宍粟50名山『波佐利山』 音水渓谷から行ってみた❗

2020.11.19(木) 日帰り

暦の上では霜月になり、ようやく標高1000m前後の山も冬支度を始めている事でしょう。🍂 今回は、まだ訪れていない宍粟50名山『波佐利山』へ足を踏み入れる事にしました。😄 山頂は眺望は無いとの事。ただルートは赤西渓谷からセラピーロードや千年杉を経由するコースと音水渓谷から明神滝を通り、長い林道を通って正規の登山口ポールから入るコースがポピュラーな登山道とされている様です。登山口はそれぞれ遠く離れていますが、どちらも色褪せつつある紅葉の渓谷を進む中、渓流の調べを楽しみつつ歩を進められるので、ルート選択を迷いますね〜🤩 今年は全国的に熊の出没が多い様なので、熊鈴は忘れずに、当日の気分でルートを決めて歩く事にしました。😁 どんな紅葉が待っているのでしょうか❓😆 朝の天気予報は、曇りのち雨😩 山の天気は、いつ降り出すかアテに出来ないので、時短コースの音水渓谷からのピストンにする事にし、登山口までは音水集落から5km以上の砂利道を数回、腹を擦りながら😭 も車で詰める事が出来てしまい、渓流の調べを楽しむ事なく山行をする事になってしまいました。😓 まあ、下山後に明神滝には立ち寄る事にすればイイですよね〜😆 それに、いつの日か新緑か紅葉を楽しみに赤西渓谷から登って見る事にしますしね❗😁 登山道は、わかりやすいのですが、最初の尾根への取り付き地点から先に登山道が続いていたので、それを使って往路はバリエーションルート的に歩いて見ました。😅 分かってはいましたが山頂は、眺望無しも、落葉した木々によってスリット的に県境尾根が垣間見えました。😂 下山は、本来のルートなのでサクッと降れました。😄 下山後、水の綺麗な音水渓谷や明神滝のミストに心が踊りました。🤗 宍粟50名山42座目踏破 №6『波佐利山』 pace3.5★★

標高800m付近の音水赤西林道分岐点。
ここまで走らせて、相棒の腹を3回擦りました。😢

標高800m付近の音水赤西林道分岐点。 ここまで走らせて、相棒の腹を3回擦りました。😢

標高800m付近の音水赤西林道分岐点。 ここまで走らせて、相棒の腹を3回擦りました。😢

その先の分岐まで車を走らせて見ましたが、より悪路で更にバンパー下も擦ってしまいました。😭
これ以上は、相棒が可哀想なので、少し手前に戻って路肩に停めました。🥺
ここから、歩き始めます。😩

その先の分岐まで車を走らせて見ましたが、より悪路で更にバンパー下も擦ってしまいました。😭 これ以上は、相棒が可哀想なので、少し手前に戻って路肩に停めました。🥺 ここから、歩き始めます。😩

その先の分岐まで車を走らせて見ましたが、より悪路で更にバンパー下も擦ってしまいました。😭 これ以上は、相棒が可哀想なので、少し手前に戻って路肩に停めました。🥺 ここから、歩き始めます。😩

ここでUターンしたんです。😩

ここでUターンしたんです。😩

ここでUターンしたんです。😩

波佐利山がちょこんと見えてます。👀

波佐利山がちょこんと見えてます。👀

波佐利山がちょこんと見えてます。👀

音水赤西林道の終点。
歩いた感じですが、15インチホイールの車には辛いですね❗😓
こういう時には、Jimny見たいな四駆が欲しくなりますね〜😁

音水赤西林道の終点。 歩いた感じですが、15インチホイールの車には辛いですね❗😓 こういう時には、Jimny見たいな四駆が欲しくなりますね〜😁

音水赤西林道の終点。 歩いた感じですが、15インチホイールの車には辛いですね❗😓 こういう時には、Jimny見たいな四駆が欲しくなりますね〜😁

県境尾根は東中国山地緑の回廊らしいです。🤔

県境尾根は東中国山地緑の回廊らしいです。🤔

県境尾根は東中国山地緑の回廊らしいです。🤔

フムフム🤔

フムフム🤔

フムフム🤔

音水渓谷側登山口から行ってきま〜す。😃

音水渓谷側登山口から行ってきま〜す。😃

音水渓谷側登山口から行ってきま〜す。😃

何処まで続くのか踏み跡の幅が狭い登山道。😅
この丸太橋を越えると尾根筋へ向かう急登(本道)ですが、この狭い登山道を何処まで行けるか進んで見ます。😤

何処まで続くのか踏み跡の幅が狭い登山道。😅 この丸太橋を越えると尾根筋へ向かう急登(本道)ですが、この狭い登山道を何処まで行けるか進んで見ます。😤

何処まで続くのか踏み跡の幅が狭い登山道。😅 この丸太橋を越えると尾根筋へ向かう急登(本道)ですが、この狭い登山道を何処まで行けるか進んで見ます。😤

落石と倒木が道を塞いでる。😳
先に道が続いているので、乗り越えます。😤

落石と倒木が道を塞いでる。😳 先に道が続いているので、乗り越えます。😤

落石と倒木が道を塞いでる。😳 先に道が続いているので、乗り越えます。😤

登山道を踏み外すと素敵な谷へ一直線〜♪

登山道を踏み外すと素敵な谷へ一直線〜♪

登山道を踏み外すと素敵な谷へ一直線〜♪

宍粟杉が出迎え続ける登山道。😊

宍粟杉が出迎え続ける登山道。😊

宍粟杉が出迎え続ける登山道。😊

この辺りで踏み跡が消える。😱
地形図だともう少し進むとコルの様な場所に出そうだけど、少し戻って取り付きやすそうな箇所から急登だ〜😤

この辺りで踏み跡が消える。😱 地形図だともう少し進むとコルの様な場所に出そうだけど、少し戻って取り付きやすそうな箇所から急登だ〜😤

この辺りで踏み跡が消える。😱 地形図だともう少し進むとコルの様な場所に出そうだけど、少し戻って取り付きやすそうな箇所から急登だ〜😤

さあ、ここから登るぞ〜😄

さあ、ここから登るぞ〜😄

さあ、ここから登るぞ〜😄

急登に笹薮〜😱
暫く写真無しです。😩

急登に笹薮〜😱 暫く写真無しです。😩

急登に笹薮〜😱 暫く写真無しです。😩

登りきって、本道(尾根筋)に出てきました。😄

登りきって、本道(尾根筋)に出てきました。😄

登りきって、本道(尾根筋)に出てきました。😄

波佐利山山頂に到着〜😆

波佐利山山頂に到着〜😆

波佐利山山頂に到着〜😆

山頂標識。

山頂標識。

山頂標識。

三角点GET〜😋

三角点GET〜😋

三角点GET〜😋

山頂からの眺望が残念なのは、仕方無し。😅

山頂からの眺望が残念なのは、仕方無し。😅

山頂からの眺望が残念なのは、仕方無し。😅

記念撮影📷

記念撮影📷

記念撮影📷

1122mPEEK〜😁

1122mPEEK〜😁

1122mPEEK〜😁

赤西渓谷側との分岐点。
次の波佐利山へは、赤西渓谷から登ってみよう😄

赤西渓谷側との分岐点。 次の波佐利山へは、赤西渓谷から登ってみよう😄

赤西渓谷側との分岐点。 次の波佐利山へは、赤西渓谷から登ってみよう😄

尾根歩きは、ここまで❗😃
さあ、一気に下りますよ〜😆

尾根歩きは、ここまで❗😃 さあ、一気に下りますよ〜😆

尾根歩きは、ここまで❗😃 さあ、一気に下りますよ〜😆

ここに出てくるんです。😙
この後は、車に戻って渓谷や滝を見に行きます。😊

ここに出てくるんです。😙 この後は、車に戻って渓谷や滝を見に行きます。😊

ここに出てくるんです。😙 この後は、車に戻って渓谷や滝を見に行きます。😊

音水渓谷。😙

音水渓谷。😙

音水渓谷。😙

水が綺麗なところですね❗☺️

水が綺麗なところですね❗☺️

水が綺麗なところですね❗☺️

東屋もあります。👀

東屋もあります。👀

東屋もあります。👀

いい感じ〜😆

いい感じ〜😆

いい感じ〜😆

渓流の流れには、癒やしの効果を感じます。🤗

渓流の流れには、癒やしの効果を感じます。🤗

渓流の流れには、癒やしの効果を感じます。🤗

次は明神滝を見に行きます。😄

次は明神滝を見に行きます。😄

次は明神滝を見に行きます。😄

明神滝だ〜🤩

明神滝だ〜🤩

明神滝だ〜🤩

近くに寄ります。🤩

近くに寄ります。🤩

近くに寄ります。🤩

マイナスイオンたっぷり浴びれます。😆

マイナスイオンたっぷり浴びれます。😆

マイナスイオンたっぷり浴びれます。😆

標高800m付近の音水赤西林道分岐点。 ここまで走らせて、相棒の腹を3回擦りました。😢

その先の分岐まで車を走らせて見ましたが、より悪路で更にバンパー下も擦ってしまいました。😭 これ以上は、相棒が可哀想なので、少し手前に戻って路肩に停めました。🥺 ここから、歩き始めます。😩

ここでUターンしたんです。😩

波佐利山がちょこんと見えてます。👀

音水赤西林道の終点。 歩いた感じですが、15インチホイールの車には辛いですね❗😓 こういう時には、Jimny見たいな四駆が欲しくなりますね〜😁

県境尾根は東中国山地緑の回廊らしいです。🤔

フムフム🤔

音水渓谷側登山口から行ってきま〜す。😃

何処まで続くのか踏み跡の幅が狭い登山道。😅 この丸太橋を越えると尾根筋へ向かう急登(本道)ですが、この狭い登山道を何処まで行けるか進んで見ます。😤

落石と倒木が道を塞いでる。😳 先に道が続いているので、乗り越えます。😤

登山道を踏み外すと素敵な谷へ一直線〜♪

宍粟杉が出迎え続ける登山道。😊

この辺りで踏み跡が消える。😱 地形図だともう少し進むとコルの様な場所に出そうだけど、少し戻って取り付きやすそうな箇所から急登だ〜😤

さあ、ここから登るぞ〜😄

急登に笹薮〜😱 暫く写真無しです。😩

登りきって、本道(尾根筋)に出てきました。😄

波佐利山山頂に到着〜😆

山頂標識。

三角点GET〜😋

山頂からの眺望が残念なのは、仕方無し。😅

記念撮影📷

1122mPEEK〜😁

赤西渓谷側との分岐点。 次の波佐利山へは、赤西渓谷から登ってみよう😄

尾根歩きは、ここまで❗😃 さあ、一気に下りますよ〜😆

ここに出てくるんです。😙 この後は、車に戻って渓谷や滝を見に行きます。😊

音水渓谷。😙

水が綺麗なところですね❗☺️

東屋もあります。👀

いい感じ〜😆

渓流の流れには、癒やしの効果を感じます。🤗

次は明神滝を見に行きます。😄

明神滝だ〜🤩

近くに寄ります。🤩

マイナスイオンたっぷり浴びれます。😆

類似するルートを通った活動日記