室根山

2020.11.08(日) 日帰り

活動データ

タイム

02:54

距離

4.8km

上り

571m

下り

571m

活動詳細

もっと見る

今年の登山シーズンも終盤を迎え岩手県でも温暖な県南に位置する室根山(一関市)へ登ります。 この室根山は岩手県内で山開き行事を最初に行う山として毎年地元記事として注目されています。 まずは駐車場の情報が見当たらないので、蟻塚公園の駐車場をめざします。 現地に到着すると広めの登山口駐車場がしっかりとありました。 登山口からは室根神社の参道が登山道となってるので広い道で、例大祭で神輿が通るそうなので、広い道と杉林が神々しい感じがします。 直登なので急に感じるけどあっさりと、室根神社に到着。本宮と新宮に金の鈴、銀の鈴があり二つ揃ってるのはここだけだそうな。 神社わきから細い道を登るといよいよ山頂へ。車で行ける山頂なので、すごく整備されていて360°パノラマ景色が望めます。 空気が澄んでると鳥海山が見えるそうですがガスで霞んで見えませんでした。 それでも最近の日曜日にしては終始快晴の登山だったので気持がいい登山でした。 下山時に姫滝と芦東山籠岩を見て下山。 ついでに猊鼻渓に寄って川下りを観光してそれもまた岩好きにしてはたまらない絶景を堪能しました。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。