紅葉の丹沢、いぶし銀の秀峰、臼ヶ岳へ

2020.11.01(日) 日帰り
hiroki
hiroki

活動詳細

もっと見る

 今回の秋のホーム丹沢は、秘境感があって個人的にお気に入りの臼ヶ岳です。主稜線縦走時にここから蛭ヶ岳の絶景を見るのは皆さんも定番でしょう、僕も東側のブナの木陰に腰かけて食事をしながら見る蛭ヶ岳を見るのが大好きです。どこから行くにしても遠いので訪れる人も少なく静かで、鹿柵に覆われているとはいえ、山頂にこれだけのブナ林があるのは丹沢でも稀有な山ではないしょうか。許されるのなら山頂のブナ林の中でテン泊してみたい、決して主稜線縦走のおまけではない、とか勝手に気持ちが高じてきてしまいましたw  当初、寄大橋から久しぶりに後沢辺りの経路で鍋割山を経て、熊木沢の方に行こうと思っていましたが、臼ちゃんにリスペクトして鍋割山によらず、今日の山頂は臼ちゃん、君だけだよ、何てねw丹沢にたくさんのハイカーさんが訪れますが、臼ヶ岳だけ訪れる方はどれだけいるでしょうか?当然途中では今の季節、紅葉を楽しませていただきます。 寄大橋―鍋割北尾根―熊木沢出合  通勤路ですが、寄沢の渡渉箇所とか結構毎回変化しているような。寄コシバ沢から鍋割峠に出ますが、今日は旧鍋割峠の方に下降せずに、鍋割山方向に向かい鍋割山の手前まで登ってから北尾根を下っていきます。紅葉の上に南側は相模湾が、北側は丹沢主稜線がよく見えました。今日は山頂へは行けないけどw鍋割山手前から西側の富士山も良く見えました。(山頂近くの雪は一時より減っているように見えました)  鍋割山北尾根は標高1000m以上では紅葉のピークに見えました。旧鍋割峠まで下る間、それ以降も紅葉を堪能しました。ここ一週間くらいはいいのではないでしょうか。玄倉林道に着地して熊木沢出合に向かいますが、林道ももうメンテもされず荒廃の一途の様相です。まずはユーシンまで開通してもらって、こっちの方もお願いしたいところです。 熊木沢出合―第七堰堤―臼ヶ岳  熊木沢出合から望む堂々とした蛭ヶ岳を望みながらだだっ広い河原の熊木沢を遡行していきます。河原歩きは思いの外疲れました。やっと廃棄バンに到着してここから400mよじ登って臼ヶ岳近くの主稜線に出ます。取り付きは尾根も広く優しそうでしたが、すぐに細くなっていつもの馬酔木だらけに。。。。鍋割ジャングルぽかったです。ここは今日一番のパワープレイを要するところなので、登る前にもぐもぐタイムでおにぎり1個食べましたが、標高200mしか稼げなかった。笑。こんなんでいつか蛭の南陵を登れるのでしょうか?wエンストしてしまい、ウィダーインゼリーと栗羊羹スティックをドーピングして再起動、主稜線によじ登って、本日唯一の山頂の臼ヶ岳へ到着!やっぱりここからの蛭ヶ岳の眺望は素晴らしいですね!標高1460mですが、ブナの黄葉も結構残っており、合間から富士山も見えました。やっぱり君は丹沢のいぶし銀の秀峰!山頂を独り占めにして蛭を鑑賞しながらランチにします。 臼ヶ岳―水晶平―ユーシンロッジー雨山峠―寄大橋  ランチの後のコーヒーはお預けとなってしまいましたが、臼ヶ岳から南の尾根でユーシンを目指して下降します。晴れていたので南向きの尾根は日当たりがよく気持ちよかった。途中、新緑のころ訪れたブナ林の有名な水晶平とコイタドリの頭を通ります。紅葉はほぼピークなんでしょうね、やっぱりいい感じでした。ブナの巨木が多くて、なでなでしながら見上げると生命力を感じます。一気にユーシンまで降りると、そこもまあまあ紅葉してましたね。雨山橋から雨山峠の間はまだまだこれからという感じでした。  雨山峠で最後のもぐもぐタイム、コーヒーで頂きます。ここでハイカーさんにお会いしました。朝、寄沢の渡渉の時に追い抜いた方の様で、熊木沢の第二堰堤から水晶平に直接登ってきたとのこと、似たようなコースでしたね。というわけで、今日はこのハイカーさんとしか会わず、静かな山行となりました。紅葉も結構、標高を落としてきているようですが、まだまだ楽しめそうです。お疲れ様でした。 もぐもぐ1(パワープレイ前, 10:30):赤飯のおにぎり 1ヶ もぐもぐ2(パワープレイ中, 11:00):ウィダーインゼリー 1ヶ、栗羊羹スティック 1ヶ ランチ(臼ヶ岳, 12:00):日清ぶっこみ飯 1ヶ、焼きおにぎり 1ヶ もぐもぐ3(雨山峠, 15:00):菓子パン(チーズティーロール?) 1ヶ、コーヒー 1杯  写真の選抜に疲れ果て、まんまと術中に。。。。  丹沢の未踏の山がいくつか。。今冬に行けるかなあ。できればみやま山荘に泊まってから行こうかな~(みやま山荘に泊まりたいだけでーす)

丹沢山 鍋割峠から真鶴方向を振り返って。
鍋割峠から真鶴方向を振り返って。
丹沢山 鍋割峠から鍋割山方向を見る1(標高1100m)
鍋割峠から鍋割山方向を見る1(標高1100m)
丹沢山 鍋割峠から鍋割山方向を見る2(標高1100m)
鍋割峠から鍋割山方向を見る2(標高1100m)
丹沢山 紅葉越しの主稜線。右奥の蛭ヶ岳から、臼ヶ岳、檜洞丸、とんがってるのが同角の頭
紅葉越しの主稜線。右奥の蛭ヶ岳から、臼ヶ岳、檜洞丸、とんがってるのが同角の頭
丹沢山 これから左の臼ヶ岳へ向かいます。遠いなあ。。。
これから左の臼ヶ岳へ向かいます。遠いなあ。。。
丹沢山 鍋割山の近くから今日の富士山(標高1235m)
鍋割山の近くから今日の富士山(標高1235m)
丹沢山 今日は鍋割山にはいけませんが、鍋割の北尾根を下りましょう。(標高1200m)
今日は鍋割山にはいけませんが、鍋割の北尾根を下りましょう。(標高1200m)
丹沢山 鍋割北尾根1(標高1160m)
鍋割北尾根1(標高1160m)
丹沢山 鍋割北尾根2
鍋割北尾根2
丹沢山 鍋割北尾根3
鍋割北尾根3
丹沢山 鍋割北尾根4(標高1150m)
鍋割北尾根4(標高1150m)
丹沢山 鍋割北尾根5(標高1080m)
鍋割北尾根5(標高1080m)
丹沢山 鍋割北尾根6(標高1080m)
鍋割北尾根6(標高1080m)
丹沢山 鍋割北尾根7(標高1080m)
鍋割北尾根7(標高1080m)
丹沢山 見とれてて遅くなりましたが、旧鍋割峠にやっと到着w
見とれてて遅くなりましたが、旧鍋割峠にやっと到着w
丹沢山 旧鍋割峠、崩壊地側を見る
旧鍋割峠、崩壊地側を見る
丹沢山 鍋割北尾根8(標高1070m)
鍋割北尾根8(標高1070m)
丹沢山 鍋割北尾根9(標高1030m)
鍋割北尾根9(標高1030m)
丹沢山 鍋割北尾根10。結構緑が多くなる(標高890m)
鍋割北尾根10。結構緑が多くなる(標高890m)
丹沢山 オガラ沢出合へ
オガラ沢出合へ
丹沢山 玄倉林道。以前より荒廃してます
玄倉林道。以前より荒廃してます
丹沢山 熊木沢出合
熊木沢出合
丹沢山 熊木沢出合
熊木沢出合
丹沢山 熊木沢ダム
熊木沢ダム
丹沢山 6月にコイタドリの頭に行った時の取り付き点も紅葉に
6月にコイタドリの頭に行った時の取り付き点も紅葉に
丹沢山 熊木沢の第一堰堤と奥に蛭ヶ岳の雄姿。堰堤を越えて熊木沢を越えて行きます。
熊木沢の第一堰堤と奥に蛭ヶ岳の雄姿。堰堤を越えて熊木沢を越えて行きます。
丹沢山 熊木沢第二堰堤。皆さんの情報通り、堰堤にかかっている丸太を足掛かりに乗り越える。
熊木沢第二堰堤。皆さんの情報通り、堰堤にかかっている丸太を足掛かりに乗り越える。
丹沢山 熊木沢第三堰堤。右岸から巻く。
熊木沢第三堰堤。右岸から巻く。
丹沢山 廃バンの所に到着。実は周りはゴミだらけで気分のいいものではなかった。。。
廃バンの所に到着。実は周りはゴミだらけで気分のいいものではなかった。。。
丹沢山 昔はここも一般登山道だった。
昔はここも一般登山道だった。
丹沢山 よう作りましたね。。。ここから第七堰堤の脇から主稜線めがけて尾根を登ります。
よう作りましたね。。。ここから第七堰堤の脇から主稜線めがけて尾根を登ります。
丹沢山 ここから主稜線まで、標高400mほど上げる。今日一番のパワープレイの時間帯に突入。突入前にもぐもぐ1。
ここから主稜線まで、標高400mほど上げる。今日一番のパワープレイの時間帯に突入。突入前にもぐもぐ1。
丹沢山 すぐ細尾根になって鍋割ジャングルの様相。辛抱の時間帯。
すぐ細尾根になって鍋割ジャングルの様相。辛抱の時間帯。
丹沢山 もぐもぐ1では標高200mしか上げられず、エンストw急遽もぐもぐ2で補給。
もぐもぐ1では標高200mしか上げられず、エンストw急遽もぐもぐ2で補給。
丹沢山 ひょっこりミカゲ沢の頭と臼ヶ岳の間の主稜線に到着。
ひょっこりミカゲ沢の頭と臼ヶ岳の間の主稜線に到着。
丹沢山 本日唯一の山頂、臼ヶ岳に到着。君だけに会いに来た。。。予定通り、昼前に着けた。
本日唯一の山頂、臼ヶ岳に到着。君だけに会いに来た。。。予定通り、昼前に着けた。
丹沢山 やっぱりここからの蛭ヶ岳は秀逸です。
やっぱりここからの蛭ヶ岳は秀逸です。
丹沢山 左の棚沢ノ頭から塔ノ岳への稜線
左の棚沢ノ頭から塔ノ岳への稜線
丹沢山 ランチ。日清ぶっこみ飯。その前にせっかく沸騰したケトルをひっくり返す失態。食後のお茶はおあずけに。ぶっこみ飯はラーメンスープ雑炊?みたいな感じでリピ無し決定!怒
ランチ。日清ぶっこみ飯。その前にせっかく沸騰したケトルをひっくり返す失態。食後のお茶はおあずけに。ぶっこみ飯はラーメンスープ雑炊?みたいな感じでリピ無し決定!怒
丹沢山 臼ヶ岳山頂のブナ林。
臼ヶ岳山頂のブナ林。
丹沢山 山頂から真鶴岬だって、
山頂から真鶴岬だって、
丹沢山 富士山だって見えるのさ。やっぱり君はいぶし銀の秀峰だね。。。
富士山だって見えるのさ。やっぱり君はいぶし銀の秀峰だね。。。
丹沢山 南尾根を下りて行きます。
南尾根を下りて行きます。
丹沢山 急だけどいい感じの所が所々にあります。(標高1160m)
急だけどいい感じの所が所々にあります。(標高1160m)
丹沢山 水晶平に到着。(標高1130m)
水晶平に到着。(標高1130m)
丹沢山 紅葉の水晶平。次の新緑の時の大体同じアングルの写真とともにお楽しみください。
紅葉の水晶平。次の新緑の時の大体同じアングルの写真とともにお楽しみください。
丹沢山 今年6月の新緑の時の水晶平
今年6月の新緑の時の水晶平
丹沢山 水晶平2。許されるならテン泊してみたい。。。。
水晶平2。許されるならテン泊してみたい。。。。
丹沢山 水晶平のコルからコイタドリの頭への登り返しの斜面。
水晶平のコルからコイタドリの頭への登り返しの斜面。
丹沢山 ちょっと登り返して水晶平を見下ろす。
ちょっと登り返して水晶平を見下ろす。
丹沢山 進めない。。。w
進めない。。。w
丹沢山 コイタドリの頭付近。この辺りは立派なブナの木が多いですね。
コイタドリの頭付近。この辺りは立派なブナの木が多いですね。
丹沢山 何カエデだろうか?
何カエデだろうか?
丹沢山 コイタドリの頭付近のブナの巨木。なでなでしながら。。。。
コイタドリの頭付近のブナの巨木。なでなでしながら。。。。
丹沢山 コイタドリの頭付近
コイタドリの頭付近
丹沢山 コイタドリの頭付近。これも大きかった。
コイタドリの頭付近。これも大きかった。
丹沢山 コイタドリの頭付近。
コイタドリの頭付近。
丹沢山 標高1110m。さあ、ユーシンへ下りましょう。
標高1110m。さあ、ユーシンへ下りましょう。
丹沢山 ユーシンロッジの紅葉1と大石山
ユーシンロッジの紅葉1と大石山
丹沢山 ユーシンロッジの紅葉2
ユーシンロッジの紅葉2
丹沢山 ユーシンから玄倉川を渡るときの下流側。まだ紅葉はこれからのようです。
ユーシンから玄倉川を渡るときの下流側。まだ紅葉はこれからのようです。
丹沢山 雨山沢沿いに雨山峠へ。少しメンテもされているようです。紅葉はまだまだですね。
雨山沢沿いに雨山峠へ。少しメンテもされているようです。紅葉はまだまだですね。
丹沢山 雨山峠の手前
雨山峠の手前
丹沢山 雨山峠でもぐもぐ3。アスリートのカーボローディングのような糖質ばっかの食事でちょっと気持ち悪く。。。。w
雨山峠でもぐもぐ3。アスリートのカーボローディングのような糖質ばっかの食事でちょっと気持ち悪く。。。。w
丹沢山 雨山峠。もうチョイですかね。ここからは通勤路。お疲れ様でした。
雨山峠。もうチョイですかね。ここからは通勤路。お疲れ様でした。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす