六甲山最高峰 芦屋川駅から有馬温泉へ

2020.11.14(土) 日帰り

活動データ

タイム

05:40

距離

12.1km

上り

1131m

下り

780m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
5 時間 40
休憩時間
17
距離
12.1 km
上り / 下り
1131 / 780 m
26
33
45
27
24
5
3
1 8
8

活動詳細

すべて見る

芦屋川駅(08:15)・・・高座ノ滝(08:30)・・・風吹岩3猫(9:20)・・・雨ケ峠(10:10)・・・本庄橋跡(10:30)・・・分岐(蛇谷北山コース(10:40)・・・六甲山神社(11:00)・・・一軒茶屋最高峰登山口トイレ(11:50)・・・▲931六甲山最高峰(12:20)・・・魚屋道(12:30)・・・登山道入口(13:40)・・・有馬温泉銀の湯(13:50) 阪急芦屋川駅から六甲山最高峰→有馬温泉のルートを歩きました。 11月の中旬ということで、服装は厚手のフリースでしたが、天候がよかったこともあり、上着を脱いで登山しました。(半袖の人もちらほらいました。)出だしのロックガーデンは、道幅が狭いところが多く渋滞。岩場が多いですが、高度感がないため、恐怖は感じません。風吹岩には、名物?3匹の猫が日向ぼっこしていました。人馴れしているのか、カメラを向けてもおかまいなし。途中、ゴルフ場を横切り、雨ケ峠には、東屋があります。本庄橋跡を過ぎると、ルートが分かれます。登っている人にどっちと聞くと、楽なほうと意見が一致し、六甲山神社のコースへ。六甲神社は、パワースポットらしい。コースの看板どおりに行くと、車道にでる。案内が全くなく、途中で心配になるが、他の人について行き、トンネルを超えたところで、左に六甲山最高峰への案内看板がでて、一軒茶屋のそばの真新しいトイレ付き休憩場に到着。この施設で昼食休憩。ここから、コンクリートの登山道を登り5分ほどで最高峰に。もやってて景色は今一つ。来た道を戻り、休憩施設の横の道(魚屋道)から有馬温泉へ下山。途中東屋や路肩崩壊による迂回するための簡易階段がありますが、問題なく下山できます。有馬温泉の登山口からはアスファルト道路を5分ほど下り左にある階段を下って銀の湯を経由し登山終了。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。