伯母子岳・龍神岳 その1

2020.11.21(土) 日帰り
しろし
しろし

活動データ

タイム

03:48

距離

12.4km

上り

822m

下り

821m

活動詳細

もっと見る

伯母子岳、避難小屋の近くにテントを張って一晩過ごしたい、と思っているうちに季節はもうすぐ冬に。せめて日帰りでも行っとかなきゃならんということで、行ってきました(表向き)。  最初、この三連休、友人と大峯をテント泊縦走を予定。ただ、この時期「寒いよな」「うん寒い」ということで、ダイトレ縦走に変更。行先が変わるとともに、どうも日程も28,29に友人の中で変わっていまして。・・・しかも28,29は私の都合が悪く、友人は21-23 は予定を入れてるということで、・いつそうなったのや?とか考えなくても済んだのは、実は先週の仙ヶ岳で左ひざを痛めたからです。1週間で重量もってあまり無理をしない方がいいので、高低差のあまりない山を選び歩くことになりました。 ところで、伯母子岳、京都からは遠い。車でのアクセスですが、 行きは、京奈和自動車道をずっと南へ、R480で高野山に入り、高野龍神スカイラインへ 帰りは、途中から、九度山に抜けるR370に行き、橋本から羽曳野IC→近畿自動車道→第二京阪道路とほぼ高速で帰ってきました。ドア2ドアでほぼ12時間かかりました。 天候は、最初は曇りでしたが、伯母子岳山頂に到着するころには快晴に変わってました。 ただ、時折体が動く位の強風は常に吹いてました。 伯母子岳登山開始時は4名くらいおられました。復路では15名くらいお会いしました。 そのうち、新潟から来られて300名山を目指してる女性や、 大阪から来られた金剛葛城を歩いてるという男性と避難小屋でお話したりしてました。 同じ日に、龍神もを登ると言われていましたので、お会いできるかな?と思って ましたが、一期一会となりました。 水500cc + お湯300cc を使用 ウエアは、 ベース,Tシャツ,フリースジャケット、 カッパ(パーカーや耳当て付きの帽子がなく、耳が痛かったため) 下は、登山用ズボンの下にCW-X その他の道具として、クマよけスプレー、熊鈴なども持っていきました。 肝心の膝、問題なさそうです。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす