赤ゾレ山から木梶山まで、紅葉の稜線歩き

2020.11.01(日) 日帰り
よもぎもち
よもぎもち

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

台高山脈の赤ゾレ山と木梶山に紅葉を見にいきました。高見山と明神平との間にある山です。 お天気はくだり坂。どんより曇り空でしたけど、お昼すぎから持ちなおしてきて、晴れ間にめぐまれました。紅葉はピークをすぎてたけど、きれいでした。見晴らしもよくて、高見山や明神岳、兜岳や鎧岳、金剛山地も見えました。 スタート地点までは車で移動しました。国道166号線の旧道の途中から、未舗装の林道へ。車止めのゲートの前に駐車しました。林道は谷に沿ってさらに奥につづいています。最初はこの林道を歩きました。林道をはずれてからは尾根と稜線を歩きました。登山道らしい道はないですけど、ずっと尾根道なので歩くにくいところはないです。整備された道じゃないので、目印テープや道標を見落とさないようにしないと、迷いそうなところです。

桧塚奥峰・明神岳・薊岳 ゲートの前の駐車スペース。6、7台くらい停められそうです。
ゲートの前の駐車スペース。6、7台くらい停められそうです。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 滝の横には木梶不動明王がおまつりされています。鳥居があるのは神仏習合なのでしょうか。
滝の横には木梶不動明王がおまつりされています。鳥居があるのは神仏習合なのでしょうか。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 林道の石橋。すでに紅葉がきれいです。
林道の石橋。すでに紅葉がきれいです。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 車止めのゲート。ここから歩きはじめます。
車止めのゲート。ここから歩きはじめます。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 お地蔵さま。岩のなかにおまつりされています。顔がないのは、廃仏毀釈の影響でしょうか。それとも、風雨で削られたのでしょうか。
お地蔵さま。岩のなかにおまつりされています。顔がないのは、廃仏毀釈の影響でしょうか。それとも、風雨で削られたのでしょうか。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 木梶三滝へおりる道。以前 歩いたときには道が荒れていて、大変な思いをしました。
木梶三滝へおりる道。以前 歩いたときには道が荒れていて、大変な思いをしました。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 滝と紅葉。
滝と紅葉。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 もうひとつのゲート。奥では山仕事をしているようです。この日はお休みだったみたいですけど。
もうひとつのゲート。奥では山仕事をしているようです。この日はお休みだったみたいですけど。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 祠。山の神さまがおまつりされているのかも。サカキの木もうえられています。
祠。山の神さまがおまつりされているのかも。サカキの木もうえられています。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 1086のあたりが見えてるのかな。
1086のあたりが見えてるのかな。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 杉林。最近、間伐出材がおこなわれているようです。
杉林。最近、間伐出材がおこなわれているようです。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 木梶川。石橋を渡ります。谷がちかづいてきました。
木梶川。石橋を渡ります。谷がちかづいてきました。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 トチノキの黄葉と谷。水がきれいです。
トチノキの黄葉と谷。水がきれいです。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 中洲みたいな岩に苔がむしています。
中洲みたいな岩に苔がむしています。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 ここで林道から谷におります。目印を見落とさないように。
ここで林道から谷におります。目印を見落とさないように。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 ここを渡ります。
ここを渡ります。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 苔むした岩がきれい。
苔むした岩がきれい。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 ここから尾根をのぼります。道のようなものはありますけど、落ち葉がつもっていてわかりません。のぼりはじめは目印テープがあちこちにあって、どれが正解かわかりません。とにかく尾根を上へのぼれば間違いないとおもいます。
ここから尾根をのぼります。道のようなものはありますけど、落ち葉がつもっていてわかりません。のぼりはじめは目印テープがあちこちにあって、どれが正解かわかりません。とにかく尾根を上へのぼれば間違いないとおもいます。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 こもれび。
こもれび。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 折れ曲がったブナの木。
折れ曲がったブナの木。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 ブナの黄葉。
ブナの黄葉。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 右側(西側)の広葉樹林がきれいです。
右側(西側)の広葉樹林がきれいです。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 尾根の右側(西側)は天然林、左側(東側)は人工林です。
尾根の右側(西側)は天然林、左側(東側)は人工林です。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 尾根道。
尾根道。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 1176のピークからコルの方。曇ってきてしまいました。
1176のピークからコルの方。曇ってきてしまいました。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 木々の隙間から稜線が見えています。1316のあたりかな?
木々の隙間から稜線が見えています。1316のあたりかな?
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 木梶山の方。右の木のないところは木梶山の南東のピークのあたりです。
木梶山の方。右の木のないところは木梶山の南東のピークのあたりです。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 枯れ株に生えたツツジ(シロヤシオ?)
の木。
枯れ株に生えたツツジ(シロヤシオ?) の木。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 コシアブラの落ち葉。
コシアブラの落ち葉。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 株立の枯木が目立ちます。
株立の枯木が目立ちます。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 ハンシ山(1137)のあたりかな?
ハンシ山(1137)のあたりかな?
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 ブナの倒木がたくさん。台風で倒されたのかな。
あの稜線を歩きます。一番右が馬駆ヶ場(1320)かな。
ブナの倒木がたくさん。台風で倒されたのかな。 あの稜線を歩きます。一番右が馬駆ヶ場(1320)かな。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 アセビのつぼみ。
アセビのつぼみ。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 赤ゾレ山の山頂。カラマツが植えられています。
赤ゾレ山の山頂。カラマツが植えられています。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 南東の方。一番高いのが国見山です。この稜線を歩きます
南東の方。一番高いのが国見山です。この稜線を歩きます
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 南の方。右のは薊岳です。奥には大台ヶ原がうっすら見えています。
南の方。右のは薊岳です。奥には大台ヶ原がうっすら見えています。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 西の方。手前は伊勢辻山(1290)、奥の方には金剛山、葛城山が見えています。
西の方。手前は伊勢辻山(1290)、奥の方には金剛山、葛城山が見えています。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 メギの実。
メギの実。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 赤ゾレ池。ハート型をしているらしいんですけど、どこから見たらそう見えるのかわかりませんでした。
赤ゾレ池。ハート型をしているらしいんですけど、どこから見たらそう見えるのかわかりませんでした。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 コルのあたりは道がはっきりしています。シダ(イワヒメワラビ?)がしげっていて、人が歩いた跡が道になっているようです。
コルのあたりは道がはっきりしています。シダ(イワヒメワラビ?)がしげっていて、人が歩いた跡が道になっているようです。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 ←高見山 明神平→の道標。台高山脈の縦走路は赤ゾレ山のピークをショートカットしているみたいです。
←高見山 明神平→の道標。台高山脈の縦走路は赤ゾレ山のピークをショートカットしているみたいです。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 赤ゾレ山の山頂と赤ゾレ池。曇ったままだったら、引き返そうとおもってたけど、晴れてきたので、先に進むことにしました。
赤ゾレ山の山頂と赤ゾレ池。曇ったままだったら、引き返そうとおもってたけど、晴れてきたので、先に進むことにしました。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 ウリハダカエデの落ち葉。
ウリハダカエデの落ち葉。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 きれいな落ち葉が道につもっています。
きれいな落ち葉が道につもっています。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 ススキ。
ススキ。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 低い木が多いです。
低い木が多いです。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 カラマツの黄葉。
カラマツの黄葉。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 尾根道。
尾根道。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 ブナの木。
ブナの木。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 馬馳ヶ場の道標。山頂はこの上です。道なりに進むと国見山の方へいくようです。
馬馳ヶ場の道標。山頂はこの上です。道なりに進むと国見山の方へいくようです。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 馬駈ヶ辻の山頂(1320)。馬馳ヶ場?馬駆ヶ場?馬駈場辻?表記が安定してないのが不思議な山です。
馬駈ヶ辻の山頂(1320)。馬馳ヶ場?馬駆ヶ場?馬駈場辻?表記が安定してないのが不思議な山です。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 南東の方。国見山が見えます。こうしてみると、紅葉はだいぶ散ってしまってますね。
南東の方。国見山が見えます。こうしてみると、紅葉はだいぶ散ってしまってますね。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 アセビの木がしげっています。
アセビの木がしげっています。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 ホオノキ。
ホオノキ。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 石柱が守られています。信仰対象なのか、ただの境界杭なのか。
石柱が守られています。信仰対象なのか、ただの境界杭なのか。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 西の方。馬駆ヶ場が見えます。
西の方。馬駆ヶ場が見えます。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 北の方。高見山が見えます。
北の方。高見山が見えます。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 ネジキの紅葉。
ネジキの紅葉。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 なだらかな稜線。歩きやすいです。
なだらかな稜線。歩きやすいです。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 コシアブラの黄葉。
コシアブラの黄葉。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 南の方。国見山。明神平は向こう側みたいです。
南の方。国見山。明神平は向こう側みたいです。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 1316の小ピークのあたり。
1316の小ピークのあたり。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 ブナの木。
ブナの木。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 かわった形の木のウロにキツツキ(コゲラ?)がいました。
かわった形の木のウロにキツツキ(コゲラ?)がいました。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 紅葉と人工林。
紅葉と人工林。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 道標。木梶山は北の方へ。ぜんぜん錆びてないからステンレス製なのかな。
道標。木梶山は北の方へ。ぜんぜん錆びてないからステンレス製なのかな。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 見晴らしがいいところに出ました。北の方に高見山が見えます。高見山の右には兜岳と鎧岳も見えます。
見晴らしがいいところに出ました。北の方に高見山が見えます。高見山の右には兜岳と鎧岳も見えます。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 枯木。
枯木。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 谷を見おろせるところ。谷の先にある伐採跡地のあたりからのぼってきました。
谷を見おろせるところ。谷の先にある伐採跡地のあたりからのぼってきました。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 小ピークから南の方。この稜線を歩いてきました。
小ピークから南の方。この稜線を歩いてきました。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 ヒメシャラの黄葉。若木が多いです。
ヒメシャラの黄葉。若木が多いです。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 ブナの黄葉。
ブナの黄葉。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 梶木山の山頂。三角点が新しいです。
梶木山の山頂。三角点が新しいです。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 ヒメシャラのトンネル。
ヒメシャラのトンネル。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 左の尾根をおります。「登山道」の目印テープをたどります。
左の尾根をおります。「登山道」の目印テープをたどります。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 尾根がどんどん細くなります。ヒメシャラの木が多いです。左右は人工林です。
尾根がどんどん細くなります。ヒメシャラの木が多いです。左右は人工林です。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 尾根をそれて、左へ。
尾根をそれて、左へ。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 人工林の中をつづら折れの道が続いています。林業作業用の道でしょうか。
人工林の中をつづら折れの道が続いています。林業作業用の道でしょうか。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 登山口。林道へ出ました。
登山口。林道へ出ました。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 上から見えた伐採跡地。谷の向こうには滝が見えます。
上から見えた伐採跡地。谷の向こうには滝が見えます。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 水がきれいです。薄暗くなってきました。
水がきれいです。薄暗くなってきました。
桧塚奥峰・明神岳・薊岳 もうすぐ日の入り。山が夕焼けでオレンジ色に染まっています。このあと駐車場まで30分ほど暗い道を歩きました。
もうすぐ日の入り。山が夕焼けでオレンジ色に染まっています。このあと駐車場まで30分ほど暗い道を歩きました。

動画

メンバー

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす