宝満ショートトリップ

2017.05.17(水) 日帰り Fukuoka
蛸也
蛸也

活動データ

タイム

15:41

距離

6.2km

上り

837m

下り

837m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

GWが終わって数日だけ仕事をしたら、またしばらく空きができた。 いつもの俺なら嬉々として山に行きまくってる頃だけれど、体調不良と肩の怪我により今回は殆ど休養に充てた。 通院とリハビリの毎日。肩の怪我は治療からリハビリに移行したとたん激痛を伴うようになり、毎回行くのが憂鬱だった。泣くくらいめちゃくちゃ痛くされるんだもの。 それでも毎日山には行きたいと思っていた。 脊梁に調査したいエリアがあったのでそこに行きたかったんだけれど「明日行くわ」「明日から行くわ」と毎日のように言いながらも、毎朝の体調&肩と相談したら延期せざるを得なかった。 あと2日で仕事が開始する…。 勢いでポチッたブツが使いたい気持ちもある。 もうすぐそこでいいや。 宝満キャンプセンターに決めた。 イチの鳥居までズルして夕方からスタート。 今日のベースウエイトは3.9㌔。パックウエイト5.5㌔。 軽い。羽が生えたように歩ける。 これが俺や。 俺はここから来たんだった。 最近なんだかんだで毎回まぁまぁな重量を背負っていた。そしてそれに麻痺もしてきていた。 しかし、ここんとこ体調不良と肩の怪我により軽くせざるを得ない状況になり、新しくザックを買った。勿論それは言い訳であり口実でもある。 本音はモチベーションを高める為に買った。 ギリギリまでトレイルバムのバマーと悩んだけれど、FREELIGHTに決める。 ペラッペラの300㌘にも満たないスピンネーカーのザックが届いた。 紙で作ったみたいにパリパリ。 ハンドメイドインジャパン。 当たり前のノーフレームノーパッド。 往年のゼットパックを彷彿とさせる攻撃的な、そして覚悟が無ければ使うなよ!と言わんばかりの佇まい。 久しぶりに痺れた。 原点に戻れた気がした。 ミニよりも遥かに綺麗なパッキングができる事も高ポイントだ。 ミニは実質30L位の容量があるんだが20Lや25L位に収めた場合、下の方へ下の方へと荷物が下がってきてしまい、上がスカスカになってしまう。下膨れパッキングになりやすい。 これはゴーライトのJAMに由来する洋梨型の形状だからだと思う。オガワンドのownもこれ。少なく物を入れた時極端に形が悪くなる。 これは仕方が無い。洋梨型ノーフレームの宿命。 だからいつも持って行かなくてもいい物を詰めたりしていた。 軽量化で考えると本末転倒やね。 FREELIGHTはどちらかと言うと、レイウェイやG4寄りの形状。 それにバンジーコードでギュギュッと締め上げる感じで綺麗にパッキングできた。 「ただの縦長な袋」なのにこの形が出せるって結構凄いことなんですよ。 実質今回は吹き流しを使わずに30L未満に収まっているのだが、ビシッと勃ってくれる。 スピンネーカーの生地もこれに貢献している気もするけど。 あ、あとサイドポケットもライクラやなくてスピンネーカーにしている点もいい!。これ「ガンガン藪漕いでこい!」って言ってるでしょ?高橋さん。 話が逸れた。 そんなこんなでスタート。 軽くすれば背負い心地とかどうでも良い事は知っているので、それなりに軽くしてきたらテンションがめちゃくちゃ上がった。 久しぶりに軽いぜ!!! あ…あれ。途中で自分のカンパラがいつものエクスパックでない事に違和感を覚える。あれ?…。 今日ダイニーマのカンパラ?。 嫌な予感は的中した。このカンパラにはライターを入れてなかった。 いつものやつに入れていた。 最悪や。ザックをその場に置いて車まで取りに戻る。車には予備のライターがあるのでそれをピックアップして、また登る。 アホか。 ザックを再び背負って再スタート。 もう「軽いぜ!」な気持ちは無く、キツいだけだった。膝もガクガクしてきたw やっとキャンプセンターに到着。 先客はステラが1張り。懐かしい長辺出口のやつや。 とっとと幕営して、米を水に浸すと山頂へ登る。 コーヒーを沸かしてずっとずっと夕陽を見ていた。 PMだか黄砂だかで真っ白だけれど太陽だけは赤く輝いていた。 日没まであと少しって時にお一人上がってこられる。 ステラの人だ。 顔を見るなり思わず「どこかでお会いしてますよね」と言ってしまった。 どこだろう? どこだろう? と記憶を探るも思い出せない。でも絶対に喋った事もある。 「あ、もしかして…僕マムートで働いてるから…。あのマサオジャケットの…」 「あーーー!!そうや!マムートの人や!大名にもおったしマリノアにもおったしキャナルにもおったでしょ!。どこのマムートにもおるなーっていつも思ってましたもんw。」 やっと思い出せてスッキリしたところで日没を迎えた。 キャンプセンターまで下山して小屋のテーブルに座りご飯炊く。マムートさんとポツリポツリとお話しながらカレーを食べた。 マムートさんはビール飲みながらもう少し話したそうな感じだったけれど、食べ終わったらコーヒーだけ飲んでテントへ戻る。 悪いなぁと思いながらもちょっと独りになりたい気分だったので。 遠くから小さくビートルズが流れてきた。 マムートさんが一人になったのでスピーカーで聴いてるのだろう。 別にイヤではなかったのでしばらく聴いていた。 シュラフに入り天井を見つめながらひと通り聴いていたら、急激に眠たくなってきた。 ウォークマンのイヤホンを耳に突っ込んで、自分の為に作ったミックステープを流して眠る。 この感じ。久しぶりだなぁ。 翌朝は朝日が綺麗に昇った。 結露でびっしょりのテントを早く帰って干したかったので早々に撤収して下山した。 トレイルバム ホーラー65L ogawand own 50L レイウェイ 40L FREELIGHT スピンザック35cs←new!! MHWスクランブラー30 山と道ミニ25L FREELIGHT スピンナップ22 MONTANE Dragon20 ↑CDTが入る余地が無くなった気がするけど、まだまだ隙間があるね。困ったなぁ。埋めなきゃ😄。

ベース3.9㌔ パック5.5㌔
イチの鳥居から
ザックデポして車まで忘れ物を取りに帰った
スーちゃんへ。これ全部
食料。クッカーとまな板。コップとアルコール。あとエスビット
中に米とバーナー
手袋とレイン(兼ウインド)、ニット帽、ダウンの上下
ナンガ350、オゾン赤、ルナソロ、ペグ、下の黒いのは防寒の保険&ザックのフレーム代わりな山と道ミニマリストパッド四つ折り。あと傘。
バサッとT字にペグ打って
ビシッと
フロア&蚊帳付き。快適シェルター
寝床。
とりあえずピークへ
ピーク
バーゴの新作アルスト。こっちがアルコール。
反対でコケネンがイケるマルチフューエル。でもダメやった。全然使えん。「バーゴのアルストは趣味の範疇」っていう概念を覆したくて使ってみたけど、全然だめ。趣味の範疇以下やった。こんなん書いてメーカーから怒られたら逆にクレーム山ほど言えるくらいダメ子ちゃんでした。危険やし。詳細はいつか。
コッチはいいんだけどね。でもエスビットメインならウイングストーブが最強なのでわざわざこんなの持ってくるメリットが無い。
そうこうしてるうちに
日没
「どっかで会ってますよねー」って話してたら、マムートの店長だった。
おやすみニッポン
マムート店長
炊飯
温める
炊きたてご飯に
カレーかけるヤツ
コーヒー
翌朝。テントからの一枚
山頂。英彦山が見える
こっちは久住が見えている
ギリギリで
おはよう日本!
マムートさんに撮ってもらった。
マムートさんがいつの間にか撮ってたやつ
送ってくれた
朝ラー
朝コー
撤収しますかー
FREELIGHTのスピンザック35cs。山と道ミニよりもかなり綺麗にパッキングできる。久しぶりにすげぇアガるザックに出会った。うん。これや。このザックこそが「俺」や。
おしまい

動画

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。