宍粟50名山『藤無山』『銅山』 王道の志倉ルートで

2020.11.15(日) 日帰り

若杉大屋スキー場から宍粟50名山『藤無山』へのピストンは過去に行ったのですが、今回は、倉床から宍粟50名山『銅山』を目指し、そこから『藤無山』というのもアリかな〜と、………。🤔 少し捻くれたルートで二座縦走も頭に浮かびました。でもルーファイ下手糞なんで情報不足な事もあり、結局王道の志倉ルートで山行する事に、まあエエか〜😅 眺望満喫出来ればな〜と、……。🤗 そうそう、先月ここ迄来てて、登山靴と水忘れて登山断念したリベンジだしね❗。😅そんなこんなで、朝から突撃してきました。😁 志倉ルート激上り激下りで、マーキングも見逃し易く苦戦。しかも、銅山までの境界尾根縦走路の往復は長かった〜😆 道谷ルートで藤無山をピストンで登っていた為、完全舐めてましたね、下山後、車の中で一人反省会でした。😓 ただ、目的が宍粟50名山踏破の活動なので、市境尾根だけ宍粟市を歩くのでは無く宍粟市側から登り降りした事に価値があったと思います。こだわりですケド😄 宍粟50名山39座目踏破 №28『銅山』 宍粟50名山40座目踏破 №10『藤無山』 pace2.4★

林道を進みます。
四駆なら行けそうです。😙

林道を進みます。 四駆なら行けそうです。😙

林道を進みます。 四駆なら行けそうです。😙

尾根コース㊨で逝きます。😇

尾根コース㊨で逝きます。😇

尾根コース㊨で逝きます。😇

綺麗やな〜😊

綺麗やな〜😊

綺麗やな〜😊

崩壊が、進んでます。😳
突破を試みましたが、ロープが不安定〜😱
諦めて高巻きしました。😓

崩壊が、進んでます。😳 突破を試みましたが、ロープが不安定〜😱 諦めて高巻きしました。😓

崩壊が、進んでます。😳 突破を試みましたが、ロープが不安定〜😱 諦めて高巻きしました。😓

少し戻って、ここから高巻き出来ます。😁

少し戻って、ここから高巻き出来ます。😁

少し戻って、ここから高巻き出来ます。😁

志倉川の源流がこの先に……。
源流マニアでは無いので、パス😄

志倉川の源流がこの先に……。 源流マニアでは無いので、パス😄

志倉川の源流がこの先に……。 源流マニアでは無いので、パス😄

ここから急登始まります。😤

ここから急登始まります。😤

ここから急登始まります。😤

朝日を浴びる宍粟の山々😙

朝日を浴びる宍粟の山々😙

朝日を浴びる宍粟の山々😙

踏み跡わからん😓
取り敢えず、登り続けます。😤

踏み跡わからん😓 取り敢えず、登り続けます。😤

踏み跡わからん😓 取り敢えず、登り続けます。😤

朝日を浴びる🌾。

朝日を浴びる🌾。

朝日を浴びる🌾。

天気は最高〜😄

天気は最高〜😄

天気は最高〜😄

極楽尾根〜😄

極楽尾根〜😄

極楽尾根〜😄

銅山山頂に到着〜♪
眺望は無い😅

銅山山頂に到着〜♪ 眺望は無い😅

銅山山頂に到着〜♪ 眺望は無い😅

三角点はあります。😋

三角点はあります。😋

三角点はあります。😋

記念撮影📷。

記念撮影📷。

記念撮影📷。

風が強く、林間なんで寒いです。
標識撮って、戻ります。😙

風が強く、林間なんで寒いです。 標識撮って、戻ります。😙

風が強く、林間なんで寒いです。 標識撮って、戻ります。😙

氷ノ山が垣間見える。👀
木々が邪魔して残念😓

氷ノ山が垣間見える。👀 木々が邪魔して残念😓

氷ノ山が垣間見える。👀 木々が邪魔して残念😓

こんな稜線ならいつまでも歩き続けたい🤗

こんな稜線ならいつまでも歩き続けたい🤗

こんな稜線ならいつまでも歩き続けたい🤗

PEEK946m。☺️

PEEK946m。☺️

PEEK946m。☺️

藤無山〜🤩
もうすぐ逝くから待っといてな〜😆

藤無山〜🤩 もうすぐ逝くから待っといてな〜😆

藤無山〜🤩 もうすぐ逝くから待っといてな〜😆

展望地からの眺め〜🤩
一山がよく見えますね〜♪

展望地からの眺め〜🤩 一山がよく見えますね〜♪

展望地からの眺め〜🤩 一山がよく見えますね〜♪

風強いけど良い天気〜😃

風強いけど良い天気〜😃

風強いけど良い天気〜😃

ここが、銅山への分岐点でした。😅

ここが、銅山への分岐点でした。😅

ここが、銅山への分岐点でした。😅

急登に抗いながら、歩いて来た稜線を省みる。😄

急登に抗いながら、歩いて来た稜線を省みる。😄

急登に抗いながら、歩いて来た稜線を省みる。😄

笠杉山も見えてます。🤗

笠杉山も見えてます。🤗

笠杉山も見えてます。🤗

鉢伏山が見えますね〜👀

鉢伏山が見えますね〜👀

鉢伏山が見えますね〜👀

但馬妙見山が見えてます。🤩

但馬妙見山が見えてます。🤩

但馬妙見山が見えてます。🤩

もう一枚📷

もう一枚📷

もう一枚📷

激上り〜😱

激上り〜😱

激上り〜😱

藤無山山頂に到着〜😄

藤無山山頂に到着〜😄

藤無山山頂に到着〜😄

三角点GET〜😋

三角点GET〜😋

三角点GET〜😋

古い味のある山頂標識。😙

古い味のある山頂標識。😙

古い味のある山頂標識。😙

宍粟50名山の山頂標識。

宍粟50名山の山頂標識。

宍粟50名山の山頂標識。

記念撮影📷

記念撮影📷

記念撮影📷

2年前、こんなに眺望あったかな〜🤔

2年前、こんなに眺望あったかな〜🤔

2年前、こんなに眺望あったかな〜🤔

下山は谷コースで逝きます。😇

下山は谷コースで逝きます。😇

下山は谷コースで逝きます。😇

その前にアミノ酸をチャージしておきます。😋

その前にアミノ酸をチャージしておきます。😋

その前にアミノ酸をチャージしておきます。😋

最初は歩きやすい。😙

最初は歩きやすい。😙

最初は歩きやすい。😙

既に激下り始まってます。😅
この時点では、余裕は有りましたが……。

既に激下り始まってます。😅 この時点では、余裕は有りましたが……。

既に激下り始まってます。😅 この時点では、余裕は有りましたが……。

粘土質の急斜面。ロープに助けられました。😃

粘土質の急斜面。ロープに助けられました。😃

粘土質の急斜面。ロープに助けられました。😃

沢沿いのルートでこんな感じは稀です。😳

沢沿いのルートでこんな感じは稀です。😳

沢沿いのルートでこんな感じは稀です。😳

見落としがちな、マーキング😢

見落としがちな、マーキング😢

見落としがちな、マーキング😢

やっと、降りられました。😩
スキルの乏しさを露呈してしまった。😓

やっと、降りられました。😩 スキルの乏しさを露呈してしまった。😓

やっと、降りられました。😩 スキルの乏しさを露呈してしまった。😓

林道歩きで、戻ります。

林道歩きで、戻ります。

林道歩きで、戻ります。

紅葉も、あと少しかな❓

紅葉も、あと少しかな❓

紅葉も、あと少しかな❓

志倉川、水が綺麗なんです。🤩

志倉川、水が綺麗なんです。🤩

志倉川、水が綺麗なんです。🤩

お〜、綺麗やな〜😆

お〜、綺麗やな〜😆

お〜、綺麗やな〜😆

帰ってきたよ〜😁
私の車だけでした。😅

帰ってきたよ〜😁 私の車だけでした。😅

帰ってきたよ〜😁 私の車だけでした。😅

スミマセン、尾根コースは遠慮しないとイケなかったんですね
反省です。😓

スミマセン、尾根コースは遠慮しないとイケなかったんですね 反省です。😓

スミマセン、尾根コースは遠慮しないとイケなかったんですね 反省です。😓

廃墟ですね〜🥺

廃墟ですね〜🥺

廃墟ですね〜🥺

林道を進みます。 四駆なら行けそうです。😙

尾根コース㊨で逝きます。😇

綺麗やな〜😊

崩壊が、進んでます。😳 突破を試みましたが、ロープが不安定〜😱 諦めて高巻きしました。😓

少し戻って、ここから高巻き出来ます。😁

志倉川の源流がこの先に……。 源流マニアでは無いので、パス😄

ここから急登始まります。😤

朝日を浴びる宍粟の山々😙

踏み跡わからん😓 取り敢えず、登り続けます。😤

朝日を浴びる🌾。

天気は最高〜😄

極楽尾根〜😄

銅山山頂に到着〜♪ 眺望は無い😅

三角点はあります。😋

記念撮影📷。

風が強く、林間なんで寒いです。 標識撮って、戻ります。😙

氷ノ山が垣間見える。👀 木々が邪魔して残念😓

こんな稜線ならいつまでも歩き続けたい🤗

PEEK946m。☺️

藤無山〜🤩 もうすぐ逝くから待っといてな〜😆

展望地からの眺め〜🤩 一山がよく見えますね〜♪

風強いけど良い天気〜😃

ここが、銅山への分岐点でした。😅

急登に抗いながら、歩いて来た稜線を省みる。😄

笠杉山も見えてます。🤗

鉢伏山が見えますね〜👀

但馬妙見山が見えてます。🤩

もう一枚📷

激上り〜😱

藤無山山頂に到着〜😄

三角点GET〜😋

古い味のある山頂標識。😙

宍粟50名山の山頂標識。

記念撮影📷

2年前、こんなに眺望あったかな〜🤔

下山は谷コースで逝きます。😇

その前にアミノ酸をチャージしておきます。😋

最初は歩きやすい。😙

既に激下り始まってます。😅 この時点では、余裕は有りましたが……。

粘土質の急斜面。ロープに助けられました。😃

沢沿いのルートでこんな感じは稀です。😳

見落としがちな、マーキング😢

やっと、降りられました。😩 スキルの乏しさを露呈してしまった。😓

林道歩きで、戻ります。

紅葉も、あと少しかな❓

志倉川、水が綺麗なんです。🤩

お〜、綺麗やな〜😆

帰ってきたよ〜😁 私の車だけでした。😅

スミマセン、尾根コースは遠慮しないとイケなかったんですね 反省です。😓

廃墟ですね〜🥺

類似するルートを通った活動日記