【明星山日記】 吉見岳・高良山

2020.11.06(金) 日帰り
KRMSH
KRMSH

《カバー写真はカラタチバナの果実》 【開花】 ツワブキ、アキノノゲシ、クサギ、ツボスミレ 【果実】 サネカズラ、ムサシアブミ、★カラタチバナ ・奥の院から先のトラバース道はスズメバチの巣があるとかで封鎖されていた。12:55の地点でスズメバチ1匹が警告に飛来したが静かに通過して事なきを得た。 ・もみじ谷から吉見岳方面へ至るルートは草で覆われていたが通過可能だった。 ・吉見岳からの下りは2020/7/9に登ったルートを下るつもりであったが、竹林内で道を失ってしまった。適当に下ったら人家の裏に出てしまった。 ムサシアブミのフォトアルバム http://myoujouyama-grass.blog.jp/archives/1077617247.html

ツワブキ(キク科)
<この辺りにたくさん咲いている。>

ツワブキ(キク科) <この辺りにたくさん咲いている。>

ツワブキ(キク科) <この辺りにたくさん咲いている。>

アキノノゲシ(キク科)
<一瞬ヤクシソウと思ったが、間違いだった。草刈りされたせいで背が低いようだ。>

アキノノゲシ(キク科) <一瞬ヤクシソウと思ったが、間違いだった。草刈りされたせいで背が低いようだ。>

アキノノゲシ(キク科) <一瞬ヤクシソウと思ったが、間違いだった。草刈りされたせいで背が低いようだ。>

クサギ(シソ科)

クサギ(シソ科)

クサギ(シソ科)

ツボスミレ/別名 ニョイスミレ(スミレ科)

ツボスミレ/別名 ニョイスミレ(スミレ科)

ツボスミレ/別名 ニョイスミレ(スミレ科)

サネカズラの果実
<受粉できなかったところが緑色のままだ。>

サネカズラの果実 <受粉できなかったところが緑色のままだ。>

サネカズラの果実 <受粉できなかったところが緑色のままだ。>

ムサシアブミ(サトイモ科)
<杉林の中に巨大な葉が見えた。>

ムサシアブミ(サトイモ科) <杉林の中に巨大な葉が見えた。>

ムサシアブミ(サトイモ科) <杉林の中に巨大な葉が見えた。>

ムサシアブミ(サトイモ科)の未熟な果実

ムサシアブミ(サトイモ科)の未熟な果実

ムサシアブミ(サトイモ科)の未熟な果実

地図には吉見岳方面に抜ける道があるが荒れていた。

地図には吉見岳方面に抜ける道があるが荒れていた。

地図には吉見岳方面に抜ける道があるが荒れていた。

★ カラタチバナ(サクラソウ科)
<葉身は長さ約20cmで先はとがり、ふちには不明瞭な波状の鋸歯がある。葉柄は短い。樹高60cmくらい。>

★ カラタチバナ(サクラソウ科) <葉身は長さ約20cmで先はとがり、ふちには不明瞭な波状の鋸歯がある。葉柄は短い。樹高60cmくらい。>

★ カラタチバナ(サクラソウ科) <葉身は長さ約20cmで先はとがり、ふちには不明瞭な波状の鋸歯がある。葉柄は短い。樹高60cmくらい。>

ツワブキ(キク科) <この辺りにたくさん咲いている。>

アキノノゲシ(キク科) <一瞬ヤクシソウと思ったが、間違いだった。草刈りされたせいで背が低いようだ。>

クサギ(シソ科)

ツボスミレ/別名 ニョイスミレ(スミレ科)

サネカズラの果実 <受粉できなかったところが緑色のままだ。>

ムサシアブミ(サトイモ科) <杉林の中に巨大な葉が見えた。>

ムサシアブミ(サトイモ科)の未熟な果実

地図には吉見岳方面に抜ける道があるが荒れていた。

★ カラタチバナ(サクラソウ科) <葉身は長さ約20cmで先はとがり、ふちには不明瞭な波状の鋸歯がある。葉柄は短い。樹高60cmくらい。>

類似するルートを通った活動日記