東明寺旧参道 yonezouさんと

2020.11.22(日) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
5 時間 56
休憩時間
1 時間 15
距離
11.0 km
上り / 下り
667 / 714 m
3 24
3
19
1 23
10

活動詳細

すべて見る

2020.09.28に公開した活動日記と動画の続編です。 前回のあらすじは、こいわいさん発見の指さし三丁道標で終了。その後、東明寺までのルートは、ほんの少しヤバイ部分があったのです。片手にカメラを持っての山歩きは不可能と判断。しかし、全編通して歩いてこそ面白いので、続編を撮影し公開しようと思い立ちました。 秋も深まりゆく今日この頃、前回とは違って蜘蛛の巣で待ち構えるジョロウグモの姿は消えました。しかし、先週の雨で湿度が高く、やや気温が上昇したのかメマトイもちらほら。後半のマイナールート歩きでは、かなり体力を消耗してへとへと。yonezouさんは身軽で、相当な健脚とお見受けしました。 今回は萩の台駅(乙田側)から歩いて、未見の道標をいくつか撮影できました。しかし、大谷口池周辺で発見された二機を見逃したのは痛い。次回にリベンジしたいと思います。

矢田丘陵・法隆寺 萩の台駅から見る生駒山
萩の台駅から見る生駒山
矢田丘陵・法隆寺 矢田道の道標です。
矢田道の道標です。
矢田丘陵・法隆寺 忘れ物を思い出して泉光寺さんに立ち寄り。一段と廃屋感漂う。
忘れ物を思い出して泉光寺さんに立ち寄り。一段と廃屋感漂う。
矢田丘陵・法隆寺 破れ障子に電子ピアノ。
破れ障子に電子ピアノ。
矢田丘陵・法隆寺 辛うじて左手の薬師壺の形状が見て取れる。かつて生駒三大薬師と称えられた薬師石仏。
辛うじて左手の薬師壺の形状が見て取れる。かつて生駒三大薬師と称えられた薬師石仏。
矢田丘陵・法隆寺 裏手に回って最後の庵主様にご挨拶。花立が地面に落ちていたので、元に戻しておきました。
裏手に回って最後の庵主様にご挨拶。花立が地面に落ちていたので、元に戻しておきました。
矢田丘陵・法隆寺 後ろに回って驚き。 ご命日は三日前って、そんな。お参りされた様子はありません。
後ろに回って驚き。 ご命日は三日前って、そんな。お参りされた様子はありません。
矢田丘陵・法隆寺 平成21年建立。ここから室内がちらっと見える。
平成21年建立。ここから室内がちらっと見える。
矢田丘陵・法隆寺 キョウ山の金毘羅さんに立ち寄り。遠回りしたかな?
キョウ山の金毘羅さんに立ち寄り。遠回りしたかな?
矢田丘陵・法隆寺 いよいよ、東明寺道へ。生駒山・天照山・大原山を振り返る。
いよいよ、東明寺道へ。生駒山・天照山・大原山を振り返る。
矢田丘陵・法隆寺 最初の道標です。右は天神山へのルート
最初の道標です。右は天神山へのルート
矢田丘陵・法隆寺 ここまで簡易舗装された農道を兼ねています。
ここまで簡易舗装された農道を兼ねています。
矢田丘陵・法隆寺 こいわいさん発見のお宝。
こいわいさん発見のお宝。
矢田丘陵・法隆寺 彫師の銘
彫師の銘
矢田丘陵・法隆寺 矢田丘陵遊歩道に立つ道標。
矢田丘陵遊歩道に立つ道標。
矢田丘陵・法隆寺 遊歩道を少し北に歩いて、旧参道に突入。
遊歩道を少し北に歩いて、旧参道に突入。
矢田丘陵・法隆寺 指さし三丁道標に到着。ここからは動画にてノーカットでお楽しみください。
指さし三丁道標に到着。ここからは動画にてノーカットでお楽しみください。
矢田丘陵・法隆寺 墓地の最奥に、とても立派な五輪塔がありました。行き止まりです。
墓地の最奥に、とても立派な五輪塔がありました。行き止まりです。
矢田丘陵・法隆寺 東明寺の紅葉。倒れた状態の道標を見落とした。
東明寺の紅葉。倒れた状態の道標を見落とした。
矢田丘陵・法隆寺 壱(一)丁道標。
壱(一)丁道標。
矢田丘陵・法隆寺 これが、「山みち」と刻まれた道標かな?
これが、「山みち」と刻まれた道標かな?
矢田丘陵・法隆寺 この道標は、現在は裏側にあたる面に刻まれています。こちらが正面ということですね。
この道標は、現在は裏側にあたる面に刻まれています。こちらが正面ということですね。
矢田丘陵・法隆寺 大谷口池は水が抜かれていた。
大谷口池は水が抜かれていた。
矢田丘陵・法隆寺 ゲートすぐの橋はヤブが濃くて渡れません。奥からぐるっと回り込んだ。
ゲートすぐの橋はヤブが濃くて渡れません。奥からぐるっと回り込んだ。
矢田丘陵・法隆寺 ここで合流したけど、この間に二機も道標を見落とした。あちゃー。
ここで合流したけど、この間に二機も道標を見落とした。あちゃー。
矢田丘陵・法隆寺 このルートが参道だったとは。
このルートが参道だったとは。
矢田丘陵・法隆寺 ルートミスで竹林を進んでます。
ルートミスで竹林を進んでます。
矢田丘陵・法隆寺 ふと眼下をみると、先ほどの反対向き道標。そうか、こっちが道なんだ。
ふと眼下をみると、先ほどの反対向き道標。そうか、こっちが道なんだ。
矢田丘陵・法隆寺 ルートを修正して矢田山の展望台付近を目指します。
ルートを修正して矢田山の展望台付近を目指します。
矢田丘陵・法隆寺 このルート途中までは実線。前から気になってた。
このルート途中までは実線。前から気になってた。
矢田丘陵・法隆寺 一瞬道標?かと思った。
一瞬道標?かと思った。
矢田丘陵・法隆寺 倒竹、倒木が多くて、思うように歩けず、体力をかなり消耗しました。
倒竹、倒木が多くて、思うように歩けず、体力をかなり消耗しました。
矢田丘陵・法隆寺 石割の木。ここから踏み跡は曖昧。右へ回り込むのが正解でした。
石割の木。ここから踏み跡は曖昧。右へ回り込むのが正解でした。
矢田丘陵・法隆寺 ヤブを突破して尾根の先端に出た。
ヤブを突破して尾根の先端に出た。
矢田丘陵・法隆寺 右回りのルートと合流。疲れるとルートを探す根気がなくなる。
右回りのルートと合流。疲れるとルートを探す根気がなくなる。
矢田丘陵・法隆寺 みかん休憩です。どんよりしてきたなぁ。
みかん休憩です。どんよりしてきたなぁ。
矢田丘陵・法隆寺 68番をお湯に溶かすと、とても甘い。
68番をお湯に溶かすと、とても甘い。
矢田丘陵・法隆寺 もうちょい天気よいときれいな紅葉を楽しめたと思う。
もうちょい天気よいときれいな紅葉を楽しめたと思う。
矢田丘陵・法隆寺 矢田山磨崖仏と梵字「ア」 白石畑へ向かいます。
矢田山磨崖仏と梵字「ア」 白石畑へ向かいます。
矢田丘陵・法隆寺 干瓢の収穫は終わりでしょうか。
干瓢の収穫は終わりでしょうか。
矢田丘陵・法隆寺 イナカ菊を見て平群駅へ下山。
イナカ菊を見て平群駅へ下山。
矢田丘陵・法隆寺 こんな不気味なトンネルがかなり長く続きます。
こんな不気味なトンネルがかなり長く続きます。
矢田丘陵・法隆寺 このルートも松尾寺参詣道のひとつでした。
このルートも松尾寺参詣道のひとつでした。
矢田丘陵・法隆寺 安明寺叶堂の馬頭観音さん。
安明寺叶堂の馬頭観音さん。
矢田丘陵・法隆寺 叶堂は先年消失。ご本尊の千手観音さんはご無事だとか。
叶堂は先年消失。ご本尊の千手観音さんはご無事だとか。
矢田丘陵・法隆寺 叶堂参道の道標。この手前に、もう一本あったけど、根元以外は見つからなかった。
叶堂参道の道標。この手前に、もう一本あったけど、根元以外は見つからなかった。
矢田丘陵・法隆寺 どんよりして湿度も高い。まさか雨?
どんよりして湿度も高い。まさか雨?
矢田丘陵・法隆寺 東へ三丁の道標と石灯篭。やはり叶堂を示しています。ところで読み方「かなえどう」って知ってた?
東へ三丁の道標と石灯篭。やはり叶堂を示しています。ところで読み方「かなえどう」って知ってた?
矢田丘陵・法隆寺 うわっ。駅前ロータリー、完成してました。
うわっ。駅前ロータリー、完成してました。
矢田丘陵・法隆寺 狭い駅のホームから柿の木を見て帰宅の途へ。
狭い駅のホームから柿の木を見て帰宅の途へ。

動画

活動の装備

  • ゴープロ(GoPro)
    GoPro Max
  • その他(Other)
    スポルディング偏光クリップサングラスCP-9SM[フリップアップ]
  • モンベル(mont-bell)
    カモワッチハット

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。