ずっと気になっていた三尾山と鋸山

2020.11.22(日) 日帰り

活動データ

タイム

05:10

距離

9.6km

上り

959m

下り

960m

活動詳細

もっと見る

中山公民館 → 前三尾(三尾山東峰) → 中三尾(三尾山西峰) → 三尾山主峰 → 鏡峠 → 鋸山 → 鏡峠 → 中山公民館 今日は『シルバー会』の日だったんですが、ここのところのコロナの感染爆発に鑑み、参加を見送ってソロで行くことにしました。ナカジョウさん、亀さん、ごめんなさい🙏 数年前、車で舞鶴自動車道を北へ走っている時、篠山口を過ぎてトンネルを抜けたところで左から覆い被さるような岩壁を持った山が迫ってきました。『登ってみたい』と思って調べてみると、「三尾山(みつおさん)」という山で、西多紀アルプスに属するなかなか人気の山らしく、YAMAPでも結構レポが上がっているようです。 で、今日ようやく行ってみることに。 舞鶴自動車道を春日インターで降り、ちょっと戻って春日町中山の公民館(トイレはなかったみたい)に停めさせてもらい、身支度を整えて出発。 鹿よけのゲートを通り、舞鶴自動車道を潜って林道をしばらく進むと登山口。最初から急ですが、傾斜が一定してるのでリズムが取りやすく、気持ちよく高度を稼ぐことができます。後で気がついたのですが、今日の行程中、道はしっかり整備されていながら階段がほとんどないんですね。自分の歩幅で歩けるので疲れないし膝への負担も少ない。本当に歩きやすくてお気に入りになりました(ゲキ下りでは落葉で滑りやすいんですが💦)。 登山口から約40分頑張って鞍部に出、右へ行って前三尾(東峰)へ。山頂からは北側の眺望が素晴らしいです。 景色を堪能した後鞍部まで戻って、次は中三尾(西峰)へ。展望はイマイチです。 また登り返して主峰。ここも素晴らしい展望が見られます😍 ゆっくりしたいところでしたが、山頂のベンチでカップルが妙に接近されていた(いやほとんど密着💦)ので居づらくなってそそくさと出発😅 北側が切れ落ちた岩ゴツゴツの稜線を、アップダウンを繰り返しながら鏡峠に下っていきます。多紀アルプスの稜線は、どこも北側が切れ落ちてますね。山の生い立ちによるんでしょうね(知らんけど💦)。 鏡峠からは一転、岩が少なくなってフカフカの落葉の山道になります。が、相変わらずのアップダウンの繰り返しに地味に脚が削られます🥵 小野アルプスを思い出させますね。落葉🍂で踏み跡が分かりにくい所もありますが、テープやリボンが豊富なので助かります。 鏡峠から約50分で鋸山到着。ここでお昼にします。疲れたなぁ〜💦 鋸山からは、北側に岩稜が見えたのでちょっと寄ってみることに。少し下っていくと岩場となり、数mのナイフリッジがあります。高度感もあってなかなかの眺望です。その先は切れ落ちているのでここで引き返しました。 稜線に戻り、鏡峠まで引き返してここから下山します。鏡峠からの道も、落葉フカフカでとても歩きやすいものでした。 下山後は、晩秋の里を歩いて公民館へ戻ってきました。 地味に疲れたけれど、大変歩きやすい道に癒されました😊

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。