20201107~08羊蹄山と避難小屋(二日目)

2020.11.08(日) 日帰り
ゆゆゆ
ゆゆゆ

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

小屋に泊まった次の日。 朝五時くらいに外を見たら猛吹雪だったとのこと、予定通り小屋から引き返しかな~と思いきや、二度寝して起きた六時には窓からまぶしい朝の光が。 外を見ると雪もガスも晴れ、青空が広がっていた。 ゆるゆると支度を整え、真狩登山口と山頂の分岐に荷物デポ、ガレ場から喜茂別側ピークを目指す。 幸いガスも上がってこず、風はやんでくれていた。 夏道がよくわからないので、下降できないところ以外はすべて稜線を歩く。 雪はところによりパウダー状だがまだまだ少ない。たまに雪の下に凍っているところも見られ、細心の注意を払って歩く。 喜茂別ピークをすぎると後方からガスが迫ってくる。京極登山口付近で、さっきまでなかった喜茂別側からの強風が。広い稜線だが飛ばされそうなのでピッケルを出して万が一に備える。 北山ピーク付近ではまた風がやむが、少しガスがちに。 概ね快適にお鉢を一周し帰路につく。 帰りの登山道のコンディションも、一日目と変わりなかった。 楽しい山旅でした。 久しぶりに尾根を歩いたら、足の筋肉がバキバキになってしまった。普段から結構歩いてる方だと思うんだけど、甘かったな…

羊蹄山(蝦夷富士) 朝五時くらいにものすごい吹雪だったみたいだけど、6時くらいに起きたら天気よくなったのでピーク行くことにする
朝五時くらいにものすごい吹雪だったみたいだけど、6時くらいに起きたら天気よくなったのでピーク行くことにする
羊蹄山(蝦夷富士) 下界はまだ秋なのだが
下界はまだ秋なのだが
羊蹄山(蝦夷富士) まだまだ冬はこれからの感じ
まだまだ冬はこれからの感じ
羊蹄山(蝦夷富士) 小屋の下からどんどん雲が上がってくる
小屋の下からどんどん雲が上がってくる
羊蹄山(蝦夷富士) お鉢内部、まだスキーにはちょっと早いかな
お鉢内部、まだスキーにはちょっと早いかな
羊蹄山(蝦夷富士) 稜線はサクサクの乾いた雪
稜線はサクサクの乾いた雪
羊蹄山(蝦夷富士) 三センチくらいの深さの水たまり
下までカチカチに凍っている
三センチくらいの深さの水たまり 下までカチカチに凍っている
羊蹄山(蝦夷富士) ピーク、今日は天気悪い予報だったんだけど
運良くピーク付近では風も弱かった
ピーク、今日は天気悪い予報だったんだけど 運良くピーク付近では風も弱かった
羊蹄山(蝦夷富士) お鉢内部
お鉢内部
羊蹄山(蝦夷富士) ちょっと前まで晴れていたピークはあっという間にガスに巻かれる
ちょっと前まで晴れていたピークはあっという間にガスに巻かれる
羊蹄山(蝦夷富士) 三角点がこんなところに
三角点がこんなところに
羊蹄山(蝦夷富士) ガスに追われるように歩く
ガスに追われるように歩く
羊蹄山(蝦夷富士) 喜茂別ピーク~京極登山口からちょっと先までの短い間が爆風で、台風姿勢のため一瞬ピッケル構えた
喜茂別ピーク~京極登山口からちょっと先までの短い間が爆風で、台風姿勢のため一瞬ピッケル構えた
羊蹄山(蝦夷富士) 北山ピーク辺りでまた快晴に
北山ピーク辺りでまた快晴に
羊蹄山(蝦夷富士) ちょっと進んで、やっぱりヒラフ側にしばらく下ってからトラバースするルートにするために戻りました
ちょっと進んで、やっぱりヒラフ側にしばらく下ってからトラバースするルートにするために戻りました
羊蹄山(蝦夷富士) 頑張ります
頑張ります
羊蹄山(蝦夷富士) 昔の小屋の跡
こんな上の方に小屋があったのだなぁ
昔の小屋の跡 こんな上の方に小屋があったのだなぁ
羊蹄山(蝦夷富士) デポ地点でちょっと休憩して帰る
デポ地点でちょっと休憩して帰る
羊蹄山(蝦夷富士) 前の日より雪は固くなっているが、サクサクのモナカ状態でやはり埋まることには変わりない
が、スノーシューが必要なほどでもなく
前の日より雪は固くなっているが、サクサクのモナカ状態でやはり埋まることには変わりない が、スノーシューが必要なほどでもなく
羊蹄山(蝦夷富士) うっすら樹氷みたいになってる
うっすら樹氷みたいになってる
羊蹄山(蝦夷富士) 尻別岳が美しかったです
尻別岳が美しかったです
羊蹄山(蝦夷富士) 登山道長かった…
登山道長かった…
羊蹄山(蝦夷富士) 下から羊蹄山を見ると、上の方がうっすら白くなっていた
昨日は雲の中で見えなかったけど、この日は頂にまったく雲がありませんでした。
下から羊蹄山を見ると、上の方がうっすら白くなっていた 昨日は雲の中で見えなかったけど、この日は頂にまったく雲がありませんでした。
羊蹄山(蝦夷富士) トップ画像
トップ画像

メンバー

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす