高妻山 晩秋の青空

2020.11.22(日) 日帰り
yosswi
yosswi

活動データ

タイム

08:24

距離

12.7km

上り

1616m

下り

1616m

活動詳細

もっと見る

本格的な冬に入る前の三連休 行きたかった白くて高いところは ビュウビュウ予報なので 危険と判断し見送り、青空確率高そうなところを探して 高妻山へ❕ あ〰️っっっ❗スタートから やっちまった!車に忘れ物😵💦💦 ダッシュで🅿️まで牧場を往復💨💨 あぁ~あ💧2.4キロ30分のロスを背負って リスタート💧 登りは川沿いの石ごろごろ道で高度を上げ、鎖の下がる滑滝と帯岩のトラバースは凍結があり慎重に通過。 一不動の避難小屋で先行者さんに追い付き しばし休憩をとる。 コルから右手の樹林へ少しあがった一不動。左に見えるピークには雪は見えない。ここ一不動から順番に十阿弥陀までの石祠を辿っていくことになる。 都度 足を止めて一息つけるし趣があっていいなと思う。 稜線から青空と気持ちいいと思える風を受けていくつかのアップダウンを越えていくが、途中から足元は雪が出てくる。朝のうちなので土も凍っていて硬くまだ歩きやすい。 九勢至からはさらに急斜面の岩を登りあげるが 雪がついて滑りやすいので念のために途中でチェーンアイゼンをつけた。 山頂は折り重なる岩や樹林が程よく風避けにもなり とても居心地よく素敵なピーク。 360度の展望と、尾根続きの戸隠連峰、白い白馬連峰が素晴らしい❗ 特等席でゆっくり食事🍴🎶 貸し切り山頂を堪能した。 山頂を降り始めたところで一組、下りでもう一組登っていかれた。この日は4組にしか会わず 静かな山歩き。 ゴウゴウ風が鳴る稜線を引き返し、今日は3000mでなくてよかったかも?と思う。 六弥勒から牧場へ直接降りるルートをとる。 泥の滑る急下降はリスキーだか、その後はふかふか落ち葉の道。 牧場まで降りたら 夏とは違う なんとも穏やかな 風景が広がっていてホッとする。 帰りに通った戸隠中社周辺は紅葉も過ぎているのに観光客がいっぱいで 驚いた😲 そうね ここは観光地だったよね。 パワースポット戸隠の恩恵を受けて いい1日でした✨

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす