山山頂1,774m
ここで帰ってしまおうかちょっと悩む
池山山頂1,774m ここで帰ってしまおうかちょっと悩む
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 木曽駒ヶ岳方面には虹がかかっていた
虹の開始地点に立ってみたい
木曽駒ヶ岳方面には虹がかかっていた 虹の開始地点に立ってみたい
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 @水場
備え付けのコップで水を飲んだが、今回補給はせず
@水場 備え付けのコップで水を飲んだが、今回補給はせず
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 朝日とガスで幻想的に
朝日とガスで幻想的に
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 空木岳登山道は基本的に歩きやすい
空木岳登山道は基本的に歩きやすい
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 @例の鎖場
@例の鎖場
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 まだまだ登ります
まだまだ登ります
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 やっとこさ標高約2,500mの分岐まで到着
ここまでひたすら樹林帯で展望はあまりない
やっとこさ標高約2,500mの分岐まで到着 ここまでひたすら樹林帯で展望はあまりない
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 分岐直後からしばらくの間、
クリスマスツリーみたいな木の間を歩いていく
雪の重みで倒れてきているためか、
道が塞がれていて歩きにくかった
分岐直後からしばらくの間、 クリスマスツリーみたいな木の間を歩いていく 雪の重みで倒れてきているためか、 道が塞がれていて歩きにくかった
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 山頂までくっきり
左側からはガスが迫っていた
山頂までくっきり 左側からはガスが迫っていた
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 南アルプス方面を見返す
雲は多め
南アルプス方面を見返す 雲は多め
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 @駒石
看板からも寒さが分かる
@駒石 看板からも寒さが分かる
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 今日は駒石登るぞ!と思っていたけど雪で断念
今日は駒石登るぞ!と思っていたけど雪で断念
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 人と比較すると駒石の大きさがよく分かる
人と比較すると駒石の大きさがよく分かる
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 ガスが来てしまった...
ガスが来てしまった...
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 凍
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 樹氷も綺麗だった
樹氷も綺麗だった
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 冬ですね〜
冬ですね〜
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 稜線は新雪で柔らかく、歩きやすかった
稜線は新雪で柔らかく、歩きやすかった
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 ヒュッテまでもうすぐ
この時お腹ぺこぺこ
ヒュッテまでもうすぐ この時お腹ぺこぺこ
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 ヒュッテから山頂までもうひと踏ん張り
止まると冷えるので歩きながらパン2個を頬張る
ヒュッテから山頂までもうひと踏ん張り 止まると冷えるので歩きながらパン2個を頬張る
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 歩いてきた稜線を見返す
結構登ったなぁと感慨にふける
歩いてきた稜線を見返す 結構登ったなぁと感慨にふける
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 山頂到着!
空が青くて嬉しかった
山頂到着! 空が青くて嬉しかった
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 やっぱり空木岳って名前好きだなぁ
やっぱり空木岳って名前好きだなぁ
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 南駒ヶ岳方面は青空・雪・雲のバランスが絶妙
南駒ヶ岳方面は青空・雪・雲のバランスが絶妙
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 縦向きでも撮影
空を多めに写すのも良い
縦向きでも撮影 空を多めに写すのも良い
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 木曽駒ヶ岳方面は若干ガス
木曽駒ヶ岳方面は若干ガス
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 風景写真に人が入ると、自然の雄大さを感じられる
風景写真に人が入ると、自然の雄大さを感じられる
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 樹林帯の雪道は硬くて滑るので注意して歩く
樹林帯の雪道は硬くて滑るので注意して歩く
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 思ったより長いな、と考えながら鎖場を下る
思ったより長いな、と考えながら鎖場を下る
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 尻無からの分岐では行きと別方向に進んでみた
こちら側はずっと熊笹の道でかなり単調
下りやすかったが、登りではあまり使いたくない印象
尻無からの分岐では行きと別方向に進んでみた こちら側はずっと熊笹の道でかなり単調 下りやすかったが、登りではあまり使いたくない印象
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 帰り道でも湧き水をゴクリ
美味しくてあと少し頑張れます
帰り道でも湧き水をゴクリ 美味しくてあと少し頑張れます
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 ここまで来たらゴール感あるけど、まだ歩くんだよなぁ
ここまで来たらゴール感あるけど、まだ歩くんだよなぁ
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 南アルプスの雲も消えていた
左から甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳、白峰三山
南アルプスの雲も消えていた 左から甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳、白峰三山
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 南アルプス南部、塩見・赤石方面
こちら側は行ったことがないためあまり分からず
南アルプス南部、塩見・赤石方面 こちら側は行ったことがないためあまり分からず
木曽駒ヶ岳・空木岳・越百山 お疲れ山
お疲れ山

動画

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。