鎧岳・兜岳&曽爾高原

2020.11.05(木) 日帰り
ひろ
ひろ

活動データ

タイム

04:10

距離

6.9km

上り

700m

下り

715m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

鎧岳・兜岳+曽爾高原へ。 名前や見た目のゴツゴツ感とは異なり 近づくと、道もわかりやすく登り易い鎧・兜岳 ただ、見た目通りに それなりの登りと、かなり急な降り。 キャンプ場近くに車を止め、 鎧岳→兜岳の順番(逆時計周り)で登る。 そして、見た目のイメージとは異なる名前。 向かって右が鎧よろい岳で、左が兜かぶと岳。 「どちらかと言うと右が兜(かぶと)で、 左が鎧(よろい)だよねー」 「でも、この角度から見ると、右が鎧(よろい)で 左が兜(かぶと)かな」 と言う会話を、何十回も繰り返しながら 結局、どっちがどっちだか。 どっちでもいいか。 帰りには、ススキが見頃な曽爾高原へ。 平日にもかかわらず、 曽爾高原はとっても賑わっていた。 それにしても曽爾高原は 年々とススキが減っていて、少し寂しい印象。 ちなみに、曽爾高原の写真の中に 岩湧山の写真を混ぜてみた。 岩湧山もススキ、見頃です❗️ 鎧岳・兜岳は紅葉が見られ、 曽爾高原では秋の終盤を感じ お天気も気温も心地いい日でした。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす