黒松内岳 

2020.11.08(日) 日帰り
max
max

活動データ

タイム

04:13

距離

4.5km

上り

597m

下り

608m

活動詳細

もっと見る

黒松内岳   還暦を過ぎ、また始まりの思い出深い地へ  9月、初めての川遡行から頂へ  今回も、秋海棠さんのおかげさまで, 昔懐かしい夏道で、再訪する事ができました  人や山との嬉しい縁に導かれた山行の続きです らしい行^^    晩秋と初冬のはざま  空気が澄んで、ひんやりとした朝、待ち合わせ場所へとむかう  今日の相棒、秋海棠さんは準備を総て終えて待機してました   私も颯爽?と準備をし出発 (後で。鍵、抜かず掛けず、当然持って無い・・で、頂上で気が付いた あっ?カバンも開きっぱなし)  ポカ三昧続きで、ハインリッヒの法則なら危険度MAX状態かな 厳しい冬を前に、今年の〆は普通に終えることを目標にしよう  歩き出すと、すぐ暑くなり汗が吹き出し一枚脱ぐ 風が気持ちいい♪ あるく のぼる  草木や土の匂いを感じ 空気をうちへと深呼吸 見ること 感じること 五感が空へ 無へといざなう 心が澄み 穏やかに カムイをかんじるとき  悟りとは、いつもの日々に      目の前の日常にある   幼児が万事行儀、良く出来るという 子供らしくと、何もせずともおおらかに と、いう言い方もあるが、知らなければ一生涯の損では  時に厳しく しつけ、しつけられる  日々培うことが自然の所作になる その所作には日本人の古からの文化や伝統の心が在る そして、おしえて頂き感謝 そのこころを持つことが、なによりも素晴らしいことだとおもう   他愛ない会話 山ならではです 長い時間があるからするのか?素晴らしいときがさせるのか?  今でも10年、20年前の先輩たちから聞いた話や教訓を憶えて居る  わたしもそうありたいものだ  ・・取り返せないが 因果応報  善き悪しき 順現、順次、順後に廻りくる  コロナも然り   久しぶりの湯あたりする、らぢぅむ温泉で湯治て、行を修める    なんとも私らしい山行だった(笑)  

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。