はじめてのくじゅう連山 坊がつるテント泊

2020.11.07(土) 2 DAYS
syu
syu

活動詳細

もっと見る

「どこでもドアきっぷ」のおかげで博多まで新幹線でお安く行けるので、憧れのくじゅう連山まで夫婦で遠征しました。 博多からレンタカーで長者原登山口へ 紅葉の時期は外れているのは承知でしたが、登山口付近の道や登り始めのエリアではまだまだ色とりどりの紅葉が楽しめました。 坊がつるまで行きテント泊をしました。これもこの山行の目的です。 初日はすっきりしない天気で、途中からはしとしとと雨が降り始めました。 買ってから長らく出番を待っていたレインコートの初仕事でした。 最初は雨の音を聞きながらのテント泊でしたが、じきに雨が上がると、近くの川のせせらぎと遠くの鹿の鳴き声の耳に入り、テントの中は快適でぐっすりと眠れました。 2日目は大船山まで行こうと計画してました。 でも。道が昨日の雨で滑りやすくなっていて、また素晴らしき景色に思わず写真を撮ってしまうことも多く、初心者の自分では思った以上の時間がかかりそうだったので、とりあえずミヤマキリシマが群生する大戸越あたりまでピストンして、法華院温泉を見に行き、来た道と同じルートを長者原まで戻りました。 当初の目的が果たせなかったのが反省点でしたが、楽しく歩けて、ミヤマキリシマの季節に向けての下見も出来たので良かったです。

活動の装備

メンバー

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす