毛無岩20201122

2020.11.22(日) 日帰り
HBたか
HBたか

Bさんから誘われて西上州の岩山、毛無岩と立岩でアドベンチャーだ。毛無岩と立岩・荒船山の間の登山道は案内が無いのでハイキング気分では行けないぜ。今日は登山口まで片道3時間半、コースタイムは不明(結果休憩除き7時間半)だ。

また遠征にゃ。

また遠征にゃ。

また遠征にゃ。

北斗七星と北極星だ。今日始まるドラマに期待が高まる。

北斗七星と北極星だ。今日始まるドラマに期待が高まる。

北斗七星と北極星だ。今日始まるドラマに期待が高まる。

夜明けだ。快調なエンジンの振動と音が心地よい。

夜明けだ。快調なエンジンの振動と音が心地よい。

夜明けだ。快調なエンジンの振動と音が心地よい。

コペンをデポしてスタートだ。

コペンをデポしてスタートだ。

コペンをデポしてスタートだ。

まだ紅葉が綺麗だ。

まだ紅葉が綺麗だ。

まだ紅葉が綺麗だ。

紅葉が美しい。
6/54

紅葉が美しい。

紅葉が美しい。

毛無岩だが山だよな。

毛無岩だが山だよな。

毛無岩だが山だよな。

落ち葉で足が埋まる。

落ち葉で足が埋まる。

落ち葉で足が埋まる。

「全集中、バナナの呼吸」って無理か?「シュワッチ」だろうな。
9/54

「全集中、バナナの呼吸」って無理か?「シュワッチ」だろうな。

「全集中、バナナの呼吸」って無理か?「シュワッチ」だろうな。

岩の上に立つ俺。
10/54

岩の上に立つ俺。

岩の上に立つ俺。

毛無岩の上に立つ俺をBさんが撮ってくれた。「ん➰、マンダム」
11/54

毛無岩の上に立つ俺をBさんが撮ってくれた。「ん➰、マンダム」

毛無岩の上に立つ俺をBさんが撮ってくれた。「ん➰、マンダム」

この高度感は写真では伝えられない。下を覗こうとする俺をBさんが「やめれー」と制止する。

この高度感は写真では伝えられない。下を覗こうとする俺をBさんが「やめれー」と制止する。

この高度感は写真では伝えられない。下を覗こうとする俺をBさんが「やめれー」と制止する。

毛無岩で乾杯だ。山頂?は狭いが360度の大展望で最高だ。

毛無岩で乾杯だ。山頂?は狭いが360度の大展望で最高だ。

毛無岩で乾杯だ。山頂?は狭いが360度の大展望で最高だ。

ノンアルをグビグビキメる。
14/54

ノンアルをグビグビキメる。

ノンアルをグビグビキメる。

360度写真で上から。
15/54

360度写真で上から。

360度写真で上から。

見える山1

見える山1

見える山1

見える山2

見える山2

見える山2

見える山3

見える山3

見える山3

見える山4

見える山4

見える山4

見える山5

見える山5

見える山5

見える山6

見える山6

見える山6

激下りだ。ヤバい。

激下りだ。ヤバい。

激下りだ。ヤバい。

毛無岩、端正だ。

毛無岩、端正だ。

毛無岩、端正だ。

Bさんと毛無岩だ。

Bさんと毛無岩だ。

Bさんと毛無岩だ。

旨い。自画自賛。五木食品の常温保存可能な鍋焼きうどんで、野菜は別途購入のラーメン用カット野菜だ。手軽で旨く癖になりそうだ。食べる時用に軍手が欲しいな。

旨い。自画自賛。五木食品の常温保存可能な鍋焼きうどんで、野菜は別途購入のラーメン用カット野菜だ。手軽で旨く癖になりそうだ。食べる時用に軍手が欲しいな。

旨い。自画自賛。五木食品の常温保存可能な鍋焼きうどんで、野菜は別途購入のラーメン用カット野菜だ。手軽で旨く癖になりそうだ。食べる時用に軍手が欲しいな。

落ち葉の道を行く。

落ち葉の道を行く。

落ち葉の道を行く。

最高に楽しそうなBさんだ。俺は超危険な斜面で演技指導を受けてしごかれた。

最高に楽しそうなBさんだ。俺は超危険な斜面で演技指導を受けてしごかれた。

最高に楽しそうなBさんだ。俺は超危険な斜面で演技指導を受けてしごかれた。

Bさん、「腕をもっと伸ばして!もうちょっと上に!あー、そんな感じ。」厳しい。俺はヤバいところにいる。

Bさん、「腕をもっと伸ばして!もうちょっと上に!あー、そんな感じ。」厳しい。俺はヤバいところにいる。

Bさん、「腕をもっと伸ばして!もうちょっと上に!あー、そんな感じ。」厳しい。俺はヤバいところにいる。

バナナで引き上げられる。

バナナで引き上げられる。

バナナで引き上げられる。

撮影場所だ。ここはヤバかった。

撮影場所だ。ここはヤバかった。

撮影場所だ。ここはヤバかった。

荒船山(経塚山/行塚山)山頂の様子だ。葉が落ちてなければ何も見えないだろう。

荒船山(経塚山/行塚山)山頂の様子だ。葉が落ちてなければ何も見えないだろう。

荒船山(経塚山/行塚山)山頂の様子だ。葉が落ちてなければ何も見えないだろう。

荒船山(経塚山/行塚山)山頂標識

荒船山(経塚山/行塚山)山頂標識

荒船山(経塚山/行塚山)山頂標識

三角点に座ってイチゴ大福を食べるBさん。

三角点に座ってイチゴ大福を食べるBさん。

三角点に座ってイチゴ大福を食べるBさん。

ケツのような大岩だ。

ケツのような大岩だ。

ケツのような大岩だ。

立岩を望む。

立岩を望む。

立岩を望む。

ここもなかなか

ここもなかなか

ここもなかなか

スリリングだ。
37/54

スリリングだ。

スリリングだ。

すごいな。

すごいな。

すごいな。

Bさん「ウ~ン、マンダム」

Bさん「ウ~ン、マンダム」

Bさん「ウ~ン、マンダム」

焼き芋だ。HBにスイーツは外せない。

焼き芋だ。HBにスイーツは外せない。

焼き芋だ。HBにスイーツは外せない。

2人で、「ウ~ン、マンダム」

2人で、「ウ~ン、マンダム」

2人で、「ウ~ン、マンダム」

とりあえず。

とりあえず。

とりあえず。

後光がさしている。

後光がさしている。

後光がさしている。

岩の上に立つ俺をBさんが撮ってくれた。
44/54

岩の上に立つ俺をBさんが撮ってくれた。

岩の上に立つ俺をBさんが撮ってくれた。

Bさんが崖の上に。

Bさんが崖の上に。

Bさんが崖の上に。

美しい。

美しい。

美しい。

Bさんが苦労している。ヤバイところだ。

Bさんが苦労している。ヤバイところだ。

Bさんが苦労している。ヤバイところだ。

着いた。楽しかったぜ。

着いた。楽しかったぜ。

着いた。楽しかったぜ。

食亭エイトで楽しかった1日の締めに乾杯だ。もちろんノンアルだ。

食亭エイトで楽しかった1日の締めに乾杯だ。もちろんノンアルだ。

食亭エイトで楽しかった1日の締めに乾杯だ。もちろんノンアルだ。

ジオ丼、旨かった。

ジオ丼、旨かった。

ジオ丼、旨かった。

「おかえりにゃ」

「おかえりにゃ」

「おかえりにゃ」

最高だ。一番絞り とれたてホップ。今日の1日を思い出して生を実感する瞬間だ。身体の芯が痺れるような心地よさでいっぱいだ。

最高だ。一番絞り とれたてホップ。今日の1日を思い出して生を実感する瞬間だ。身体の芯が痺れるような心地よさでいっぱいだ。

最高だ。一番絞り とれたてホップ。今日の1日を思い出して生を実感する瞬間だ。身体の芯が痺れるような心地よさでいっぱいだ。

南牧村の毛無岩案内図だ。
53/54

南牧村の毛無岩案内図だ。

南牧村の毛無岩案内図だ。

南牧村の立岩案内図だ。
54/54

南牧村の立岩案内図だ。

南牧村の立岩案内図だ。

また遠征にゃ。

北斗七星と北極星だ。今日始まるドラマに期待が高まる。

夜明けだ。快調なエンジンの振動と音が心地よい。

コペンをデポしてスタートだ。

まだ紅葉が綺麗だ。

紅葉が美しい。

毛無岩だが山だよな。

落ち葉で足が埋まる。

「全集中、バナナの呼吸」って無理か?「シュワッチ」だろうな。

岩の上に立つ俺。

毛無岩の上に立つ俺をBさんが撮ってくれた。「ん➰、マンダム」

この高度感は写真では伝えられない。下を覗こうとする俺をBさんが「やめれー」と制止する。

毛無岩で乾杯だ。山頂?は狭いが360度の大展望で最高だ。

ノンアルをグビグビキメる。

360度写真で上から。

見える山1

見える山2

見える山3

見える山4

見える山5

見える山6

激下りだ。ヤバい。

毛無岩、端正だ。

Bさんと毛無岩だ。

旨い。自画自賛。五木食品の常温保存可能な鍋焼きうどんで、野菜は別途購入のラーメン用カット野菜だ。手軽で旨く癖になりそうだ。食べる時用に軍手が欲しいな。

落ち葉の道を行く。

最高に楽しそうなBさんだ。俺は超危険な斜面で演技指導を受けてしごかれた。

Bさん、「腕をもっと伸ばして!もうちょっと上に!あー、そんな感じ。」厳しい。俺はヤバいところにいる。

バナナで引き上げられる。

撮影場所だ。ここはヤバかった。

荒船山(経塚山/行塚山)山頂の様子だ。葉が落ちてなければ何も見えないだろう。

荒船山(経塚山/行塚山)山頂標識

三角点に座ってイチゴ大福を食べるBさん。

ケツのような大岩だ。

立岩を望む。

ここもなかなか

スリリングだ。

すごいな。

Bさん「ウ~ン、マンダム」

焼き芋だ。HBにスイーツは外せない。

2人で、「ウ~ン、マンダム」

とりあえず。

後光がさしている。

岩の上に立つ俺をBさんが撮ってくれた。

Bさんが崖の上に。

美しい。

Bさんが苦労している。ヤバイところだ。

着いた。楽しかったぜ。

食亭エイトで楽しかった1日の締めに乾杯だ。もちろんノンアルだ。

ジオ丼、旨かった。

「おかえりにゃ」

最高だ。一番絞り とれたてホップ。今日の1日を思い出して生を実感する瞬間だ。身体の芯が痺れるような心地よさでいっぱいだ。

南牧村の毛無岩案内図だ。

南牧村の立岩案内図だ。

類似するルートを通った活動日記