晩秋の道宗道と高坪山

2020.11.18(水) 日帰り
magachari
magachari

活動データ

タイム

07:14

距離

25.3km

上り

2542m

下り

2539m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

ちょうど1年前に閑乗寺公園から辿った道宗道。前回は高落場山までだったので、今回は小倉山から歩き、軌跡を繋げる計画。実は前日にも登山口まで来たのですが、家の都合で呼び戻されて、泣く泣くトンボ返り😢宿題は早めに片付けないとということで、早速翌日のリベンジとなりました。 小倉山の登山道は、ほぼ直登の急坂が延々と続きます。どこの山でもとりつきは急登ですが、ここまでアップダウンもなく登りっぱなしというのも珍しいのでは。ふかふかの落ち葉が気持ちいいですが、足下が濡れている時には、下りでは絶対に通りたくない感じです。2か所ある展望台から、大笠山や笈ヶ岳、そして白山も良く見えます。 展望のない小倉山の山頂を過ぎしばらく進むと宮谷の頭へ到着。ここからは、今日の最終目的地高落場山をはじめとする砺波アルプスの眺めが美しい。林道まで下ると、一旦道宗道をはずれて高坪山方面へ。 途中の林道沿いに、猪越山なるピークがあることに気づき、踏跡はありませんが、藪山トレーニングのため、立ち寄ることに。 最初こそ藪密度は薄いですが、山頂が近づくにつれ、なかなかハードな藪山に。わずか200m程度でこの疲労では、とても藪の笈ヶ岳行けそうにないなぁ🙍 なんとか山頂に到着するも、もちろん眺望はない。それどころか、藪でザックのファスナーが空いており、中にしまっていたゲイターが片方ない😱数回しか使ってないのに…と絶望しながら藪をかき分け戻ると、奇跡的に発見。事なきを得る。 林道に戻って高坪山へ寄ったあとは、旧五箇山街道から平スキー場方面へ。ちょっとした道迷いもありましたが、林道に比べると雰囲気は良いです。旧国道に出た後は、再び道宗道から高落場山へ。所々にある中部北陸自然遊歩道の解説板がなかなか面白い。この時期にしては珍しい暑さに苦しみますが、なんとか高落場山に到着。 予想以上に時間がかかったので、急いで小倉山へ戻ります。宮谷尾根からの道宗道は、往路に比べると勾配も緩やかで歩きやすい。再び戻った小倉山山頂付近で、優雅に読書をされていたnikurosaさんとバッタリ。こういう山の楽しみ方も真似てみたいけど、せっかちな性分なので難しいかも😅 最後は紅葉と合掌造りの眺めを味わいながら急坂を下り無事ゴール。2日連続して来た甲斐がありました😊

猿ヶ山・三方山・袴腰山 行徳寺はさすがに遠いので、小倉山登山口からスタート
行徳寺はさすがに遠いので、小倉山登山口からスタート
猿ヶ山・三方山・袴腰山 下の方はまだ紅葉が美しい🍁
下の方はまだ紅葉が美しい🍁
猿ヶ山・三方山・袴腰山 展望場所その1
正面の整った山はタカンボウ山?
展望場所その1 正面の整った山はタカンボウ山?
猿ヶ山・三方山・袴腰山 さらに標高を上げ展望場所その2
白山から笈ヶ岳、大笠山へと延びる稜線が素晴らしい
さらに標高を上げ展望場所その2 白山から笈ヶ岳、大笠山へと延びる稜線が素晴らしい
猿ヶ山・三方山・袴腰山 笈ヶ岳
笈ヶ岳
猿ヶ山・三方山・袴腰山 どっしりした大笠山
どっしりした大笠山
猿ヶ山・三方山・袴腰山 小倉山の山頂
展望はないので先に進みます
小倉山の山頂 展望はないので先に進みます
猿ヶ山・三方山・袴腰山 左手には袴腰山と三方山
左手には袴腰山と三方山
猿ヶ山・三方山・袴腰山 右手には高坪山を眺めながらの稜線歩き
右手には高坪山を眺めながらの稜線歩き
猿ヶ山・三方山・袴腰山 鍋床山へは積雪期でないと行けないのかな
鍋床山へは積雪期でないと行けないのかな
猿ヶ山・三方山・袴腰山 おむすび山🍙とも呼ばれる高坪山
おむすび山🍙とも呼ばれる高坪山
猿ヶ山・三方山・袴腰山 宮谷の頭
砺波アルプスの眺め善し
宮谷の頭 砺波アルプスの眺め善し
猿ヶ山・三方山・袴腰山 今日の最終目的地、高落場山
手前は平スキー場の越形山⛷️
今日の最終目的地、高落場山 手前は平スキー場の越形山⛷️
猿ヶ山・三方山・袴腰山 うっすらと薬師~劔岳
うっすらと薬師~劔岳
猿ヶ山・三方山・袴腰山 林道に出ました
高坪山方面はやや雑草が多い🌿
林道に出ました 高坪山方面はやや雑草が多い🌿
猿ヶ山・三方山・袴腰山 林道脇の猪越山へ立ち寄る
序盤こそ藪は薄いが…
林道脇の猪越山へ立ち寄る 序盤こそ藪は薄いが…
猿ヶ山・三方山・袴腰山 次第に密度が濃くなり、なかなかのトレーニング💦
次第に密度が濃くなり、なかなかのトレーニング💦
猿ヶ山・三方山・袴腰山 山頂付近
ピンテなどは見つけられず😵
山頂付近 ピンテなどは見つけられず😵
猿ヶ山・三方山・袴腰山 どこを歩いてきたか分からないので諦めていたけど、奇跡の再会😂
どこを歩いてきたか分からないので諦めていたけど、奇跡の再会😂
猿ヶ山・三方山・袴腰山 林道に戻るのも一苦労💦
林道に戻るのも一苦労💦
猿ヶ山・三方山・袴腰山 林道から高坪山へ🏃‍♂️
登山道はやっぱり歩きやすい
林道から高坪山へ🏃‍♂️ 登山道はやっぱり歩きやすい
猿ヶ山・三方山・袴腰山 山頂へはあっという間
ここも眺望なし
山頂へはあっという間 ここも眺望なし
猿ヶ山・三方山・袴腰山 山頂手前の広場もあまり眺めは良くない
この山は下から眺める方が良いのでしょうね
山頂手前の広場もあまり眺めは良くない この山は下から眺める方が良いのでしょうね
猿ヶ山・三方山・袴腰山 ここから旧五箇山街道へ
ここから旧五箇山街道へ
猿ヶ山・三方山・袴腰山 いつの間にかコース横の沢を辿ってました
いつの間にかコース横の沢を辿ってました
猿ヶ山・三方山・袴腰山 菅沼と相倉の合掌造り周回コースなんてのもハイキングとしては楽しそう
菅沼と相倉の合掌造り周回コースなんてのもハイキングとしては楽しそう
猿ヶ山・三方山・袴腰山 梨谷から高落場山登山口へ
梨谷から高落場山登山口へ
猿ヶ山・三方山・袴腰山 5斗×2=150kg?
下りはいいとして、登りは引っ張っても厳しいのでは?
5斗×2=150kg? 下りはいいとして、登りは引っ張っても厳しいのでは?
猿ヶ山・三方山・袴腰山 登山道沿いの立石へ寄ります
岩の高さは27mあるそうです
登山道沿いの立石へ寄ります 岩の高さは27mあるそうです
猿ヶ山・三方山・袴腰山 立石からの眺め
そこそこのスリル感
立石からの眺め そこそこのスリル感
猿ヶ山・三方山・袴腰山 高坪山がぴょこんと飛び出ていますね
高坪山がぴょこんと飛び出ていますね
猿ヶ山・三方山・袴腰山 朴峠から高落場山へ
朴峠から高落場山へ
猿ヶ山・三方山・袴腰山 南砺市のへそだそうです
南砺市のへそだそうです
猿ヶ山・三方山・袴腰山 山頂への最後の登り
大分きつくなってきた😣
山頂への最後の登り 大分きつくなってきた😣
猿ヶ山・三方山・袴腰山 なんとか高落場山到着
体力低下を痛感
なんとか高落場山到着 体力低下を痛感
猿ヶ山・三方山・袴腰山 金剛堂山と奥は白木峰かな?
金剛堂山と奥は白木峰かな?
猿ヶ山・三方山・袴腰山 反対側には砺波平野もチラリ
反対側には砺波平野もチラリ
猿ヶ山・三方山・袴腰山 下りは速い
あっと言う間に旧国道へ
下りは速い あっと言う間に旧国道へ
猿ヶ山・三方山・袴腰山 宮谷尾根から再び小倉山を目指します
緩やかな道で歩きやすいです
宮谷尾根から再び小倉山を目指します 緩やかな道で歩きやすいです
猿ヶ山・三方山・袴腰山 林道と合流
林道と合流
猿ヶ山・三方山・袴腰山 ここからは往路と同じ登山道
ここからは往路と同じ登山道
猿ヶ山・三方山・袴腰山 小倉山からの急な下り坂
紅葉を味わいながら
小倉山からの急な下り坂 紅葉を味わいながら
猿ヶ山・三方山・袴腰山 登りは逆光で見えなかった菅沼合掌造り集落
登りは逆光で見えなかった菅沼合掌造り集落
猿ヶ山・三方山・袴腰山 白川郷より落ち着いた雰囲気が好き
白川郷より落ち着いた雰囲気が好き
猿ヶ山・三方山・袴腰山 遠景にマルツンボリ山
この辺りの眺めは本当に素敵です
遠景にマルツンボリ山 この辺りの眺めは本当に素敵です
猿ヶ山・三方山・袴腰山 ゴール!
思ったよりハードでした💦
ゴール! 思ったよりハードでした💦

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす