西砥石権現〜嵐が明け、ガスの中を行くズルズル登山

2020.11.23(月) 日帰り
バンビ
バンビ

活動詳細

もっと見る

1か月前の活動を今頃書いているバンビです。 疲れが取れない、にゃんこのトイレ掃除、ポンプ式で水が出てくるアレの水交換、ごはんの皿交換……洗い物とか洗濯とか、家事をしてたら寝る時間がやってきたり、Amazonビデオで観ている銀河英雄伝説(80~90年代のヤツ)を観始めたら止まらない……等々の理由で、まあ、こんな時期になりましたよ、マイン・カイザー。 銀河の歴史をサントリーの濃縮還元ぶどう果汁で造られた安いワインを呑みながら語るとしようか。 あー、ひるぜんワイナリーのヤマブドウワインを呑みたい。 閑話休題。 アライのエアライズ君が吹っ飛ぶんじゃないかと思われた嵐の後。 無事に生きていることを確認し、軽い朝食。 昨晩、モンベルのリゾッタと相方が持参してくれた1122の日のお菓子で飢えを満たしさっさと寝たんだけれども、腹減り、ヤバい。 ファガスの森で何か宴会してて多分深夜まで続いてたから眠りが浅い。 足元、結露のインナーテントがビショビショでシュラフが濡れて冷たい(しかし、萎んではいないUDD BAGの優秀さは体験できたよ!)。 そんな時は朝の散歩さ。 ガスってたって、地面がヌルヌルだって、へっちゃらなのさ。 って、ウォイ! なんじゃ、この壁のような急登は~~~ブルァァァァァ!!!!!!!!!! アレです。 等高線の錯覚です。 たしかになだらかな道はあるけれども、スポットで壁があるっていう、アレ。 そして、コイツが木の根っこと滑りやすい土質で、ヌルヌル地獄なものだから、非常に難攻不落なのだよフグ田くん~~~(byロイエンタール)。 すれ違った、清々しい朝のトレランのお姉さんはいったいどーやってこのヌルヌルを降りたのか。 相方と目で語る。 「途中、林道に、下りよう」 さて、稜線に出たら若干スリリングな箇所がありますけれども、ほぼ楽ちんルート。 ガスガスの中から見える麓の緑や集落が美しい。 途中、分岐を騙る標識アリ。 登山口(林道)とあるものの、ヤマップの地図を確認すると、まっすぐ行って、崖。 アカンやつや。 もうちょっと先に進んだところで、本当の林道行き登山道が現れるのでありました。 相方が踏んで破壊したとの疑いがある橋や、ヤケクソで怖くなくなった斜めトラバースとか、楽しい下り。 そして、しんどい林道歩き。 案外好きなんですけどね。 短ければ。 途中、湧き水に癒され、アナグマに癒され、崩落で歪んだガードレールに恐怖し、ファガスの森にたどり着きました。 鹿ハンバーグカレーも今年はこれで最後かと思ったら、なんだか目の前に雨が降り注いで前が見えないや。 さらば、ファガスの森よ、来年の春まで。 相方の運転で帰路に就こうと思ったら、アナグマが挨拶に現れまして。 「また、来いよ」 そう言ってくれましたとさ。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす