ふたつの秋葉神社

2020.11.03(火) 日帰り
Maminco
Maminco

活動データ

タイム

01:14

距離

4.7km

上り

12m

下り

4m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

日本が誇るアニメと電気屋さんの街 《 秋葉原(あきはばら)》 その名の元となった、神社を訪ねました。 本日の日記は、ジンジャマップとなります。 夏頃、富士塚を訪れるようになってから、「富士講」という言葉を知りました。 総本山信仰で用いられる「講」は、「代参講」の略と言われています。 現代ほど交通網が発達していなかった時代、皆でお金を出し合い、代表者を選んで、参拝に行ってもらっていたそうです。 遠州、今の静岡県浜松市には、火防(ひぶせ)を司る秋葉山本宮「秋葉(あきは)神社」があります。 明治初期、東京では大火が相次いでいました。 秋葉原駅前には、日本で2番目の規模のヨドバシカメラがあります。 ここは、かつて火除地とされていたそうです。広大な空き地でした。 この土地に、明治天皇のお母様の発案で、鎮火の神様を祀る神社が建てられました。 鎮火神社は、そもそも皇居内の紅葉山から遷されたものだったのですが、 民衆が、火防の神様である「遠州秋葉大権現」が祀られていると、勘違い(??)して、 「秋葉」の「原っぱ」→「秋葉っ原」→「秋葉原」と定着した、との説があります。   総本社は「あきは」と読むのに、なぜに「あきば」となったかというと、 江戸の下町っ子は、言葉を濁らせる癖があったからだそうです。 ⛩ 1つめの秋葉神社 佐竹秋葉神社 https://tesshow.jp/taito/shrine_taito_satake.html ⛩ 2つめの秋葉神社   こちらが「秋葉原」の由来の神社です http://www.tokyo-jinjacho.or.jp/taito/3051/

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす