余呉湖周回〜山本山へ縦走

2020.11.18(水) 日帰り
yamaumisukisuki
yamaumisukisuki

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

久しぶりに長い距離を歩きたかっので余呉湖周回と山本山迄のブチ縦走に行って来ました。距離はあるものの、あまり高低差の少ないルートなのでチョイスをしました。今回も何時ものバイク🛵活用で、下山口に車🚗を置き、登山口までバイクで移動し、下山後回収です。古くは3~7世紀台の数多くの古墳群と戦国時代の地、想いを馳せハイキング・・・私的に何か良い場所でした。(ヘルスケアデータ34600歩)歩数ほどには疲れ無いルートでした。😊v

賤ヶ岳・山本山 先ず神社前のPに車をデポし、余呉湖の登山口まで荷物背負ってバイクで移動^^v
先ず神社前のPに車をデポし、余呉湖の登山口まで荷物背負ってバイクで移動^^v
賤ヶ岳・山本山 国民宿舎跡横の登山口からスタートです。
国民宿舎跡横の登山口からスタートです。
賤ヶ岳・山本山 賤ヶ岳への分岐地点の紅葉!!ついつい撮ってしまうな~^^v
賤ヶ岳への分岐地点の紅葉!!ついつい撮ってしまうな~^^v
賤ヶ岳・山本山 公法寺山への登り口は峠を少し通り過ぎたところです。
公法寺山への登り口は峠を少し通り過ぎたところです。
賤ヶ岳・山本山 振り向くと^^;賤ヶ岳への道
振り向くと^^;賤ヶ岳への道
賤ヶ岳・山本山 [公法寺山]だと思います。琵琶湖側と余呉湖側の分岐を右の余呉湖側へ・・・頂上明示板はこの分岐の手前にあるそうです。
[公法寺山]だと思います。琵琶湖側と余呉湖側の分岐を右の余呉湖側へ・・・頂上明示板はこの分岐の手前にあるそうです。
賤ヶ岳・山本山 いちだんと背の高いモミジ!! やはり撮る
いちだんと背の高いモミジ!! やはり撮る
賤ヶ岳・山本山 大平良山の頂上は かなり広い
大平良山の頂上は かなり広い
賤ヶ岳・山本山 権現峠へ行く途中にあった山主の様な大木(欅)かも^^;
権現峠へ行く途中にあった山主の様な大木(欅)かも^^;
賤ヶ岳・山本山 昔多く使われた峠なのでしようね!!
(余呉町と塩津かな!?)
昔多く使われた峠なのでしようね!! (余呉町と塩津かな!?)
賤ヶ岳・山本山 峠から少し下ると林道に出ました。この後、神明山へ行くので少し林道を歩きます。ここでほいほい林道下っていって^^登山道へ入る所を通り過ぎてしまい、電柱横より尾根へ登り返しました。^^;チョット汗💦
峠から少し下ると林道に出ました。この後、神明山へ行くので少し林道を歩きます。ここでほいほい林道下っていって^^登山道へ入る所を通り過ぎてしまい、電柱横より尾根へ登り返しました。^^;チョット汗💦
賤ヶ岳・山本山 やっぱりモミジを!!
やっぱりモミジを!!
賤ヶ岳・山本山 神明山到着
神明山到着
賤ヶ岳・山本山 やはり砦跡なんだ!!
やはり砦跡なんだ!!
賤ヶ岳・山本山 次は鳥撃坂峠をへて、堂木山へ
次は鳥撃坂峠をへて、堂木山へ
賤ヶ岳・山本山 鉄塔横を通り鳥撃坂峠のフェンス扉
鉄塔横を通り鳥撃坂峠のフェンス扉
賤ヶ岳・山本山 フェンスを通過したら其のまま直進し、前の山へ登って行くと砦説明板が!!
フェンスを通過したら其のまま直進し、前の山へ登って行くと砦説明板が!!
賤ヶ岳・山本山 砦跡のいちばん奥が堂木山の頂上でした。砦跡らしく土塁等も見受けられた。この後鳥撃坂峠まで戻り余呉駅方向へ・・・
砦跡のいちばん奥が堂木山の頂上でした。砦跡らしく土塁等も見受けられた。この後鳥撃坂峠まで戻り余呉駅方向へ・・・
賤ヶ岳・山本山 下山後は右側へは行かずに!! 左側に進みフェンス扉を出ます。(出たら直ぐに橋がある)
写真は右側なので違います!!
下山後は右側へは行かずに!! 左側に進みフェンス扉を出ます。(出たら直ぐに橋がある) 写真は右側なので違います!!
賤ヶ岳・山本山 歩いて来た余呉湖西側の尾根
歩いて来た余呉湖西側の尾根
賤ヶ岳・山本山 尾根-Ⅱ
尾根-Ⅱ
賤ヶ岳・山本山 田んぼの中のアスファルト道を15分程歩けば賤ヶ岳登山口
田んぼの中のアスファルト道を15分程歩けば賤ヶ岳登山口
賤ヶ岳・山本山 賽銭をたんまりして^^v 鐘を突いて煩悩を・・・
賽銭をたんまりして^^v 鐘を突いて煩悩を・・・
賤ヶ岳・山本山 岩崎山
岩崎山
賤ヶ岳・山本山 こちらも頂上が砦に・・・当然か^^;
こちらも頂上が砦に・・・当然か^^;
賤ヶ岳・山本山 広い賤ヶ岳/山本山ハイキングコースです。
広い賤ヶ岳/山本山ハイキングコースです。
賤ヶ岳・山本山 この案内は殆ど根元が腐って倒れてます。^^;
この案内は殆ど根元が腐って倒れてます。^^;
賤ヶ岳・山本山 途中林道歩きもありますが、又直ぐにハイキング道へ
途中林道歩きもありますが、又直ぐにハイキング道へ
賤ヶ岳・山本山 チョット寄って行きます。
チョット寄って行きます。
賤ヶ岳・山本山 ふむふむ
ふむふむ
賤ヶ岳・山本山 中川清秀の100回忌に合わせて建立されたとか!! 340年ほど前に!?
中川清秀の100回忌に合わせて建立されたとか!! 340年ほど前に!?
賤ヶ岳・山本山 賤ヶ岳の合戦の前哨戦の地みたいです。
賤ヶ岳の合戦の前哨戦の地みたいです。
賤ヶ岳・山本山 ここもチョット見に行って来ました。
以前は水もあったけど・・・
ここもチョット見に行って来ました。 以前は水もあったけど・・・
賤ヶ岳・山本山 首洗いの池
首洗いの池
賤ヶ岳・山本山 猿が馬場
猿が馬場
賤ヶ岳・山本山 賤ヶ岳から伊吹山方向
賤ヶ岳から伊吹山方向
賤ヶ岳・山本山 合戦で疲れてるみたい^^;
合戦で疲れてるみたい^^;
賤ヶ岳・山本山 余呉湖西側の尾根・・・あれを回って行った。
余呉湖西側の尾根・・・あれを回って行った。
賤ヶ岳・山本山 賤ケ嶽
ここで昼食休憩です。
賤ケ嶽 ここで昼食休憩です。
賤ヶ岳・山本山 11月も半ば過ぎたのに、気温が高く霞んでます。
11月も半ば過ぎたのに、気温が高く霞んでます。
賤ヶ岳・山本山 う~むハイキングコースとは言え遠いな~^^;
う~むハイキングコースとは言え遠いな~^^;
賤ヶ岳・山本山 これでスッと下山してもアスファルト道が長いしな~^^;
これでスッと下山してもアスファルト道が長いしな~^^;
賤ヶ岳・山本山 未だ6.5km~
未だ6.5km~
賤ヶ岳・山本山 チラッと見えた琵琶湖と紅葉
チラッと見えた琵琶湖と紅葉
賤ヶ岳・山本山 先ほどまで居た賤ヶ岳
先ほどまで居た賤ヶ岳
賤ヶ岳・山本山 なかなか減らない距離
なかなか減らない距離
賤ヶ岳・山本山 途中にあった湖北丸山
途中にあった湖北丸山
賤ヶ岳・山本山 小谷山と伊吹山の方向が変わってきた感じ
小谷山と伊吹山の方向が変わってきた感じ
賤ヶ岳・山本山 大木が倒木
大木が倒木
賤ヶ岳・山本山 西野山通過
西野山通過
賤ヶ岳・山本山 磯野山城址・・・遠い感じなのでパス!!
磯野山城址・・・遠い感じなのでパス!!
賤ヶ岳・山本山 いたる所に紅葉
いたる所に紅葉
賤ヶ岳・山本山 おお~ポコポコと連なるピーク郡!一番奥が山本山です。
おお~ポコポコと連なるピーク郡!一番奥が山本山です。
賤ヶ岳・山本山 ある程度行くと古墳群が・・・
平地と琵琶湖を眺められる地形の所だからかもです。(歴史ある地なんですね)
ある程度行くと古墳群が・・・ 平地と琵琶湖を眺められる地形の所だからかもです。(歴史ある地なんですね)
賤ヶ岳・山本山 凄い数の古墳群です。説明板によると。現在132基が確認されてるとか、3世紀~7世紀付近のものらしいです。
凄い数の古墳群です。説明板によると。現在132基が確認されてるとか、3世紀~7世紀付近のものらしいです。
賤ヶ岳・山本山 西野集落への分岐
西野集落への分岐
賤ヶ岳・山本山 ここも朽ちている案内棒
ここも朽ちている案内棒
賤ヶ岳・山本山 とても感じいいハイキングルート
とても感じいいハイキングルート
賤ヶ岳・山本山 明治27年~昭和37年まで山越え通学とは・・・
明治27年~昭和37年まで山越え通学とは・・・
賤ヶ岳・山本山 左が山越え道、右がハイキングコースです。
左が山越え道、右がハイキングコースです。
賤ヶ岳・山本山 古保利小学校方向[中央右]
古保利小学校方向[中央右]
賤ヶ岳・山本山 山本山近くの堀切
山本山近くの堀切
賤ヶ岳・山本山 馬の蹴跡・・・なんだ?
馬の蹴跡・・・なんだ?
賤ヶ岳・山本山 未だに残るチョット深い堀切
未だに残るチョット深い堀切
賤ヶ岳・山本山 かなり広い山本山城址! 周りには土塁と思われる土の土手が・・・
かなり広い山本山城址! 周りには土塁と思われる土の土手が・・・
賤ヶ岳・山本山 山本山
山本山
賤ヶ岳・山本山 下山箇所にはやっぱりモミジ
下山箇所にはやっぱりモミジ
賤ヶ岳・山本山 やっぱりモミジ-Ⅱ
やっぱりモミジ-Ⅱ
賤ヶ岳・山本山 神社側に降りるので正面の柵扉から出ます。
神社側に降りるので正面の柵扉から出ます。
賤ヶ岳・山本山 んで!! 下山完了^^v 汗が引くまで少し休憩し、バイクを回収に余呉湖へ
んで!! 下山完了^^v 汗が引くまで少し休憩し、バイクを回収に余呉湖へ
賤ヶ岳・山本山 余呉湖到着
余呉湖到着
賤ヶ岳・山本山 バイクを回収し、帰宅の途につきました。(ヘルスケアの歩数36228歩)でした。
バイクを回収し、帰宅の途につきました。(ヘルスケアの歩数36228歩)でした。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす