我が故郷、武田尾を歩く   大峰山・中山

2020.11.16(月) 日帰り

生後間なしの一時期、武田尾に暮らしていた。当時より母の姉夫婦がこの地に居を構えており、その伯父と父が勤めるT薬品の寮として使われていたその敷地内の別棟を仮住まいとしていたそうだ。その記憶は当然の如く僕には全く無いのだが、武田尾を離れ豊中に移り住んだ後も、中学に上がるまでの10数年の間、夏冬の休みの際には必ず里帰りしていた。 自分にとって田舎とは、故郷とは武田尾なのである。 今も従兄弟夫妻が暮らす此処武田尾。本日はお二人に表敬訪問がてら、兵庫百の二座を巡る予定。

福知山線武田尾駅近くの武田尾稲荷に帰還を報告

福知山線武田尾駅近くの武田尾稲荷に帰還を報告

福知山線武田尾駅近くの武田尾稲荷に帰還を報告

武庫川の向こう側が登山口

武庫川の向こう側が登山口

武庫川の向こう側が登山口

福知山線廃線跡を歩く。幼少の頃はまだ蒸気機関車が走っていた。

福知山線廃線跡を歩く。幼少の頃はまだ蒸気機関車が走っていた。

福知山線廃線跡を歩く。幼少の頃はまだ蒸気機関車が走っていた。

季節には見事な眺めだろう。その頃の再訪を心に誓う。

季節には見事な眺めだろう。その頃の再訪を心に誓う。

季節には見事な眺めだろう。その頃の再訪を心に誓う。

武庫川。平安の昔、京のお公家さんが軽侮を込めて、京の都から遠く離れたど田舎の「むこうのかわ」と呼んだのがその名の由来とな。

武庫川。平安の昔、京のお公家さんが軽侮を込めて、京の都から遠く離れたど田舎の「むこうのかわ」と呼んだのがその名の由来とな。

武庫川。平安の昔、京のお公家さんが軽侮を込めて、京の都から遠く離れたど田舎の「むこうのかわ」と呼んだのがその名の由来とな。

福知山線の宝塚から武田尾までの間、かなりのトンネルを抜けた記憶が。煙が侵入するので、その都度乗客が窓を上げ下げ🪟していた。大人になったらその役を買って出ようと心に固く誓っていたが、程なくSLは姿を消しディーゼル機関にとって代わった。

福知山線の宝塚から武田尾までの間、かなりのトンネルを抜けた記憶が。煙が侵入するので、その都度乗客が窓を上げ下げ🪟していた。大人になったらその役を買って出ようと心に固く誓っていたが、程なくSLは姿を消しディーゼル機関にとって代わった。

福知山線の宝塚から武田尾までの間、かなりのトンネルを抜けた記憶が。煙が侵入するので、その都度乗客が窓を上げ下げ🪟していた。大人になったらその役を買って出ようと心に固く誓っていたが、程なくSLは姿を消しディーゼル機関にとって代わった。

この廃線跡歩きがブームとなって久しい。トンネルによっては、昼中でも全く視界が効かない箇所多数。ヘッドライト、懐中電灯🔦は必携です。

この廃線跡歩きがブームとなって久しい。トンネルによっては、昼中でも全く視界が効かない箇所多数。ヘッドライト、懐中電灯🔦は必携です。

この廃線跡歩きがブームとなって久しい。トンネルによっては、昼中でも全く視界が効かない箇所多数。ヘッドライト、懐中電灯🔦は必携です。

平日午前にも関わらず多くの散策客の姿が。

平日午前にも関わらず多くの散策客の姿が。

平日午前にも関わらず多くの散策客の姿が。

木橋を渡り

木橋を渡り

木橋を渡り

記念碑を通過、登山口へ。

記念碑を通過、登山口へ。

記念碑を通過、登山口へ。

桜の園案内図🌸

桜の園案内図🌸

桜の園案内図🌸

秘湯の里の紅葉には上品な味わいがあるわい。

秘湯の里の紅葉には上品な味わいがあるわい。

秘湯の里の紅葉には上品な味わいがあるわい。

そのニ

そのニ

そのニ

その三

その三

その三

大峰山へ。道中案内板や赤テープは意外に少ない。迷い易いポイントも幾つかあるのでGPSで要 check it up!

大峰山へ。道中案内板や赤テープは意外に少ない。迷い易いポイントも幾つかあるのでGPSで要 check it up!

大峰山へ。道中案内板や赤テープは意外に少ない。迷い易いポイントも幾つかあるのでGPSで要 check it up!

林間広場、此処で見る事が出来る桜の種類の図

林間広場、此処で見る事が出来る桜の種類の図

林間広場、此処で見る事が出来る桜の種類の図

左に直進すると廃道に行きあたる。
関係ない話だが、この廃という漢字を含む単語、マイナスイメージよりも、なんだか不思議な魅力を含んだ言葉として捉えられているように思う。廃品、廃盤、廃墟等。

左に直進すると廃道に行きあたる。 関係ない話だが、この廃という漢字を含む単語、マイナスイメージよりも、なんだか不思議な魅力を含んだ言葉として捉えられているように思う。廃品、廃盤、廃墟等。

左に直進すると廃道に行きあたる。 関係ない話だが、この廃という漢字を含む単語、マイナスイメージよりも、なんだか不思議な魅力を含んだ言葉として捉えられているように思う。廃品、廃盤、廃墟等。

意外にあっさり、

意外にあっさり、

意外にあっさり、

山頂ゲット!

山頂ゲット!

山頂ゲット!

地味目な山の山頂眺望は草木が茂り、この通りの状況、、、ってケースが多い。

地味目な山の山頂眺望は草木が茂り、この通りの状況、、、ってケースが多い。

地味目な山の山頂眺望は草木が茂り、この通りの状況、、、ってケースが多い。

ルートを少し進んだ辺り、景色が広がるポイントが。

ルートを少し進んだ辺り、景色が広がるポイントが。

ルートを少し進んだ辺り、景色が広がるポイントが。

狭いが良い雰囲気の山道。この先が、、

狭いが良い雰囲気の山道。この先が、、

狭いが良い雰囲気の山道。この先が、、

十字路。目印の鉄塔、頭の中をロバートジョンソンの歌声が響く、、なんてね。

十字路。目印の鉄塔、頭の中をロバートジョンソンの歌声が響く、、なんてね。

十字路。目印の鉄塔、頭の中をロバートジョンソンの歌声が響く、、なんてね。

中山右へ、そしてすぐに左折です!真っ直ぐ行ってはいけませんよ。

中山右へ、そしてすぐに左折です!真っ直ぐ行ってはいけませんよ。

中山右へ、そしてすぐに左折です!真っ直ぐ行ってはいけませんよ。

ここから県道に滑り落ちるように着地。

ここから県道に滑り落ちるように着地。

ここから県道に滑り落ちるように着地。

朽ちかけた看板に大峰山登山口の文字。付近に駐車スペースは無く中山への通過点に過ぎない。と思う。

朽ちかけた看板に大峰山登山口の文字。付近に駐車スペースは無く中山への通過点に過ぎない。と思う。

朽ちかけた看板に大峰山登山口の文字。付近に駐車スペースは無く中山への通過点に過ぎない。と思う。

大峰山登山口と道を挟んだ正面が中山への取り付き。あほな俺は何も考えずこの県道を宝塚方面へテクテク下って行ったとさ。

大峰山登山口と道を挟んだ正面が中山への取り付き。あほな俺は何も考えずこの県道を宝塚方面へテクテク下って行ったとさ。

大峰山登山口と道を挟んだ正面が中山への取り付き。あほな俺は何も考えずこの県道を宝塚方面へテクテク下って行ったとさ。

かなり進んだここいら辺りで間違いに気づく。自分に舌打ちしながら慌てて戻る。

かなり進んだここいら辺りで間違いに気づく。自分に舌打ちしながら慌てて戻る。

かなり進んだここいら辺りで間違いに気づく。自分に舌打ちしながら慌てて戻る。

ルート復帰の為無理やり渡渉、無理やり斜面攀じ登り。

ルート復帰の為無理やり渡渉、無理やり斜面攀じ登り。

ルート復帰の為無理やり渡渉、無理やり斜面攀じ登り。

はあ、無理矢理ルート復帰。

はあ、無理矢理ルート復帰。

はあ、無理矢理ルート復帰。

痩せ尾根を歩き

痩せ尾根を歩き

痩せ尾根を歩き

落ちた案内板をしゃがんで確認し

落ちた案内板をしゃがんで確認し

落ちた案内板をしゃがんで確認し

中山山頂ゲット!

中山山頂ゲット!

中山山頂ゲット!

この眺望

この眺望

この眺望

簡素ながらも面白い山頂看板

簡素ながらも面白い山頂看板

簡素ながらも面白い山頂看板

さあ、従兄弟夫妻が俺を待っている。慌てず急いで戻ります。

さあ、従兄弟夫妻が俺を待っている。慌てず急いで戻ります。

さあ、従兄弟夫妻が俺を待っている。慌てず急いで戻ります。

先程の痩せ尾根で、この剥き出しの木の根の隙間に爪先がロックし危うく転倒寸前。ハードな縦走中、岩の間に後脚が挟まりそのまま滑落、、なんてケースも多いらしい。皆さん注意して山歩きを楽しみましょう。

先程の痩せ尾根で、この剥き出しの木の根の隙間に爪先がロックし危うく転倒寸前。ハードな縦走中、岩の間に後脚が挟まりそのまま滑落、、なんてケースも多いらしい。皆さん注意して山歩きを楽しみましょう。

先程の痩せ尾根で、この剥き出しの木の根の隙間に爪先がロックし危うく転倒寸前。ハードな縦走中、岩の間に後脚が挟まりそのまま滑落、、なんてケースも多いらしい。皆さん注意して山歩きを楽しみましょう。

13時30分、初頭の日暮れは鶴瓶落としよりも早い。慌てず急げ。

13時30分、初頭の日暮れは鶴瓶落としよりも早い。慌てず急げ。

13時30分、初頭の日暮れは鶴瓶落としよりも早い。慌てず急げ。

この鉄橋を戻り、

この鉄橋を戻り、

この鉄橋を戻り、

小さなダムの裏側を横目に、

小さなダムの裏側を横目に、

小さなダムの裏側を横目に、

県道脇に出る。とって付けられた中山への案内板。先程の大峰山登山口の真向いです。

県道脇に出る。とって付けられた中山への案内板。先程の大峰山登山口の真向いです。

県道脇に出る。とって付けられた中山への案内板。先程の大峰山登山口の真向いです。

今度は間違いない。十万辻方面へ暫しの県道歩き。この後、竹馬で変装したかのような巨人が向こうからズッコズッコと駆け降りてきた。近づくとなんだ、大きな外人さんだった。ニヤリと会釈を交わし奔馬の如く走り去って行った。

今度は間違いない。十万辻方面へ暫しの県道歩き。この後、竹馬で変装したかのような巨人が向こうからズッコズッコと駆け降りてきた。近づくとなんだ、大きな外人さんだった。ニヤリと会釈を交わし奔馬の如く走り去って行った。

今度は間違いない。十万辻方面へ暫しの県道歩き。この後、竹馬で変装したかのような巨人が向こうからズッコズッコと駆け降りてきた。近づくとなんだ、大きな外人さんだった。ニヤリと会釈を交わし奔馬の如く走り去って行った。

カーブの手前、武田尾へのショートカットを左折。

カーブの手前、武田尾へのショートカットを左折。

カーブの手前、武田尾へのショートカットを左折。

看板あり。

看板あり。

看板あり。

ルートは倒木に次ぐ倒木。距離はショートカット出来ても、時間的には然程変わらず。

ルートは倒木に次ぐ倒木。距離はショートカット出来ても、時間的には然程変わらず。

ルートは倒木に次ぐ倒木。距離はショートカット出来ても、時間的には然程変わらず。

罰ゲームのような倒木がルートを塞ぐ。

罰ゲームのような倒木がルートを塞ぐ。

罰ゲームのような倒木がルートを塞ぐ。

此処から脱出💦

此処から脱出💦

此処から脱出💦

ここから暫くはアスファルト歩き♪

ここから暫くはアスファルト歩き♪

ここから暫くはアスファルト歩き♪

沢沿い歩きは楽しいね。

沢沿い歩きは楽しいね。

沢沿い歩きは楽しいね。

殆ど、と言うか人も車も全く通らない山道。しかし荒れているわけでは無い。最高の道だ。

殆ど、と言うか人も車も全く通らない山道。しかし荒れているわけでは無い。最高の道だ。

殆ど、と言うか人も車も全く通らない山道。しかし荒れているわけでは無い。最高の道だ。

民家がチラホラ。

民家がチラホラ。

民家がチラホラ。

こんな景色の中、

こんな景色の中、

こんな景色の中、

武田尾へ戻る。

武田尾へ戻る。

武田尾へ戻る。

従兄弟夫妻の家に行き当たる山道を下る。

従兄弟夫妻の家に行き当たる山道を下る。

従兄弟夫妻の家に行き当たる山道を下る。

登山客以外は今は殆ど使われていないだろうこの道。流石に少々荒れています。

登山客以外は今は殆ど使われていないだろうこの道。流石に少々荒れています。

登山客以外は今は殆ど使われていないだろうこの道。流石に少々荒れています。

現在地、青丸

現在地、青丸

現在地、青丸

子供の頃、夏ともなれば秘密の木のチェックを怠らなかった。たしかこの辺り。ぺこんと蹴れば、ばらばらっとクワガタが落っこちて来たもんだ。
全部隣のアキラ君に教えてもらった。

子供の頃、夏ともなれば秘密の木のチェックを怠らなかった。たしかこの辺り。ぺこんと蹴れば、ばらばらっとクワガタが落っこちて来たもんだ。 全部隣のアキラ君に教えてもらった。

子供の頃、夏ともなれば秘密の木のチェックを怠らなかった。たしかこの辺り。ぺこんと蹴れば、ばらばらっとクワガタが落っこちて来たもんだ。 全部隣のアキラ君に教えてもらった。

おお、兄さん夫妻の家が見えて来た✨

おお、兄さん夫妻の家が見えて来た✨

おお、兄さん夫妻の家が見えて来た✨

昔々、毎朝セーラー服のお姉さんがさっき下山して来た山道から降りて来て、この脇道を抜けて駅に歩いて行った。子供の頃それが不思議だったなあ。あのお姉さん何処に住んでるんだろうって、、50年以上前の記憶。
此処がわが故郷の家なり。

昔々、毎朝セーラー服のお姉さんがさっき下山して来た山道から降りて来て、この脇道を抜けて駅に歩いて行った。子供の頃それが不思議だったなあ。あのお姉さん何処に住んでるんだろうって、、50年以上前の記憶。 此処がわが故郷の家なり。

昔々、毎朝セーラー服のお姉さんがさっき下山して来た山道から降りて来て、この脇道を抜けて駅に歩いて行った。子供の頃それが不思議だったなあ。あのお姉さん何処に住んでるんだろうって、、50年以上前の記憶。 此処がわが故郷の家なり。

豪雨被害から再建され久しい懐かしの紅葉館へ、兄さんとお風呂を頂きに。昔はテレビでよくCMが流れていたなあ。
ちなみに駐車場はレクサスやメルセデス等の高級車ばかり。羽振りの良い社長さんがお忍びで来ていると見た。ちゃんねー連れて。
本日はこれにてお終い。ありがとうございました。

豪雨被害から再建され久しい懐かしの紅葉館へ、兄さんとお風呂を頂きに。昔はテレビでよくCMが流れていたなあ。 ちなみに駐車場はレクサスやメルセデス等の高級車ばかり。羽振りの良い社長さんがお忍びで来ていると見た。ちゃんねー連れて。 本日はこれにてお終い。ありがとうございました。

豪雨被害から再建され久しい懐かしの紅葉館へ、兄さんとお風呂を頂きに。昔はテレビでよくCMが流れていたなあ。 ちなみに駐車場はレクサスやメルセデス等の高級車ばかり。羽振りの良い社長さんがお忍びで来ていると見た。ちゃんねー連れて。 本日はこれにてお終い。ありがとうございました。

福知山線武田尾駅近くの武田尾稲荷に帰還を報告

武庫川の向こう側が登山口

福知山線廃線跡を歩く。幼少の頃はまだ蒸気機関車が走っていた。

季節には見事な眺めだろう。その頃の再訪を心に誓う。

武庫川。平安の昔、京のお公家さんが軽侮を込めて、京の都から遠く離れたど田舎の「むこうのかわ」と呼んだのがその名の由来とな。

福知山線の宝塚から武田尾までの間、かなりのトンネルを抜けた記憶が。煙が侵入するので、その都度乗客が窓を上げ下げ🪟していた。大人になったらその役を買って出ようと心に固く誓っていたが、程なくSLは姿を消しディーゼル機関にとって代わった。

この廃線跡歩きがブームとなって久しい。トンネルによっては、昼中でも全く視界が効かない箇所多数。ヘッドライト、懐中電灯🔦は必携です。

平日午前にも関わらず多くの散策客の姿が。

木橋を渡り

記念碑を通過、登山口へ。

桜の園案内図🌸

秘湯の里の紅葉には上品な味わいがあるわい。

そのニ

その三

大峰山へ。道中案内板や赤テープは意外に少ない。迷い易いポイントも幾つかあるのでGPSで要 check it up!

林間広場、此処で見る事が出来る桜の種類の図

左に直進すると廃道に行きあたる。 関係ない話だが、この廃という漢字を含む単語、マイナスイメージよりも、なんだか不思議な魅力を含んだ言葉として捉えられているように思う。廃品、廃盤、廃墟等。

意外にあっさり、

山頂ゲット!

地味目な山の山頂眺望は草木が茂り、この通りの状況、、、ってケースが多い。

ルートを少し進んだ辺り、景色が広がるポイントが。

狭いが良い雰囲気の山道。この先が、、

十字路。目印の鉄塔、頭の中をロバートジョンソンの歌声が響く、、なんてね。

中山右へ、そしてすぐに左折です!真っ直ぐ行ってはいけませんよ。

ここから県道に滑り落ちるように着地。

朽ちかけた看板に大峰山登山口の文字。付近に駐車スペースは無く中山への通過点に過ぎない。と思う。

大峰山登山口と道を挟んだ正面が中山への取り付き。あほな俺は何も考えずこの県道を宝塚方面へテクテク下って行ったとさ。

かなり進んだここいら辺りで間違いに気づく。自分に舌打ちしながら慌てて戻る。

ルート復帰の為無理やり渡渉、無理やり斜面攀じ登り。

はあ、無理矢理ルート復帰。

痩せ尾根を歩き

落ちた案内板をしゃがんで確認し

中山山頂ゲット!

この眺望

簡素ながらも面白い山頂看板

さあ、従兄弟夫妻が俺を待っている。慌てず急いで戻ります。

先程の痩せ尾根で、この剥き出しの木の根の隙間に爪先がロックし危うく転倒寸前。ハードな縦走中、岩の間に後脚が挟まりそのまま滑落、、なんてケースも多いらしい。皆さん注意して山歩きを楽しみましょう。

13時30分、初頭の日暮れは鶴瓶落としよりも早い。慌てず急げ。

この鉄橋を戻り、

小さなダムの裏側を横目に、

県道脇に出る。とって付けられた中山への案内板。先程の大峰山登山口の真向いです。

今度は間違いない。十万辻方面へ暫しの県道歩き。この後、竹馬で変装したかのような巨人が向こうからズッコズッコと駆け降りてきた。近づくとなんだ、大きな外人さんだった。ニヤリと会釈を交わし奔馬の如く走り去って行った。

カーブの手前、武田尾へのショートカットを左折。

看板あり。

ルートは倒木に次ぐ倒木。距離はショートカット出来ても、時間的には然程変わらず。

罰ゲームのような倒木がルートを塞ぐ。

此処から脱出💦

ここから暫くはアスファルト歩き♪

沢沿い歩きは楽しいね。

殆ど、と言うか人も車も全く通らない山道。しかし荒れているわけでは無い。最高の道だ。

民家がチラホラ。

こんな景色の中、

武田尾へ戻る。

従兄弟夫妻の家に行き当たる山道を下る。

登山客以外は今は殆ど使われていないだろうこの道。流石に少々荒れています。

現在地、青丸

子供の頃、夏ともなれば秘密の木のチェックを怠らなかった。たしかこの辺り。ぺこんと蹴れば、ばらばらっとクワガタが落っこちて来たもんだ。 全部隣のアキラ君に教えてもらった。

おお、兄さん夫妻の家が見えて来た✨

昔々、毎朝セーラー服のお姉さんがさっき下山して来た山道から降りて来て、この脇道を抜けて駅に歩いて行った。子供の頃それが不思議だったなあ。あのお姉さん何処に住んでるんだろうって、、50年以上前の記憶。 此処がわが故郷の家なり。

豪雨被害から再建され久しい懐かしの紅葉館へ、兄さんとお風呂を頂きに。昔はテレビでよくCMが流れていたなあ。 ちなみに駐車場はレクサスやメルセデス等の高級車ばかり。羽振りの良い社長さんがお忍びで来ていると見た。ちゃんねー連れて。 本日はこれにてお終い。ありがとうございました。

類似するルートを通った活動日記