焼岳北峰(中尾登山口)

2020.11.14(土) 日帰り
河原崎幸成
河原崎幸成

晩秋の北アルプス、大学時代から登りたかった焼岳へ。 日本アルプス唯一の活火山で、北峰と南峰を 結ぶ稜線にはモクモクと煙が上がっていた🌋 今回は中尾登山道を使ったが、すれ違ったのは5組。 登山道としては中尾峠まで比較的登りやすく、 稜線に出たときに眼前に広がる笠・抜戸連峰が とても素晴らしいので強くおすすめしたい。 以下、登山道についてまとめ。 ・駐車場〜林道は思ったより長い。  帰りは猿の大群が道路上を闊歩しており、  こちらの「Monkey」の呼びかけに  応じる様子はなかった。  目を合わせないようにして通過。少し怖かった。 ・樹林帯は比較的歩きやすい道が続く。  中尾峠まで急登らしい急登はなく、  落ち着いた登山を楽しむことができた。 ・峠からは焼岳北峰を望むことができる。  すぐ着きそうだと思ったが、実はここからが大変。  急登が続き、なかなか上に近づかない。 ・若干雪があるものの、アイゼンがなくても  問題なく進むことができた。 ・笠・抜戸連峰、穂高連峰、霞沢岳の好展望に  囲まれながらようやく山頂直下まで到達すると、  目の前には乗鞍岳、中央アルプス、さらには  南アルプスまで望むことができた。  いくつもの山が連なり、山襞が幻想的になっていた。  北峰では遠く白山まで見ることができた。 ・北峰から南峰方面を望むと、噴火口には池があり、  その横から湯気が噴き上げていた。  勢いよく噴き出しているときもあれば、  比較的落ち着いているときもあり、  山そのものに対して生命を感じることができた。 ・下山時もアイゼンを付けなくても歩くことができた。 ・登りに比べて下山時の樹林帯は滑りやすかった。  というより実際滑って尻餅を付いてしまった。  湿った根や岩が落ち葉で隠れているため  不意に足を滑らせてしまった。 ♢服装 ・ヒートテック上下 ・半袖 ・フリース ・薄手の手袋 ・ロングパンツ ・登山靴(スポルティバ) ♢食料・水 ・ランチパック(鶏そぼろ) ・ランチパック(焼きそば) ・牛乳パン ・エナジーゼリー1個 ・ランチパック(飛騨牛乳) ・水1.5ℓ ♢下山後 ・ひらゆの森 ¥650  内湯は大きな浴槽1、水風呂1  外湯はとても広々としており、露天風呂は7箇所  水中には湯の花がたくさん漂っており、  視覚でも温泉成分の濃さを感じられた。  残念ながらコロナの影響でサウナは閉鎖 ・板蔵ラーメン ライスセット¥930  『君の名は』でもお馴染みの高山ラーメン  今回初めて食べたが、極細麺の醤油ラーメンだった  極細麺だからか、提供がとんでもなく早かった

ここでトイレを済まして、登山届を記入した

ここでトイレを済まして、登山届を記入した

ここでトイレを済まして、登山届を記入した

登山届を提出し、いざ登山開始

登山届を提出し、いざ登山開始

登山届を提出し、いざ登山開始

最初はしばらく林道歩きが続く
遠くには山頂も見えた

最初はしばらく林道歩きが続く 遠くには山頂も見えた

最初はしばらく林道歩きが続く 遠くには山頂も見えた

ここから登山道へ
すぐ近くの橋でさっそく滑った

ここから登山道へ すぐ近くの橋でさっそく滑った

ここから登山道へ すぐ近くの橋でさっそく滑った

落ち葉ふかふか

落ち葉ふかふか

落ち葉ふかふか

白水の滝

白水の滝

白水の滝

近くで見たいものです

近くで見たいものです

近くで見たいものです

笠ヶ岳にはモルゲンロート

笠ヶ岳にはモルゲンロート

笠ヶ岳にはモルゲンロート

熊笹の間を歩く

熊笹の間を歩く

熊笹の間を歩く

このあたりから若干雪が残っていた

このあたりから若干雪が残っていた

このあたりから若干雪が残っていた

ヒカリゴケ

ヒカリゴケ

ヒカリゴケ

霜パリパリ

霜パリパリ

霜パリパリ

秀綱神社
大きな岩につららが伸びていて、上には木が生えていた

秀綱神社 大きな岩につららが伸びていて、上には木が生えていた

秀綱神社 大きな岩につららが伸びていて、上には木が生えていた

熊笹の道
見えなくなりそう

熊笹の道 見えなくなりそう

熊笹の道 見えなくなりそう

今回は最短ルート
分岐を右へ

今回は最短ルート 分岐を右へ

今回は最短ルート 分岐を右へ

展望が広がる

展望が広がる

展望が広がる

いきなり森林限界

いきなり森林限界

いきなり森林限界

近く見えるけど遠い山頂

近く見えるけど遠い山頂

近く見えるけど遠い山頂

注意看板倒れてた

注意看板倒れてた

注意看板倒れてた

登山道脇には湯気が立ち込む

登山道脇には湯気が立ち込む

登山道脇には湯気が立ち込む

振り返ると稜線の先に穂高、麓には上高地

振り返ると稜線の先に穂高、麓には上高地

振り返ると稜線の先に穂高、麓には上高地

稜線に出てから結構歩いてきた

稜線に出てから結構歩いてきた

稜線に出てから結構歩いてきた

雪も増えた

雪も増えた

雪も増えた

右には上高地方面への登山道も見える

右には上高地方面への登山道も見える

右には上高地方面への登山道も見える

もうひと息

もうひと息

もうひと息

山頂直下まで到着
幻想的な景色が広がっていた

山頂直下まで到着 幻想的な景色が広がっていた

山頂直下まで到着 幻想的な景色が広がっていた

THE 火山

THE 火山

THE 火山

乗鞍岳も見えた
端正な形をしてる

乗鞍岳も見えた 端正な形をしてる

乗鞍岳も見えた 端正な形をしてる

中の湯登山道への分岐

中の湯登山道への分岐

中の湯登山道への分岐

あっちの丘の湯気暖かいらしい
行けばよかった...

あっちの丘の湯気暖かいらしい 行けばよかった...

あっちの丘の湯気暖かいらしい 行けばよかった...

地球だなぁと感じる

地球だなぁと感じる

地球だなぁと感じる

岩が黄色くなってて硫黄濃度が高そう

岩が黄色くなってて硫黄濃度が高そう

岩が黄色くなってて硫黄濃度が高そう

到着!

到着!

到着!

南峰を望む
煙が多いタイミングはゴゴゴという音も大きくなった

南峰を望む 煙が多いタイミングはゴゴゴという音も大きくなった

南峰を望む 煙が多いタイミングはゴゴゴという音も大きくなった

煙が少なくなった

煙が少なくなった

煙が少なくなった

活火山はいつ噴火して登れなくなるか分からない
迫力がある光景を見られてよかった

活火山はいつ噴火して登れなくなるか分からない 迫力がある光景を見られてよかった

活火山はいつ噴火して登れなくなるか分からない 迫力がある光景を見られてよかった

名残惜しいが、下山開始

名残惜しいが、下山開始

名残惜しいが、下山開始

雪の白と緑の稜線の美しさ

雪の白と緑の稜線の美しさ

雪の白と緑の稜線の美しさ

引きでも一枚

引きでも一枚

引きでも一枚

熊笹

熊笹

熊笹

こんな多かったっけ?ってなった

こんな多かったっけ?ってなった

こんな多かったっけ?ってなった

この辺りは歩きやすい

この辺りは歩きやすい

この辺りは歩きやすい

迂回路

迂回路

迂回路

滑らないように注意しながら歩く

滑らないように注意しながら歩く

滑らないように注意しながら歩く

おつかれ山!
冬季は上高地側の梯子が外されるらしい

おつかれ山! 冬季は上高地側の梯子が外されるらしい

おつかれ山! 冬季は上高地側の梯子が外されるらしい

いい湯でした
硫黄分が多く含まれていて、ザ・温泉な感じ

いい湯でした 硫黄分が多く含まれていて、ザ・温泉な感じ

いい湯でした 硫黄分が多く含まれていて、ザ・温泉な感じ

板蔵らーめんで高山ラーメンを食す
そうめんみたいな麺
思ったより量があって満足

板蔵らーめんで高山ラーメンを食す そうめんみたいな麺 思ったより量があって満足

板蔵らーめんで高山ラーメンを食す そうめんみたいな麺 思ったより量があって満足

ここでトイレを済まして、登山届を記入した

登山届を提出し、いざ登山開始

最初はしばらく林道歩きが続く 遠くには山頂も見えた

ここから登山道へ すぐ近くの橋でさっそく滑った

落ち葉ふかふか

白水の滝

近くで見たいものです

笠ヶ岳にはモルゲンロート

熊笹の間を歩く

このあたりから若干雪が残っていた

ヒカリゴケ

霜パリパリ

秀綱神社 大きな岩につららが伸びていて、上には木が生えていた

熊笹の道 見えなくなりそう

今回は最短ルート 分岐を右へ

展望が広がる

いきなり森林限界

近く見えるけど遠い山頂

注意看板倒れてた

登山道脇には湯気が立ち込む

振り返ると稜線の先に穂高、麓には上高地

稜線に出てから結構歩いてきた

雪も増えた

右には上高地方面への登山道も見える

もうひと息

山頂直下まで到着 幻想的な景色が広がっていた

THE 火山

乗鞍岳も見えた 端正な形をしてる

中の湯登山道への分岐

あっちの丘の湯気暖かいらしい 行けばよかった...

地球だなぁと感じる

岩が黄色くなってて硫黄濃度が高そう

到着!

南峰を望む 煙が多いタイミングはゴゴゴという音も大きくなった

煙が少なくなった

活火山はいつ噴火して登れなくなるか分からない 迫力がある光景を見られてよかった

名残惜しいが、下山開始

雪の白と緑の稜線の美しさ

引きでも一枚

熊笹

こんな多かったっけ?ってなった

この辺りは歩きやすい

迂回路

滑らないように注意しながら歩く

おつかれ山! 冬季は上高地側の梯子が外されるらしい

いい湯でした 硫黄分が多く含まれていて、ザ・温泉な感じ

板蔵らーめんで高山ラーメンを食す そうめんみたいな麺 思ったより量があって満足

類似するルートを通った活動日記