奥秩父の秘峰・和名倉山へ 今季ラスト?テン泊縦走

2020.11.14(土) 2 DAYS
hiroki
hiroki

活動詳細

もっと見る

 週末は天気が良く、暖かいということで今シーズン最後のつもりで奥秩父の方にテン泊縦走してきました。色々と候補はありましたが、下山後徒歩で温泉直行できる丹波山に下山と決めてから、今回は秩父湖から奥秩父の秘峰・和名倉山を踏破し、将監小屋でテン泊、次の日に飛龍山によってから下山するという南北を縦断するコースとしました。公共交通機関を使うため秩父湖BSからのスタートが9:30と遅く、やや巻き気味のペースで進みました。最悪ビバーグも想定内でしたが、日の沈む前に将監小屋に到着できました。  次の日は奥秩父縦走路を飛龍山まで歩き、そこから丹波方向に下山。丹波のめこい湯でサッパリしてから家路につきました。今回急遽計画したため、多少杜撰なところもありましたが、2日とも穏やかな晴天で奥秩父と奥多摩らしい山歩きを楽しめました。お疲れ様でした。  秩父からは、三峯神社から雲取山、両神山、川又から十文字小屋などの起点になるので、今回実際に訪れてみて様子が分かりました。結構、想像より近かったです。(電車で寝てただけw)  今回試してみたギア ・エアマット。フォームマットはシャクナゲジャングルのような変な道を通るといつも引っ掛かっていたので、今回初投入。120cmと短く、軽量にしましたが思いの外良かった。今回もジャングルありましたが引っ掛かりません。ただエアを入れるとき寒くてほっぺもかじかんでいて、エアをうまく入れられなかった。ほっぺを温めながらエアを入れて時間がかかった。 ・シェルフカバー。持ってたけど使ってなかったので初使用。ただ湿度が低かったせいか結露は一切なかった。保温の効果はあったのかもしれないですが。

和名倉山(白石山)・笠取山・東仙波 西武秩父駅から三峯神社行のバス。紅葉シーズンで激混み。
西武秩父駅から三峯神社行のバス。紅葉シーズンで激混み。
和名倉山(白石山)・笠取山・東仙波 皆さんは三峯神社まで行かれるようで、一人寂しく秩父湖で下車。ここからやっとスタート、9:30。日没まで7時間余。行動時間はあまり長くとれないプレッシャーが。
皆さんは三峯神社まで行かれるようで、一人寂しく秩父湖で下車。ここからやっとスタート、9:30。日没まで7時間余。行動時間はあまり長くとれないプレッシャーが。
和名倉山(白石山)・笠取山・東仙波 秩父湖の吊橋を渡って登山道に。
秩父湖の吊橋を渡って登山道に。
和名倉山(白石山)・笠取山・東仙波 吊橋を渡った直後。いい感じ。
吊橋を渡った直後。いい感じ。
和名倉山(白石山)・笠取山・東仙波 反射板跡地まで急登。唐松の紅葉。
反射板跡地まで急登。唐松の紅葉。
和名倉山(白石山)・笠取山・東仙波 左奥のとんがった山は武甲山。中央右奥は雲取山。いい天気です。
左奥のとんがった山は武甲山。中央右奥は雲取山。いい天気です。
和名倉山(白石山)・笠取山・東仙波 反射板跡。ここから造林小屋跡まで長い水平径路。
反射板跡。ここから造林小屋跡まで長い水平径路。
和名倉山(白石山)・笠取山・東仙波 水平径路に線路があったようです。このあたりが造林小屋跡。ここから本格的にまた登ります。自分との闘いの時間。
水平径路に線路があったようです。このあたりが造林小屋跡。ここから本格的にまた登ります。自分との闘いの時間。
和名倉山(白石山)・笠取山・東仙波 標高2000m近くになって奥秩父らしいシラビソとコケ。良い感じです。
標高2000m近くになって奥秩父らしいシラビソとコケ。良い感じです。
和名倉山(白石山)・笠取山・東仙波 二瀬分岐。ザックをここにデポして和名倉山に向かいます。
二瀬分岐。ザックをここにデポして和名倉山に向かいます。
和名倉山(白石山)・笠取山・東仙波 二百名山 和名倉山です。眺望無し。でも落ち着く山頂でした。
二百名山 和名倉山です。眺望無し。でも落ち着く山頂でした。
和名倉山(白石山)・笠取山・東仙波 次は東仙波を目指します。いよいよ富士山も見えるように。右は時は唐松尾山。
次は東仙波を目指します。いよいよ富士山も見えるように。右は時は唐松尾山。
和名倉山(白石山)・笠取山・東仙波 国師、甲武信方向の稜線。
国師、甲武信方向の稜線。
和名倉山(白石山)・笠取山・東仙波 歩いてきた稜線。
歩いてきた稜線。
和名倉山(白石山)・笠取山・東仙波 東仙波に到着。良い眺望ですが先を急ぎます。中央の突起はガアバノ頭、その左奥は雲取山。
東仙波に到着。良い眺望ですが先を急ぎます。中央の突起はガアバノ頭、その左奥は雲取山。
和名倉山(白石山)・笠取山・東仙波 夕暮れ近い富士山。
夕暮れ近い富士山。
和名倉山(白石山)・笠取山・東仙波 富士山アップ。富士山の前は大菩薩嶺。
富士山アップ。富士山の前は大菩薩嶺。
和名倉山(白石山)・笠取山・東仙波 こういう奥秩父の感じは好きです。
こういう奥秩父の感じは好きです。
和名倉山(白石山)・笠取山・東仙波 有名なリンノ峰と山ノ神土の間の激ヤブ。たまに滑ったり、ロスとしたり。。。でも露で濡れていなくて助かった。。。。
有名なリンノ峰と山ノ神土の間の激ヤブ。たまに滑ったり、ロスとしたり。。。でも露で濡れていなくて助かった。。。。
和名倉山(白石山)・笠取山・東仙波 山ノ神土到着。将監小屋まであと少し。。。
山ノ神土到着。将監小屋まであと少し。。。
和名倉山(白石山)・笠取山・東仙波 将監峠から将監小屋が見えてきました。日暮れに何とか間に合った。
将監峠から将監小屋が見えてきました。日暮れに何とか間に合った。
和名倉山(白石山)・笠取山・東仙波 急いで幕営の準備をしますが、すでに気温は氷点下で手がかじかんで細かい作業に時間がかかってしまいました。夜、-5℃くらいまで下がりましたが、まだ温かい方なのでしょうね。
急いで幕営の準備をしますが、すでに気温は氷点下で手がかじかんで細かい作業に時間がかかってしまいました。夜、-5℃くらいまで下がりましたが、まだ温かい方なのでしょうね。
和名倉山(白石山)・笠取山・東仙波 Day2。朝飯をどれにするか考えています。結局リフィルのラーメン。だって賞味期限短いんだもーん。(まとめ買いしてしまったので)最近は軽量化でこんな感じですが、この装備ではドリップコーヒーが飲めなかったのは失敗。
Day2。朝飯をどれにするか考えています。結局リフィルのラーメン。だって賞味期限短いんだもーん。(まとめ買いしてしまったので)最近は軽量化でこんな感じですが、この装備ではドリップコーヒーが飲めなかったのは失敗。
和名倉山(白石山)・笠取山・東仙波 将監峠近くから黎明の大菩薩嶺。
将監峠近くから黎明の大菩薩嶺。
和名倉山(白石山)・笠取山・東仙波 一般登山道は巻道のため、ピークハントしたいので稜線歩き
一般登山道は巻道のため、ピークハントしたいので稜線歩き
和名倉山(白石山)・笠取山・東仙波 今日もいい天気です。
今日もいい天気です。
和名倉山(白石山)・笠取山・東仙波 竜喰山。天目尾根に入り込んで、しばらく行って戻ってくる羽目にw
竜喰山。天目尾根に入り込んで、しばらく行って戻ってくる羽目にw
和名倉山(白石山)・笠取山・東仙波 気持ちよい稜線歩きを楽しませてもらいました。
気持ちよい稜線歩きを楽しませてもらいました。
和名倉山(白石山)・笠取山・東仙波 南アルプス。右奥の甲斐駒から左の聖まで。
南アルプス。右奥の甲斐駒から左の聖まで。
和名倉山(白石山)・笠取山・東仙波 大常木山は鶏冠山のような岩峰でした。
大常木山は鶏冠山のような岩峰でした。
和名倉山(白石山)・笠取山・東仙波 大常木山
大常木山
和名倉山(白石山)・笠取山・東仙波 大常木山からは北側も良く見えて、昨日登った和名倉山左奥と稜線。
大常木山からは北側も良く見えて、昨日登った和名倉山左奥と稜線。
和名倉山(白石山)・笠取山・東仙波 目の前に飛龍山。何故かそのままシャクナゲジャングルの尾根伝いに登る。
目の前に飛龍山。何故かそのままシャクナゲジャングルの尾根伝いに登る。
和名倉山(白石山)・笠取山・東仙波 山梨百名山 飛龍山。40座目です。
山梨百名山 飛龍山。40座目です。
和名倉山(白石山)・笠取山・東仙波 飛龍権現。
飛龍権現。
和名倉山(白石山)・笠取山・東仙波 標高が落ちてきて、富士山とももうそろそろお別れ。
標高が落ちてきて、富士山とももうそろそろお別れ。
和名倉山(白石山)・笠取山・東仙波 前飛龍。この前で某大物ヤマッパーさんとスライドでビックリぽん!
前飛龍。この前で某大物ヤマッパーさんとスライドでビックリぽん!
和名倉山(白石山)・笠取山・東仙波 奥秩父とまた違う奥多摩らしい雑木林?これはこれでいいです。落ち葉もずーとふかふか。たまにトラップがあるのだけど。。。。
奥秩父とまた違う奥多摩らしい雑木林?これはこれでいいです。落ち葉もずーとふかふか。たまにトラップがあるのだけど。。。。
和名倉山(白石山)・笠取山・東仙波 サオラ峠着。標高1400m。
サオラ峠着。標高1400m。
和名倉山(白石山)・笠取山・東仙波 標高1000mくらいで紅葉が見れました。
標高1000mくらいで紅葉が見れました。
和名倉山(白石山)・笠取山・東仙波 標高1000mくらいの紅葉2
標高1000mくらいの紅葉2
和名倉山(白石山)・笠取山・東仙波 丹波の里も近づいてきました。
丹波の里も近づいてきました。
和名倉山(白石山)・笠取山・東仙波 丹波のめこい湯でフィニッシュ。サッパリしてから帰途につきます。おつかれさまでした。
丹波のめこい湯でフィニッシュ。サッパリしてから帰途につきます。おつかれさまでした。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす