熊野古道小辺路2020.11.5-8

2020.11.05(木) 4 DAYS
六甲太郎次郎
六甲太郎次郎

 7月挫折のリベンジを女性3名+男性2名を誘い、リベンジを果たした。 高野山の宿坊前泊をした。今回の登山で一番寒かった。もちろん、昼ごろに到着し、お大師様にご挨拶をおこなった。  前泊は、西門院の宿坊で参籠(宿泊ではない?)した。 初日は、晴天で元気よく出発した。黄葉や紅葉を楽しんだ。だれかが、「前回の挫折は運命であった。」と言った。 大股集落に到着し、お迎えを依頼して、かわらび荘に到着し、女将の送り迎えで野迫川温泉に入浴出来た。前回はこんなサービスはなかったのに。女性は大喜びであった。  二日目は、大股集落まで送って頂き、急登を登った。菅小屋跡の避難小屋は大変綺麗でした。テント適地でもあった。夏虫山にピストンをした。伯母子山(1344m)を踏んで、伯母子峠に到着した。ここの避難小屋も美しかった。トイレも併設されていた。天候も良く、歩を進めた。宿泊は、五百瀬(いもせ)の農家民宿山本と政所に分宿。女性は政所で、その日は女性のみとなった。聞けば途中で会った男性は、その日に宿泊を依頼したが、断られた模様。我々は、お迎えを依頼した。以前は十数軒の民宿で農林業体験をしていたが、補助金が2年で中止になり、今は古道客のために、この2軒のみを残したとのこと。風呂もあり、ビールもありで満足。今は外人さんが来ないので、客は少ない。  三日目は、小雨であった。大降りにならなくて幸いであった。もちろん、送ってもらった。十津川温泉に向かって出発した。本日は、2か所のつり橋を渡った。お迎えが無く、かなりコースを外れて歩く。温泉が良かったので、女性たちの評価は下がらず。  四日目は、もちろん送りはなく、徒歩で小辺路コースに戻った。登山口で、別の旅館からの車が来た。女性陣は、どこの旅館と聞いていた。もちろん、私はスルー。本日のメインイベントは果無峠越えである。果無集落では、水田があったのには、驚いた。本宮大社にお参りして終了した。約65kmを完歩した。  11月下旬には、中辺路を予定。

前泊した西門院

前泊した西門院

前泊した西門院

秋の空

秋の空

秋の空

薄峠(すすきとうげ)

薄峠(すすきとうげ)

薄峠(すすきとうげ)

御殿川(おどがわ)

御殿川(おどがわ)

御殿川(おどがわ)

大峰釈迦岳方面

大峰釈迦岳方面

大峰釈迦岳方面

前回はこの看板で救われた。

前回はこの看板で救われた。

前回はこの看板で救われた。

大股集落

大股集落

大股集落

かわらび荘(大股集落から意外に遠い。)

かわらび荘(大股集落から意外に遠い。)

かわらび荘(大股集落から意外に遠い。)

野迫川

野迫川

野迫川

小屋全景

小屋全景

小屋全景

伯母子峠のトイレ

伯母子峠のトイレ

伯母子峠のトイレ

小屋内部

小屋内部

小屋内部

弘法大師座像

弘法大師座像

弘法大師座像

待平(まちだいら)

待平(まちだいら)

待平(まちだいら)

下が見えるので、少し怖い。

下が見えるので、少し怖い。

下が見えるので、少し怖い。

若干幻想的

若干幻想的

若干幻想的

三浦峠の東屋

三浦峠の東屋

三浦峠の東屋

これを見てアスファルト道を登った。
ミスである。

これを見てアスファルト道を登った。 ミスである。

これを見てアスファルト道を登った。 ミスである。

戻って、これを見つけた。

戻って、これを見つけた。

戻って、これを見つけた。

通行止めの片方
これを見つけて、一安心

通行止めの片方 これを見つけて、一安心

通行止めの片方 これを見つけて、一安心

西中のバス停

西中のバス停

西中のバス停

右側が昴の郷

右側が昴の郷

右側が昴の郷

橋板が木製で濡れると滑り易い。

橋板が木製で濡れると滑り易い。

橋板が木製で濡れると滑り易い。

果無集落の入口

果無集落の入口

果無集落の入口

水田

水田

水田

天水のみで稲作をした所

天水のみで稲作をした所

天水のみで稲作をした所

果無峠

果無峠

果無峠

果無山にピストン

果無山にピストン

果無山にピストン

熊野本宮大社

熊野本宮大社

熊野本宮大社

前泊した西門院

秋の空

薄峠(すすきとうげ)

御殿川(おどがわ)

大峰釈迦岳方面

前回はこの看板で救われた。

大股集落

かわらび荘(大股集落から意外に遠い。)

野迫川

小屋全景

伯母子峠のトイレ

小屋内部

弘法大師座像

待平(まちだいら)

下が見えるので、少し怖い。

若干幻想的

三浦峠の東屋

これを見てアスファルト道を登った。 ミスである。

戻って、これを見つけた。

通行止めの片方 これを見つけて、一安心

西中のバス停

右側が昴の郷

橋板が木製で濡れると滑り易い。

果無集落の入口

水田

天水のみで稲作をした所

果無峠

果無山にピストン

熊野本宮大社

類似するルートを通った活動日記