立石山・可也山むりやり縦走 その②可也山

2020.11.15(日) 日帰り
なみへい
なみへい

活動データ

タイム

01:58

距離

5.9km

上り

414m

下り

402m

活動詳細

もっと見る

立石山から約6キロの国道をひたすら歩く、ときどき走る。 気温がそれほど高くないから海風も気持ちよくていいものの、これ真夏だったらとっくに死んでいた。 約1時間もかけてたどり着いた登山口。 あれ、これ、道ありますか?本当に登山道? けもの道の間違いでなくて? っていうくらい、倒木と落ち葉で道なき道よ。 引き返そうかと思ったが、どうしても山頂まで行きたくて進んでいく。 途中からは、道なき道プラス急登イコールロープで、もう登山というよりクライミングよ。 腕の力を借りないと、使いものにならん私の足たち。 ずーっと頭上をついてくるムクドリのつがい。 試されている気がしてならない。 死ぬ気でよじ登っていくと、急にフラットな尾根に出た。 涼しい顔で歩いてる登山客たちから、「あの人なんであんなに汗かいてるの?」的な目線を注がれながら、さっきまでのクライミングが嘘のような平和な登山道。 やっぱり、こっちが王道だったのよ。 山頂ぽくない山頂ポイントを経由して、展望所で梅干(前日の由布院の酒屋さんで買ったやつ)食べて、元気百倍で下山。 私がヒーローならアンパンマンじゃなくて、アラレちゃんに出てくるスッパマンの方だったのね… 王道の登山口から昭和バスに乗って前原駅へ、姪浜で途中下車して小戸の湯どころで汗を流して帰りましたとさ。 めでたし、めでたし。 ※小富士からの入山は本当におすすめできません。 皆さんはぜひ王道の登山口からお登り下さい。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす